photo: NordWood Themes

引きこもり中、みなさん何してますか?

ベーキングとかも楽しいんだけど、焼き菓子ばかり食べてると、
家にいろキャンペーンが終わった後に、すんごい事になってそうで、
怖いので料理=食べる事以外に、色々やることにバラエティを
持たせてみようかなと思い、You Tubeで色々動画発掘に勤しんでいます。

わいが今一番好きなのは、Liziqiさんの動画。

以前にも紹介しましたが、中国の田舎におじいちゃん、
おばあちゃんと一緒に住む女性の動画。

料理から、クラフト、とにかく何を見てもセンスがよくて、
映像のきれいさ+喋りがない動作を淡々と見ているのが、
結構好きで、ルーも最近ハマり中。しめしめ。

この竹のやつは、Liziqiさんの一番見られている動画らしくて、
竹を山から切り取ってきて、(実際に切って自分で竹4本ぐらい運んでんの!すごい!)
竹割って家具を作るっていうやつです。

なんか見た目おしとやかそうな感じなのかな、と思ってたら、
結構じゃっじゃか野菜を鍋に入れたり、悪くいえば荒い。
(日本人の動画の所作にはない感じ。)
でもその所作は逆に作ってない感があって、それが人間っぽい
力強さがあって好きなんです。

中国らしくLiziqiに似せたコピーの人もYou Tubeには出てきてますが、
質が悪くてやっぱり見てられません。

後、なんか最近ルーティン動画が流行ってる!と聞いて、
見てみました。muji seikatsuさんの動画。

平日4時半に起床、お香を炊く・・・とか憧れる生活です。笑

わいも仕事の日は4時半起きですが、朝からお香炊ける余裕がありません。
わいにとったらこの心の余裕さは休日のルーティンかなーと思ったり。

muji seikatsuさんの料理のやつも良かったです。

 

他にもフードインサイダーも意外なことにYou Tubeやっているので、
気になるのがあったらたまに見ています。

この時はてつおじさんのチーズケーキ。

大阪人なら、りくろーおじさんのパクリ???と
突っ込まずにはいられないんですが、博多発のチーズケーキ屋さんみたいです。
でも一応りくろーの方が開業は早いみたいです。

わい的にはスフレチーズ系はそこまで好きではないので、
どちらが早く開業とか、どちらでもいいんですけどね。笑

世界のフードトレンドがわかるので、さらーっと見てますが、
動画になってもやっぱり考えてる事は食べ物の事、ということで、
もうわいから食べもんを取ったら、後は残らないみたいですね。

が!そう気づいた時に、やっぱ運動もしなあかんよな、と見てみたのが、
この動画。

自分はアラサーではないですが、Marina Takewakiさんのエクササイズ動画!

これ、ルーと一緒にやりましたが、結構楽しい!!!

11分でいいのか!と思いつつ、やったら汗じっとりかいてて、
なかなかの運動でした。しかもまりなさんの腰のしなやかさ、
あそこまで動ける範囲があるのって、すごい!

しかも飛ばない!っていうのが膝の痛いおばちゃんにもちょうどええかな、と思いつつ。
10分とか15分とかが意外にやる気の起こる長さ。

今なんかあと流行ってるハンドクラップ???というのがあるみたいですね?

まりなさんも動画出してはりました。
週末の運動にでもやってみようと思います。

そしてまりなさんのは動作的にはリピートパターンが多くて
とてもいいのですが、音楽がちょっと残念。

ルーと一緒にやることを踏まえて、好きな音楽のやつは無いのか?
と探してみたら、ビリー・エリッシュのbad guyのやつがありました。

韓国人のコンビ、ダンス的にはリピートで覚えられそう!
ルーは挫折してましたが、一人ひきこもりダンス部開催中です。笑

あとはピタゴラスイッチの動画があったので、ルーと一緒に見る時も。

ピタゴラ装置!!!あれは本当何回見ても飽きない!!!
最後のピで、そうくるかーーーーーーーーーーー!!!と
ルーと大爆笑することも。笑

美術的にも線が10本のお話とか、線だけでそこまでよう
想像力あるなーと、シンプルな中にあるアートに
ぐいぐい引き込まれています。

日本の主要都市での、家にいろキャンペーン始まったみたいなので、
気にいったyoutube 動画があったらまた随時第二弾とか作っていこうと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。