photo: Daria Nepriakhina

今回の一時帰国はポケットWi-Fiか、プリペイドSIMカードか、
迷っていましたが、スーのいない前半戦は娘が小学校に通う事が
メインで地域からそんなに動かないし、家族別行動もそこまで
しないので、家のWi-Fiで十分か。

と思って、プリペイドのSIMを買うことにしました。

こういうポケットWi-Fiか?!と思ったのは、データ無制限で、
外でもルーがYoutube・・・とごねても見させられるかなー+
スーが来てもテザれるので、それでもいいのかもなーと、
ふわっと思ったのですが、もう一度よく考えてみると、
無制限ってほど携帯でやることもそうそうないので、
データも使わない。

結果3GBで3000円ほどだったSIMカードになりました。

インターネットイニシアティブ Japan Travel SIM 1.5GB (Type I)(IM-B256) 目安在庫=○

去年はこのジャパン トラベル シム(1ヶ月1.5G)で、
問題なかったのですが、データもそこまで使うこともなく終わったので、
今年も同じブランドの↓のこの(3ヶ月2GB)かなーと考えていました。

IIJ Japan Travel SIM(Type D) (nano/micro/標準SIM マルチ対応/データ量:2GB) IM-B250

 

それでヨドバシカメラに行くと、SIMカードエリアのお兄さんが、
「この他にアイフォンだと、これだったら少し安くて
QRコードで読み込むだけで一発で登録完了で簡単すよ。」
とのことだったので、

それを信じて買ったのがこれ。

ヨドバシオリジナル?だと??

しかも31日で3GB

とりあえず帰国日を逆算して、残り31日分。と考えると、
求めているものはまさにこんな感じですな。ということで、
おまけにその道のプロが言う事だから、間違いないか。とさくっと購入。

ジャパントラベルシムだと、(3ヶ月2GB)で3ヶ月も滞在しないし、
2GBだと若干不安?!なので、ちょうど1ヶ月3GB(2980円)だと
オーバーすることは絶対にないだろう!と、スーのも1.5GB(1980円)購入。

でもこれが思わぬ結果に。

店員さんを信じて疑わない自分を呪いました。笑

 

NTTドコモのネットワークとワイヤレスゲートWi-FiスポットをカバーしたSIMサービス
SIMフリー端末を含むNTTドコモLTEまたは3G対応端末で使えるSIMカード。

日本全国で使えるdocomoのXi/FOMAネットワークを利用できるほか、専用アプリから日本全国40,000か所以上の公衆無線LANスポットも使い放題。さらに、Fonプレミアムプランなら、世界およそ2000万か所のFonスポットも利用可能です。

ワイヤレスゲートより抜粋

そして、QRコードを読み入れてみるものの、
(APN)プロファイル設定がうまくいかないし、
おまけに手動でやろうにも、コンフィグの仕方が
わからない情けないおばさんに。。。(T_T)

そして、カスタマーサービスに連絡して、
手助けしてもらいつつ手順をいろいろやってみると、どうやら、
アイフォン(わいの場合6S)だと一般設定のプロファイル項目が
既に登録されている場合は、新たにもう一つ、というわけには
いかないようで、それを一旦削除する。というアドバイスでした。

前に入っていたプロファイルというのが、デジカメのWi-Fi同期機能のやつ。
今のところ子連れで、写真ばかりに夢中になれるという時間も
そうないので、思い切って一旦削除したらうまく行きました。

なので、

このSIMカードをアイフォン(6S)で使う人は、
プロファイルの箇所をまず見てみて、
一つだけになっているか、という状態をみてから、
もう一度再起動させるとうまく行きます。

こうなったら、この際もう毎年帰国の度に違うのを使いたくなってきました。笑

プレイペイドSIMカードの鬼になりたい!

もう一度使うか?と聞かれたらリピートするでしょうね。
ドコモと連携なのでやっぱりさくさく早いです。

オーストラリアで使っているよりサクサク行きます。

カスタマーサービスセンターも英語や、韓国語、中国語、
日本語でも対応しているし、対応してくれた人も丁寧に
一から、根気よく教えてくれて良かったので。

他にもヨドバシで買うと、一番利潤性の高そうな
ヨドバシポイントも尽くし、他に買い物を考えている人には、
いいでしょうね。しかも他のより安くてデータ量が少し多いっぽいし。

ジャパントラベルシムだと、パスポート情報etcなんかも
登録しないといけないので、若干データ漏れそうな恐れもある気がするので、
こちらの方がセキュリテイ的には安全かな、今の御時世と思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。