レモンをたくさんもらったらやるレモン仕事

2021年9月29日

先日作ったレモンシロップですが
お湯とサマハンを入れてレモン&ジンジャー湯的に
飲んだり、ソーダーで割ったりもしていますがそれ以外にも
普通に毎日の料理にもかなり使えることが判明!

なんだこの怪しげなアユールヴェーダのお茶は!?でも風邪に効くらしいので試してみた

2018年4月5日
(サマハンとは?の人はこちらを見てみてね)


まーけっこう作ったんだけどこの調子でいけば
3ヶ月ほどでなくなるかも?!

うちはルーが生春巻き好きなので
よく手巻き生春巻きをするのですが、
その時のつけダレナンプラーたっぷりのソース、
ニョクチャム(Nuoc cham)で
このレモンシロップが活躍します。

もともとのレシピも砂糖、ライム/レモン汁
お酢、ナンプラーが基本なので、この砂糖/レモンの部分を
このレモンシロップに活躍していただきます。

(うちはレモングラス省いてます。)

今回は

✅ レモンシロップ 大さじ4
✅ ナンプラー 大さじ2

このベースに、にんにくを刻んだものに
大人用は唐辛子を入れました。

それを

✅ 水     大さじ3

ぐらいで薄めて好みの塩辛さに仕上げます。

ジャーに多めに作っておけば余ればベトナム風の豚の角煮に利用したり
色々使いみちのあるベトナムの甘酢ダレ(ニョクチャム)です。

もう砂糖が入ってあるので砂糖を入れる手間が省けて
レモンシロップさえあればお菓子だけでなくご飯も
手軽に色々いけるやないか!とひらめきました。

確かにめちゃくちゃ種類あるし、わいもそうなんですが
買ってみたらなんか思ってたんと全然ちゃうかった、という
ようなやつにも出くわした事があるんですが、
今のとこ、アジア飯命♡な方におすすめしたいのが
このエースクック(エースコックちゃうんかぃ)のブン

最初、パッケージの写真を見たとき
こんな感じに炒めるように使うやつなのかなー。と
思って買ったらなんや、このブン生春にしたら
美味しいやつやないのん。とそれ以来ずっとこれです。


茹でてもぐずんぐずんにならないし、
茹で上がって少しぬめりを取るために洗って
油をちょろっとまぶしておけば、だまだまにひっつくこともなく
ハサミでジョキンジョキン!と十字形に2回方向を変えて
切れ目を入れておけば生春用にも取りやすく
使いやすい長さになって、

わいは98点をあげたい、このブンには!w

Oh!Ricey 言うだけありますよ、ほんま。笑

その他エースクック、活躍してくれておりまして、
昔人づてに聞いてこの緑豆春雨はマロニーちゃんに
似てる!

と言われたときからこのエースクックには
かなりの信頼をおいていたので、エースクック商品を
逆に全部試したくなってきております。笑

日本のマロニーちゃんより細く、春雨より見てくれそのまんまに
若干細いので伸び度が激しいですが、まー春雨サラダとか
食べたいときは十分に使えますかね。

でもどちらかといえばスープの方があうような気がします、この緑豆春雨は。


最近よく見るゴールデンディル。

ゴールデンといえば、他にもゴールデンフェンネルなどの葉っぱが
ファインダイニングのガーニッシュ(飾り)でも使われるように
なってきて消費が伸びてきたみたいですね。

ディルにもゴールデンタイプの品種が出始めたのか、
それともただ単に交配してしまったのかは
よくわかりませんがこの色がけなかなか好きです。

見た目一瞬、枯れてる?と思いきやゴールドのような
ちょっと紅葉を思わせるディルですね。

久々にビートルートが食べたくなったので
コリッとした食感が残るぐらいまでローストしました。

その時もレモンシロップをたら〜っと回して混ぜて
ネギを刻んでいれて出来上がり。

最初にオリーブオイル&塩コショウは振っているので
最後の微調整、という感じで味を見ました。

本来、いつもならレンティルとかフェタと合わせて
食べるのが好きなんですがレンティルの缶詰を
開けたら粉々すぎる感じでスープに入れて、
シンプルにヨーグルトだけをかけて食べました。

他にもレモンシロップ、なにげに酢飯にもいけそう・・・とか
企んでいます。

みかんの産地、愛媛県などにもそういうみかんで
酢飯を作るところがある、と昔クーネルで読んだことがあるので
レモンシロップに塩を足してすし酢にできそう!と思っています。

もしまた作って美味しかったら上げますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください