学校選び 違う角度から学校を見てみる トリビアナイト

近所の小学校で開催されたトリビアナイトに初参加!

トリビアナイトってよく聞くけど、ご老人方の娯楽?
ぐらいのイメージしかなかったんですが、いやいや、主な目的は
ファンドレイジング!なんですね!!
初めて知りました。

本当、毎日日々何かしら勉強ですよ。
生涯学習、超大切!笑

今回行ったトリビアナイトはBYOドリンク、フードで、
一テーブル8人MAXのチームx11組。今回は近所に住む
マザーズグループのママ友に誘われて、わいらの主な目的は

娘達をこの小学校に通わせる事でいいのか、という確認の為でもありました。笑


こんな時から早4年半が経って、来年は小学校内にあるプレップ(年長)に入ります。
早ぇーーーー。

徒歩2分の近所の小学校は今迄あまりいい噂がなかったので、
わいも含めて近所のママ友達も、悩んでいたのですが、
親御さん達も参加するトリビアナイトを実際自分たちの目で見てみよう!
という名目でした。

その夜、ルーはスーママ&パパの家にお泊り。
よっしゃートリビア頑張るぞー!!!

… とも思わず、

ま、付き合いで学校偵察しに行ってみるか(義務)。
ぐらいの程度で参加しました。笑
多分他のママ友達もそんな感じだったと思います。
あなた達とキャッチアップできるんだったらいいわ、的な感覚。

が!!!!参加した6人全員「楽しかった!!!また来たい!!」と
盛り上がりまくりました。わいもあんなに笑ったの久々、というぐらい
飲んで笑って楽しかった!!

実際その学校に子供を通わせているお父さんがMCをしてくれたのですが、
俳優業もやっているようで、スタンドアップコメディを見ているような
絶妙な楽しさ+無料でその夜のクイズを考え、MCまでして、という
こういうみんなで楽しもう!的なコミュニティがここにはあるのか。と
思うと少し安心もしました。

ジャック・ブラックみたいにおもしろい人で実はちょっと近所では
有名な人らしいです。おもろい!!笑

で、初参加のこのトリビアナイトのラッフルで、ルナパークの
ファミリーパス(乗り物乗り放題)が当たり、ワイン1本、
トランポリンパークのファミリーパスx2が当たって、なんだか
一年分の幸運を使い果たしたような勢いでした。

来年来てなーっていう賄賂か?!?!!?とか疑ったりもしたけど、笑
んなことぁーーーーない!どうやってそんなん!とスーに即却下されました。

「自分達のコミュニティをサポートしなければ、誰がサポートするの?」
チーム内のお父さんが言った言葉で、「だよね。ここだな!!!」と
満場一致でスーもわいも心が決まりました。

去年は8組が参加したトリビアナイト、今年は11組、去年より3組増えて、
一晩で$3000が集まったようで、校長先生も「学校自体がとても小さいので、
他の学校よりはとても少ないけど、去年より多く集まったのでとてもうれしいです。」と
素直に喜んではって、帰る時に「来てくれてありがとうー。」と言われ、少し話をして、
「来年を楽しみにしています。」と送り出してくれました。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

とりあえず自分達の目で見てみる

メルボルンの小学校選びは日本と違って、学区関係なしに
学区を越して自分が好きなところに通わせたりもできるので、逆に
チョイスがありすぎて、みんな頭を悩ませています。

もちろん学区があるところもありますが、そういう場合は
その小学校に合わせて家を買ったり、引っ越しを考える人達もいます。

多分このどこの小学校に通わせるか、という事が
赤子時代から少し一段落した親達が、一番にぶち当たる
ハードルかもしれません。

そうなった時にやっぱりガッツフィーリングというものはあって、
実際に見に行ってみて、他人の言う“嫌な学校”でも、
ん?いやいや別にそこまで悪くないと思う。ここが合う。という感覚と
いうものが個人別にあるので、まずは見学に行って、もう一つおまけにこういう
通っている親御さん達を見てみるのも、その学校を決める
いいチャンスだと思うんですよね。

どういう人達がこの学校をサポートしているのか、
先生陣やスクールコミティーの感じはどうか、等、
見学だけでは味わう事のできない一面を、こうしたトリビアナイトなどで
確認することができます。

他にもその家庭事情によって異なりますが、
ビフォア・アフタースクールケア(学童)はあるのかも
外せないポイントです。

友達に聞いたところ、ビフォア・アフターに両方行かせても
大体$15ほどで、当日会議等が入ったんで4時頃に電話して、
お願いします。といういきなりタイプでも大丈夫なようで、
その辺はなかなか働く人に優しいシステムのようです。

この辺がプレップに入った節目で、がっつり仕事に戻る人が多い、
というのもうなずけます。わいもまた新しいアベニューに突入だなー。
身の振り方考えないと。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください