green / french lentils

レンティル(レンズ豆)は色んな種類と特徴があるので、
それぞれの特性を生かした調理法があります。

この緑のグリーンレンティル/フレンチレンティルは他のレンティルと比べて、茹でてもしっかりとした食感とピリッとしたペッパー風味のような後味が特徴。

そのユニークな特性を生かしてレストランなどのサイドディッシュなどにもよく
使われているみたいなのですが、新型コロナウィルスの影響でレストランが閉まって以降、余剰になってしまったのか、マウントゼロのお店でも安売りしていました。

インド系のカレーにはやっぱり普通のオレンジや黄色の方が割っているものなので使いやすく、さっと調理もしやすいのですが、たまに食べたくなるグリーンレンティルのサラダがあってどうせ食べるし、今回は2kg購入しました。

と、いうことでうちのグリーンレンティルの豆サラダの紹介です。

毎回1.5カップぐらいは茹でて一週間の内に食べきる感じの量を作ってます。
その時に家にある葉物グリーンと一緒に準備しておきます。

この時はケールでした。ケールの茎は食べにくいので本来は食べたいところだけど、取ってしまいます。(わいの場合)

そして肝心のレンティルのサラダ、豆サラダを一番美味しく食べる方法は、
豆にしっかりと味を染み込ませること。これにつきます。

で、嫌いな人はすみません。少しパンチのあるにんにくや、玉ねぎも
一緒に入れると味にアクセントが出て美味しくなります。

そして肝心のドレッシングですがゆず茶、買ってみたのはいいものの大きくて使い切れないとか、あったりしませんか?

ジャム、マーマレード界隈は酸(レモンやお酢など)で溶かして、
オイルと塩を入れると、それだけで味わい深いドレッシングになります


今回はゆず茶、アップルサイダービネガー、オリーブオイルで、塩で味付けしました。

同じ理論で、甘み+酸味+油でドレッシングができるということをふまえると、できあいのすし酢もドレッシングに使えます。もうすでに酸味と甘味が混ざってるので、後はなにかの油を足すだけ!

うちの場合アジア系のサラダを作る時は、すし酢+ごま油+唐辛子などを使います。

ドレッシングは本来、酸味+油だけでできるので、色々挑戦してみてください。個人的に甘みが入ると、食べやすくなるかな、と思って甘みも入れていますが、
その辺は料理によって変えてますかね。

例えばメインが照り焼きなど甘い系だと、ドレッシングはさっぱりと酸味とオイルだけ。とかそういう風な塩梅に。

でも意外にシンプルに酢(レモン)+オイル+塩だけでも十分いけます。

沖縄の海塩 ぬちまーす(250g)【ぬちまーす】

このぬちまーすは友達にいただいてから、すっごいハマってしまい、
日本に帰ったら必ず買って帰ってきてるほど、美味しい塩。

塩味が何故か薄いので、少し多めに入れないといけないんですが、料理の味に深みとコクが出る感じがして、塩がメインの味付けの料理とかによく使います。わいはインドカレーを作る時はぬちまーすをよく入れます。スパイスと塩と野菜の味わいだけど、美味しくなるので欠かせません。

で、切っておいたケールやサラダリーフと合わせて出来上がり。
あ、この日は最後ディルも載せました。

この日は鶏ミンチとトマトソースのパスタ。
ジャーっと玉ねぎとにんにくを炒めて、パッカーン、パスタ茹でて混ぜただけ。w

パスタを茹でる前にはブロッコリー、カリフラワーも茹でて、その茹で汁で
パスタを茹でます。

で、この豆を茹でた時にはぜひともに使っていただきたいのが、
豆の茹で汁!!!!!じゃーっと流さず、とっておいて、
それをスープに利用
してください!!!!

茹で汁は豆の栄養素が流れ出した液体なので、塩を入れていないんだったら、
植木にもやるといいらしいです。(窒素分がよい液肥になるらしい)

食料ロスや無駄を省いて環境のことを考えたら、とりあえず今の時代は、豆の茹で汁をほかす理由はなくなったと考えてもいいでしょう。w

このグリーンレンティルの茹で汁は、見た目最悪にドブ色でどどめ色してるんですが、保存する時も水煮缶のように一緒に保存します。

この日だとケールを切る際にはスープ用の野菜もスタンバります。

そうすると、まな板を頻繁に洗浄することもなくなるので、
野菜を切る時は、他の料理の野菜も準備というタイミングでプレップします。

わいの場合、匂いのきつくないものから切っていって、(この日だと人参、さつまいも、ズッキーニ、ケール、セロリ)最後に玉ねぎとかにんにくとか用意的な感じ。

でもね、ほら他の野菜と一緒に野菜スープにしてしまえば、茹で汁の
どどめ色も気にならなくなります。^^

もちろんひたひたまで水も足しました。野菜スープだと冷蔵庫の掃除にもなるし、がっぽり作っておけば2,3日は食べられます。

2 件のコメント

  • もろてんさま
    初めてコメントさせて頂きますが、10年以上?前からブログはひっそりと楽しみ見ています!関西出身、こっちサイド在住、食や環境などの価値観が全くドンピシャで勝手に親近感を持ってます(笑) 今回の題材レンティルも私は大好物です! 因みに旦那はインド人です!

    • >junko さん
      コメントありがとうございます。
      わーーパートナーの方がインドご出身だったら、めっちゃ豆料理とか充実してそうですね!?
      もし何か簡単な豆ディッシュあれば教えてくださーい。^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。