医食同源

Food as medicine (食べ物が薬)

You are what you eat (食べ物があなたを作る)

と、いう食にまつわることわざがあるように、
わいも基本それを信条としています。

基本食から。がモットーです。(いや、でした。かな?)

今までとっているサプリといえば、家族でとれるチュアブルの
ビタミンCと、ちょっと口中できもんできた、とか、
疲れてるかも、、、というここぞという時に飲む、

 

 

高濃度リポソームビタミンC (iherb)ぐらいでした。

 

でも今年に入ってCOVID19になって未知のウィルスきたーーー!!!
まだキュアないーーー!!!予後も肺機能があんまり戻らんらしいーー!!!
と少し怖くなって、見えない恐怖に対してなんとなく免疫力を維持したい!!と
思うようになって、そういう界隈のサプリを(気休めだと思います)が、
採ってみることにしました。

多分人生初のサプリの品揃えだと思う・・・。

ロックダウンがぎっりぎり始まる前に、
足の親指だけがしびれたりすることがあって、
ネットで見ていたらなんか

糖尿病の可能性。早めの受診をオススメ。

とか煽ってきたので、笑 とりあえず、ルーを妊娠中に
機能が落ちていた甲状腺のこともあったので、
気になっているものの血液検査をしてもらいました。

そしたら数年前と比べてビタミンDが少ないし、
今もギリッギリのボーダーラインということで、
ビタミンDをまたとることにしました。

そして久々にあった健康オタク系友達の情報によると、

ということで、早速ブラジルナッツ生活も始めてみます。

昔何回か買ってなんや、このジャリジャリ感だけのナッツは?
高いだけやんーと思った記憶があるけど、オーガニックのやつだからかなのか、
今だからかなのか、2割ぐらい小さくなった?(自分が大きくなった?w)
小粒なので一粒4gなのかわかりませんが、今食べてみるといや、美味しいわ!

セレニウム(セレン)の摂取=食べ過ぎるとちょっと障害も
出てくるらしいので、一日二粒ぐらいにとどめておこうと思います。

噛みしめるたびにじわっと出てくるオイルが甘くて美味しい♡
ナッツって基本ビールのつまみのピーナッツ意外は
あまり好きではないのだけれど、美味しいナッツは美味しいのかも。
と気づいた2020年でした。w

スーとも一緒にスナックで食べる感じで、オイルが酸化しない内に
食べきってしまおうと思います。少し高いけどサプリメント代と思えばね。
冬の間は特に。

 

隣は亜鉛(Zinc・ジンク)。
本来なら数ヶ月に一度ぐらい、マーケットで牡蠣ショットすればいいかー!と
思っていたんですが、マーケットに行くこともできなくなったので、
たまに疲れたなーーーーーーと思ったら、亜鉛を飲んでます。

亜鉛はご飯と一緒にとらないと、胃が一度すごく痛くなったので、
なかなかヤバそう。笑

だけど、次の日の寝起きの良さが違う気もするので、
まんざらでもないのかもしれません?!?!

最近のリサーチで、実は腸は一番の脳だ。というのもあるぐらい。
健康な腸内環境だと感じ方や、やる気の出具合等も違うといいます。

とても大事な腸内環境。健康な人の便を移植したら、
今までの症状が改善したとか、腸内の細菌の研究がどんどん進んで、
今では健康な人のう○こが売れる時代になるかも、なんていうのもあります!

そういうことで、PMSですごく自己嫌悪に陥ったり、
イラッとしたり、あーあの時、もっと違う言い方できたのにーとか、
急に悲しくなったりすることも増えてきたので、これって
ひょっとして腸内環境で変わるんだろうか。と自分を使って
実験してみることにしました。

これは知る人ぞ知る、日本発Dr.Ohiraの腸内環境を整える生酵素サプリ。

ドクターオオヒラ????と疑心暗鬼っだったのですが、
実はアメリカや周りの友達でも採っている豪州人友達が意外に多く、
逆に日本より、海外の方が知られている可能性もあります。

おまけにあまり売ってるところを見なかったんですが、
うちの職場でも昔から実は売られていて賞味期限が切れるのため、
安くなっていたので、値段が高くてドキドキしていましたが思い切って
試してみることにしました!

1988年、最初の販売先にマレーシアを選びました。今から約30年も前のことです。

6.25倍もの発酵力をもつ独自の乳酸菌「TH10」を使い、国産の厳選素材を3年以上かけて丁寧に発酵させる日本製のサプリメントは、安全性と確かな実感を与えることで、現地で着実に認知度を高めていきました。そして、大々的な宣伝をしていないにも関わらず、製品の良さを実感してくださった人々による口コミは国境を越え、シンガポール、フィリピン、タイ、東南アジア諸国へと広がっていきました。

開発者 大平猪一郎 | 株式会社 バイオバンク HPより

調べてみたら、日本にもサイトがあって読めば読むほど、
ドクターオオヒラ面白いなーと興味が湧いてきました。

一度も加熱されていない、というのと、アジア系のものを使って
開発された独自の乳酸菌というのがなんとなく、日本人のわいにも
ずれすぎてなさそうで、いいかな、と思ったという感じです。

ヨーグルトとかより、なんかこう味噌とか、ぬか漬け、テンペとか
そういう感じの植物性発酵食品の方がなんとなく食べてて、
しっくりくるとかそういう勝手な理由。w

生酵素サプリメントOM-X(オーエム・エックス)

日本にも売ってるみたいで、7日間お試しセット980円とかあるやん!
これで最初やってみたかった。。。(;´∀`)

OM-X 12PLUS(3年発酵) 60粒入り オーエム エックス 12プラス OMX

日本の方が若干安いですね?!

そんなわけで自分が自ら持っている善玉菌を増やしてくれるとか、
見てたらなんか効いてきた気もしますが、一番最初に飲んだときは
お腹がなんか温かいなーと思ってからはポコポコし始めて、んー。
これは出かけない日の前日とかがいいかなーと思ってましたが、
一週間に一回ぐらい飲む感じですが、最近はそういうポコポコ感も
なくなってきたので、慣れてきた、の、かな。

違いはまだわかりませんが、後数年後とかに出てくる、の、かな。

あとはヘンプオイル。お腹の調子を整えたら上の脳みそにも栄養を。w

ヘンプキッチン 有機 麻の実油(ヘンプオイル) 230g(250ml)

前まではこのオイルをサラダの時にかけてたりしたんですが、
味が強くて結構オイル食べてる感が出てくるので、
どうしても避けることになってしまったのでやっぱりカプセルに。
このタスマニア産のヘンプシードオイルにしました。

これも一週間に一回ぐらい。

特に肌の調整によいということが効能で謳われているので、
持病のまぶたの上の痒みがあるかなーという時に、特に飲む感じですが、
よくよく考えるとやっぱり飲んだ次の日は痒みがなくなっている気はします。

↑どこまでも懐疑主義なわいですみません・・・。笑

ヘンプナッツはタスマニア産のですが、以前買ってたやつより、
ボロボロ感があって、これはリピートないかもなー。。。
(このバッチが悪かったのかな)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。