メルボルンではCOVID19の感染者が第一波の時より増えて、
7月9日からまたステージ3のロックダウンに戻ったので、
出かけるでもなく、毎週の日曜日が過ぎて行きます。

〜〜 1歩進んで2っ歩下がる〜〜〜♪とはよう言いはったもんです。
ほんまにそのとおり!Ω\ζ°)チーン

一度は規制が緩和されましたが、なんとなくまたロックダウンが来るだろうなーと思っていたので、人がたくさん集まりそうなところ、ショッピングセンターへ行く事等を除いて、もっぱらナーサリーやホムセン(オフピークに)出掛けたりしていましたが、それも叶わぬように。

少なくともメルボルンは6週間、8月19日まではロックダウン続きです。

そんな中、先週、ふと日曜朝になると自分ってこれしてるな?!ぬぉ!
今流行りのルーティーンっちゅーやつ?!??!と気づいたのですが、笑
雨が降っていない限り、家前と後ろにある猫の額ほどの庭に出て、
植物チェックをしている。。。

おばあちゃん並の日曜のルーティン。笑

特に大好物なのが晩に雨が降った朝の日曜は高確率で、携帯のマクロレンズを
取り出してきてマクロ写真を撮ったりしています。

ルーが先日、ホムセンで買って〜とせがんできたので初めて買った、
カランコエ。ピンクの花ってちょっと恥ずかしい気がして買わないのですが、
八重の花びらが、い、、、意外にかわいいやないか・・・。

この携帯にさっとクリップオンでつけられるマクロレンズですが、

セルカレンズ 魚眼レンズ iphone スマホ スマートフォン 3点セット ワイドレンズ マクロレンズ 広角レンズ iphone6 iphone7 アンドロイド 送料無料

お前は何を言っているんだ?な無茶な値段をつけた、米国や豪州発の広告が出てくるんですが、日本だとダイソーでも売っているので、2017年に友達が来た時にお願いして買ってきてもらいました。

その時の写真

マクロ&広角が2つセットのやつと、魚眼レンズ。の2つ。
魚眼をうまく使えた試しがないのですが、↑の楽天でも
298円とかで買えて、写真ライフが楽しくなるので、
写真好きな人にはオススメです。^^

昔に友達はメルボルンのダイソーで買ったよー。と言ってたので、
こちらにもあったようです。まだあったらぜひ!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

植物チェックしていたら、ネイティブがたくさん咲いていました。

Eutaxia (ユータクシア)

日本でも人気のオーストラリア原産植物、本当に色々種類があります。

最近はスーの影響で自分も結構のめりこんできました。
冬でもこんな黄色い花をつけてくれる、ユータクシア。

細々した花がかわいいし、しかもこの赤線のディテールすごくね?

Grevellia (グレビレア/グレベリア)

意外にも冬に咲く?(温暖化してるから??)花が意外に多いので、
冬も花があるのはいいです。

窓際前の庭に植えているのですが、ネイティブのハニーイーターと呼ばれる、
鳥たちがいーっぱいやってくるので、バードウォッチングにも最適!!

ハニーイーター達は、これまためっちゃ意外にも、グレビリアの後は、
必ずねぎぼうずの頭に行っていて、何を食べてるのかめっちゃ気になります。

これ、ねぎぼうずの後はどうしたらいいんだろうか。種が採れる!?

庭の伸びてきたオリーブやら、カレンジュラやらを切っていたら、
知らぬ間に切り花になります。それが一週間の投げ入れお花。

ユータクシアが可愛いのでザクザクやりたくなりますが、ぐっと我慢。

いつもならアンティークっぽい感じのガラスの花瓶に入れるのが
好きなんだけど、備前の花瓶を棚奥から発見したので(笑!)、
久々に土のぬくもり感を出してみました。

意外に合う?!オーストラリアの力強い大地の感じと、
ネイティブのワシャワシャ感がオーストラリアらしい気がします。

元々乾燥に強い植物達のネイティブとオリーブとかは
二週間ぐらいは緑のまま、きれいに保つので重宝します。
カレンジュラも蕾が次々と開いていきます。

今度はネイティブだけをまとめてみようと思います。

ロックダウン中は家の中にお花を飾る事が増えた気がします。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。