冬の間あつ森、ネトフリ、ディズニーなどに燃えているだけの何もしていない間に、いつの間にか8月になって、8月になったと思ったら今度は
メルボルンでは一向に減らないCOVID19陽性患者が減らないため、とうとう
昨夜18時から、災害事態宣言 (State of Disaster) が発動され、なんと夜8時から朝5時までは外出禁止令(Curfew)が出ました。

行動規則や範囲などが段階で表され(ステージと呼ばれます)、今回はステージ 3 から4に上がって規制がもっと厳しくなりました。

オーストラリアで、自分が生きている時になんとまー、外出禁止令を経験するなんて思ってもみませんでしたが、最低6週間はこのステージ4が続きそうです。

高校2年生と3年生も大学受験用のテストに向けて学校に通っていたものの、
感染者が増えて閉校する学校も増えてきたので、今週月曜日から全員またオンライン学習に戻りました。

ステージ3の規制がもう少しで終わるところだったのに、更に一段回上がって、
厳しいものになるとはみんな思ってもみなくて、今回ばかりは少しどよーんと士気の下がっている人達のコメントも多々見ます。

世界の3種類のCOVID-19との付き合い方

2020年7月16日

去年の今頃は日本に行っていて、みんなで近所のお祭りや、盆踊りに行ったりして、日本の夏を満喫していたのですが今年は日本へは帰れそうもありません。涙

とりあえずわいの場合は食料品に関わる仕事で、必要業種とみなされ通常通りなんですが、倉庫勤務者の感染率が高く、職場経由の感染が80%を締めているらしいので、わいはちょっと神経すれすれのところにいる感じが否めません。

ちょっと2週間ぐらいほど前からじわじわと不穏な空気を感じていたので、少し多めの食糧を注文しておいたのは正解。(うちは最近オンライン注文のピックアップ制度を利用しています)冬物セールの家用服の注文も完了!(今年は全然服や靴も買ってなかった)

今年は何故かふとした感覚が冴えてます。

昨日は州知事のインタビューが始まる前に1週間ぐらいは確実に籠もれるぐらいの食料をまた買いだして、また料理とか頑張ろうと思ってます。

※ 食料品の買い出しは一人でなら行けるので、焦らなくても大丈夫です。

在メルボルン日本国総領事館からもメッセージが来ていたので、
ステージ4の規制について載せておきます。

8月2日(日)、VIC州政府は、第2波の感染拡大を防ぐため災害事態宣言(State of disaster)を発令することを発表しました。

1.metropolitan Melbourne(別名Greater Melbourne)の地域は9月13日(日)までの6週間、制限措置がステージ4に移行されます。

対象地域の居住者は、本日20:00より、毎日20:00から翌朝5:00まで外出が禁止されます(仕事、医療、介護、安全上の理由を除く)。また夜間の公共交通機関のサービスが縮小されます。5日(水)23:59以降、特別な理由がある場合を除き結婚式は禁止されます。

(1)夜間の外出禁止時間外(日中)に外出できる理由は以下のいずれかです。

(ア)食料品や物資の買い物

一世帯当たり1人が1日1回のみ可能です。また居住地から5km圏内で済ませる必要があります。5Km圏内に店等がない場合は、例外となります。

(イ)運動

屋外での運動は1人で行い、1日1時間以内、居住地から5km圏内に限り可能です。小さいお子様などがいる場合は、例外として連れて行くことが認められます。

(ウ)介護及び医療

介護や医療で介添え人や保護者が必要な場合には、5km圏内の規制は適用されません。

(エ)仕事(学業)

3日(月)は学校及びTAFEや大学での授業を受け、4日(火)は移行期間とし、5日(水)からは自宅での遠隔地授業となります。自宅で授業を受けることができない生徒には、引き続き学校で授業を受けることができますが、条件は厳格化されます。仕事の場合、5km圏内の規制は適用されません。

(オ)家庭内暴力などの緊急時

在メルボルン日本国総領事館のEメールより抜粋

4 件のコメント

  • おひさざんす♪
    今の所、ご無事にお過ごしのようですね
    大阪も新規感染者激増中でコロナウィルスがヒタヒタと近づいているような緊張感がありますよ
    諸説入り乱れすぎて最近のコロナ対策は何が正しいのか理解しきれないです
    まぁこんな感じで受け止めようかと思ったのがこの考え方かなぁ
    https://www.yushoukai.org/blog/coronaprevention

    ところで父ちゃん母ちゃんはお元気ですか?
    おいらとこは4月中旬にお袋が心不全で救急搬送されたけど、コロナの関係で病院での面会ができなくて自宅で半月程悶々と・・・
    4月末に容体急変でようやく個室での付き添いが許可され、時折目を開けたときに一方的に話しかけるだけでお袋の声を聞くことがかなわぬまま二週間見守りました。 親父も兄貴も既に亡くなってたのでお袋が他界した途端に”独りぼっち”になったような強い孤独感に襲われ、誰も居ないところでは泣きながら暮らしてました。 最近やっと落ち着いてきたけど”母親”の偉大さちゅうのかなぁ・・・ ”母の体内で育った強い結びつきは父親とは別格の物だったんや”と、感じた次第。。
    きっと父の代わりはいても母の代わりはいないんだろうな?って思います 
    メルボルンのママも頑張ってくださいね
    ではでは (@^^)/~~~  

    • >親分
      お久しぶりですー。
      リンク拝見しましたが私も似たような感じの考え方です。^^

      おぉー。親分大変だったんですねー。。。。お辛かったでしょうね。。。
      強い孤独感・・・。私もいつか親分と同じになるんだな、と思うと、
      今から怖いです。。。

      お気遣いありがとうございます。父母、家族みな元気に過ごしています。ありがたやー。
      私の場合は単身でこちらに来てしまっているので、そういう意味では自分の家族とは
      常に離れているのでどういう気持ちになるのかなーとか思ったりはしますが、
      とりあえずは後悔しないように元気な内は会えるだけ会えるように頑張ろうと思ってます!

      親分もお気をつけてください。
      淡路島だからまだ大阪よりマシ、ですかね!?

      • ほ~い ご家族皆さん元気でよかったですね
        我が家も今の所、全員無事に過ごしてます。

        先日、お袋の初盆を済ませましたが、慣れない仏事をこなすたびに気持ちの整理ができていくように感じます。
        この頃は、”鬼の目にも涙”がほぼ無くなりましたよ~(笑)

        日本は残暑が厳しく大汗流す毎日で、そのうち干からびてしまいそうです・・・
        今も淡路島に居てますが、日中はできるだけ室内か日陰で過ごしてます
        昨年、近所にこんなものができて少し鬱陶しいですが、夕陽が綺麗なのでワンコとの朝夕の散歩が楽しいですよ
        https://retty.me/area/PRE28/ARE106/SUB10601/100001494316/?utm_y_pc_res_title

        コロナもまだ収束してないけど、インフル並みに扱いダウンさせるとか国が検討してるようです
        タミフルとかみたいな治療薬無いのに何言うてるねん! っとオイラは怒っとります(-_-;)

        • >おやびんさん
          本当季節は移ろいますね。。。
          もう私も自分の祖母の声とか、様子とかが思い出せなくなってきました。

          大阪より淡路島の方が自然が多くて涼しそうですよね。
          パンケーキ屋、まだ流行ってるんですね。笑

          淡路島だと人の密度もかなり大阪とは違うくて、よさそうですね?!
          とにかく終息というか、特効薬ができるまでは、もう少し時間がかかりそうですね。
          1900年代のスペイン風邪の終息も2年かかったみたいですしね。。。涙

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。