ルーの6週間のお家学習がやっと今日終わります。

ビクトリア州のメルボルンでは規制緩和に伴い、
公立小学校においては、年長さん(プレップ)から2年生は5月26日火曜日から。
その他の3年生〜6年生は6月9日から、という状況になりました。

始まったとしてもどういう風に転がるのか、きっと先生陣も
私達もみんな見えない手探り状況なので、不安は0!というわけではないですが、
学校内での新しい過ごし方、というはっきりとした指針と
方向性のメッセージが校長先生から来ていたので、
これもまた、ニューノーマル(新しい普通)になるんだろうな。と
実感しています。

でもこの2ヶ月間、ルーが何を勉強しているのかとか、
間近に見られて面白かったです。数に対するアプローチの仕方とか、
自分がやった日本とはまた違っていたり、

ルーもハマっている、あつまれ どうぶつのもりの事を
書いたものが最後の最後で校長先生賞をもらえて、お家で勉強期間の
いい思い出になりました。

やっぱり子供の興味のあることをそのまま勉強につなげてやると、
ぐいぐいやりますね。そういのはやっぱり親の役目でどんどん
見つけてやらないとなーと思います。

Photo by Branimir Balogović

欧米、西洋文化では大切とされている握手も、時代遅れなもの。と
なっているみたいで、日本のお辞儀文化がくるんじゃねー?と睨んだり。w
物質的なお金(紙幣・貨幣)も使わない人も増えてきて、みんな電子決済に
なってきている気がします。

このまま感染者数が抑えられたらいいですが、6月からはカフェやレストランも
一定の規定を満たした上での営業が始まります。

6月半ばとかほどにひょっとしたら第二波が来て
またロックダウンとなるかもしれないけど。

先週サウスオーストラリア州では最後のCOVID19患者さんが退院して、
保菌者指数が0になったらしいので、人口の少ない街辺りからだんだん
規制緩和もメジャーになっていくのかな。

実はわいも数日前から急に悪寒が来たり、鼻水たらーとなったり
風邪の症状が出てきたので、なんだか急に不安になったので、
一応COVID19のテストに行くことにしました。

嗅覚も味覚も全部あるし、熱や咳はないけど、、、ね。
100%ないとはいいきれないし。

本来、仕事の日ですが念の為に休んで近所のドライブスルーで
無料でテストをしてもらえるところに行きました 。

まず最初に簡単な問診。
症状を訴えてメディケアカードを見せて、連絡先を言っただけ。

全然痛くなく、30分程度で行って帰ってきたので、拍子抜けしましたが、
メルボルンのご家庭に運ばれる食品を扱う仕事をしているので、
万が一をかねて、自分の意思でさっさとチェックしてもらえるのは、
ありがたいな、と思いました。

というわけで、今週末はあつ森に燃えたいと思います。
18年ほど前にメルボルンで知り合った、今は日本に住んでいる(北半球)友達も
オンライン上で繋がれるようになったので、週末が楽しみです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。