簡単混ぜて焼くだけ!ねぎのおやき

寒くなり始めたからか、ねぎがよく出回り始めました。

うちの職場で4束もらってきたので、なんとかせねば。と
ない頭を絞ってねぎのおやきを作ることにしました。

本来、この4束のネギをもらってきた理由が、
また植えるためでもありました。

が、よくよく考えてみると今植えられるところって
限られていて正味1束分ぐらいしか植えられませんでした。涙

なので、根っこの部分ギリッギリのところまで刻んで、
全部ボールに入れました。久々に目が痛くて涙出ました。

本来は根っこも醤油とかにつけたら美味しく
食べられるみたいですけどね、やったことありません。

実は大阪人なのに、お好み焼き嫌いなんです、わい。
えー????とよく驚かれます。

が、おやきは何故かOK!
あと、たこ焼きもOK。

多分おこのみソースがあまり好きではないのかも。
だからポン酢で食べる感じのシンプルなのが好きなのかな。
韓国のジョン(チヂミ)も好きなので、
とにかく薄い感じでシンプルでなくてはならないようなので、
わいのねぎのおやきはネギとごまだけ。

ねぎ4束に対して卵2個、水、ダシ粉、醤油、
粉1/2カップぐらいを溶いて混ぜました。
冷えてもそのまま食べられるように、結構しっかり目に
塩味を付ける感じにしてます。

オーストラリアで一般的に買えるごまは、
炒っていないごまなので、焼き上がるとちょうどいい感じに
香ばしくなる気がします。

オイルたっぷり目でこんがり焼いて出来上がり!

何個かはスナックで食べて、残りは冷凍庫へ。
あかんー今日もう何ご飯ー?!ってなったり、
ルーが学校から帰ってきてから食べるおやつになったり、
重宝しそうです。

そう、ルーが意外にもこのおやき食べました。
ねぎは納豆に昔から入れてるからか、緑なのに何故か食べる・・・。

スーパーのプラスチック袋廃止になってから、
食品の袋をもう一度再利用することが増えました。

なので、見た目悪悪ですが本来の我が家の姿。w
冷凍庫は今、こんな感じでちょうど使い勝手のいいサイズの
マフィンの袋が並んでいます。(肉等もこれに保存してる)

実家みたいにホットプレートあるといいなーと思い始めてきました、最近。

今までBRUNOというやつしかないと思ってたけど、
最近は本当というか、日本は本当色々出てるから買い物楽しそう。

これはレコルトというブランドみたいだけど、
このちょっとレトロチックな色合いがとてもいいなー。
オーストラリアでも家電の種類、ホットプレート界隈もうちょっと
盛り上がってほしい。

他にもこのプエル・角型というやつに限っては、
2000円ちょっとで買えるみたいで、破格値!!!!
K○ート的クォリティなのかもしれないけど。

でもググってみたら、60ドルぐらいでこのTEPPANYAKI grill的なものがありました。
みんな焼きそばやってるやんーーー!みたいな。w キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

1700wてすっっごい強力ですね。

でもこれだとたこ焼きの型もついてないしなーとちょっと考えてしまう。
とか言いつつ、そこまで毎週たこ焼きするわけでもないんですけどね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。