しつこく日本旅のネタですみません。

 

まだ台風の影響で蒸し暑さが残る季節でした。

おかんが今回家族旅行で白浜へ行こう!と色々準備してくれてました。

結果から言うと、めちゃくちゃ良かったんです、白浜♥

というのも、おかんも孫娘が二人出来て最近は子供が喜んでくれないと、
親もリラックスできないという感覚を「時代は変わったなー。」と言いつつも、
分かってくれるようになって、かなり子供重視の旅を計画してくれました。

大阪から白浜へは4時間かかる遠距離!
しかもおとんは車を出してくれて大阪から運転してくれて、
両親に感謝です。ありがとう。

まずは白浜といえば、、、の白浜アドベンチャーワールド。

always together—–♪のアドベンチャーワールド提供の
天気予報が深夜枠でよく流れる関西圏だったので、
アドベンチャーワールドは超身近です。笑

しかも東京と違って和歌山のアドベンチャーワールドは
パンダがほぼ毎年ボンボン生まれるので、パンダが生まれるというのは、
普通なんですよね、関西圏の人にとったら。笑

そんなんでパンダを見に行った、というのもあります!

イルカショーも下には海が広がる壮大なところで、すごいところですね、よく考えたら。
気持ちよかったです。イルカの鼻で押してもらって泳ぐお兄さん、お姉さん達、
すごかったなーーーー。海のトリトンみたいで自分も憧れました。笑

が、肝心要の本来のパンダの赤ちゃん公開時間は一日の内に30分程度しかなく、
着いたのが遅かったので、はずすべきでないイルカショーと被ってしまい、見逃しました。涙

結局母ちゃんパンダがそっぽを向いて寝ている、というのだけが見れた、という結果に。とほほ。

入場料が大人約5000円ですからね、どうしても頑張って見ないと感が
出てしまいます。

このイルカショーを見た後に、もう一つの小さいショーを見て、
サファリバスに乗って終了。という感じになりました。
平日で並ばなくてよかったので、大体のメインは見れた、という感じでしょうか。

パンダだけ!残念だったの。。。
白浜ー大阪間4時間というのを甘く見すぎてましたね。。。
行くなら絶対きっちり時間配分を考えて行った方がいいですね。

で、閉園時間ギリギリまで粘って、ホテルに向かいました。

これが本当、最強によかったの!!こんなとこ日本にあるんや!っていう!

湯快リゾート ホテル千畳に泊まりました。

なんと今年8月にリニューアルされて、オープンされたばっかりだったので、
ロビーやら何やらが最新式になってました!!

しかもここ、奥を見てもらったら分かるように、プレイエリアがあるんです!!!

新しいからどれもきれいだし、プレイエリアがあったので、
フロントでの待ち時間も、子供ぎゃーーー!とか言ってる場面なし!

子供達はみんな速攻でこのプレイエリアで遊んでました。

ロビーを上がってすぐぐらいのところには、こんなにたくさんの漫画も置いてあって、
(これ一部)もう少し大きい子供達でも暇しないかな。
わいがここで沈没したかったぐらいです。。。

お部屋に行くと窓の下には温泉プールが拡がります!

このプールも温泉なので、夜9時まで楽しめて、
さながら流行りのナイトプール気分でした。
この時期は日中がまだ暑く、夜はちょっと肌寒かったけど、
まだ入れました。(9月末)

浮き輪も無料で貸出ししてくれます。

プールの横付近から、階下の大浴場にアクセスできるので、
ささっと水気を更衣室(これも階下にある)で絞ってから、
大浴場へ行くといいでしょう。

エレベーターを使って大浴場に行くと、元々の地形を生かした作りの
洞窟のようなところをくぐっていくので、
子供達にとってはそれもなかなか面白かったようですし、
次の日に入った海が一望できる露天風呂もなかなか良かったです!

このホテルは千畳敷(海岸に拡がる大岩盤地形)と呼ばれる観光名所の真横にあります。
(ホテルから徒歩でもいける)
一番トップの写真が千畳敷です。

何やら周辺、面白そうな観光名所がありました。

窓からのオーシャンビューがきれいでした。

部屋はでも、ん????なんですが、布団が3つ(人数分)敷いてあって、
それにベッドも2つあるという、一体何人で泊まるのか?な設定でした。笑

布団いやな人はベッドで寝てください?的な??

この各部屋の様子を見ていると、和室と洋室のミスマッチさで、
部屋はリニューアルをしていないのか?と疑問でした。
バスルームもかなり古いユニットタイプのもの。
気になる人は気になるのかなーと思いました。

ご飯は食堂でバイキング形式。
一度に人が殺到しないように、時間が2つに分けられてあります。
でも確認する人もいないので、気にせず来ていた人も絶対いるはず。

各テーブルにはコンロがついていて、海鮮BBQでホタテやサザエを
焼いたり色々できて、大満足。久々のサザエ美味しかったなー。

お酒コーナーも紀州の梅を使った何年物とかの梅酒とか揃ってあって、
みんなが楽しめるのはとても良かったです。

しかもキッズバイキングという別コーナーまで子供用に備え付けられていました!

画像: http://yukai-r.jp/senjo/

綿菓子作るやつもあれば、手巻き寿司セットとかもあって、
朝はワッフル焼けるし、もういたれりつくせりでルーも驚いてました。

わいセレクション。刺し身系&海鮮系メイン。笑
んで、どこでもサラダは食べる。笑

これは一回目、ということで後は食べるのに集中しました。
梅うどんとか、まぐろの解体ショーも始まって、握り寿司もあったし、
和歌山ラーメンとか(!)、和牛のステーキとか、こちらでは食べられないものをメインに
堪能しました。w

逆にスーとかもこういう感じの方が、自分の好きなものを食べられて
満足そうでした。ただ、ちょっとざわざわ慌ただしくゆっくり落ち着いて
食べられないのが残念やけど。子供もおったらでも逆にざわざわの方が気楽かな。

ルーはでもキッズバイキングより、まぐろの寿司〜〜〜〜言うてそんなんばっかり
食べてました。笑

朝も和食がいい人はのどぐろの干物とかあって、
のどぐろばっかり食べました。笑
メルボルンでは干物ないもんなー・・・。涙

booking.comで湯快リゾート ホテル 千畳(せんじょう)を予約する

 

ホテル千畳はどんな人に向いてる?

値段が手頃なホテルですけど、こんな風に子供サービスが満載なので
家族連れがほとんどで、カップルでしっぽり、、、という方には
向かないホテルかなーと。

一応そういう人達用に、窓際に二人でしっぽり座れるテーブルも
ありましたが、ルーとか階段を登ってそちらにお邪魔しちゃったりして、
こういう子供のざわざわ感とかを考えたら、ラブラブカップルには向かないかな。

客層を見てても、家族連れか、じーちゃんばーちゃんグループが旅行に来た感じですね。
孫娘を見るように、ルーにしゃべりかけてきてくれるおばあちゃんとかいて、
そういう家庭っぽい雰囲気のホテルでした。

わいはルーや姪っ子が小さい内はこんな感じのホテルの方が
逆に良いので、ありがたかったです、おかんがここを選んでくれて。
多分妹も同じ気持ちだったはず。

booking.comで湯快リゾート ホテル 千畳(せんじょう)を予約する

苦い思い出といえば、ルーが六ヶ月ぐらいの時に里帰りした時、
おかんとルーとわい、3人で宮古島に行った事がありました。
(ブログにも上げてない。涙)

今思えば、よう行ったよなー!?と、家族内の黒歴史でネタになってますが、
当時は初の孫、ルーが出来て、おかんも子育ての感覚を全っく覚えてなかったんでしょうねー。

「ポンズに宮古島良かったから、見せてあげたかった。」という理由のみで
宮古島を選んでくれました。まーわいも見たかったし、ほな行こか、となったんですが、
結果、家族全員ガストロになって、大失敗に終わった、という
悲惨な旅になったのでした。(;・∀・)

ルーが機内でおぇーっとしたのが悪夢の始まり・・・。

そこからその日の晩のご飯の後、ガストロでトイレと一晩友達になり、
次の日もフラフラで観光なんてできるわけもなく、チェックアウト時間を超えても、
ホテルのありがたいご厚意で、飛行機の時間まで部屋に滞在できることになり、
出たものの、帰れるかな、と不安になりながらフラフラでようやく伊丹につく頃、
機内でおかんが次発症、という。

なんとか自宅に着いてわいは復活し、数日後、
おとんが仕事(その時はまだ働いていた)で、寒気してきて、
医務室行って帰ってきたわーー言うてからアウトー!!!笑

なんなん、それ・・・っていう。

確かに海もキレかったけど、わいはまだおっぱいあげてた時とかで、観光を
楽しめる余裕はなかったしで、本当今になって、もう一回リベンジで行きたい感じです。汗

しかも宮古島って大阪から沖縄経由でしか行けなくて、
結構遠い!!!!それも大失敗でした。なめてたわ。

こんな大失敗があって、今回の大成功旅に繋がりました。笑

でも次の日には台風の大接近で、早々と大阪への帰路に着く羽目になりました。

円月島もさっと見ただけでしたが、面白い島ねー。
ポツンーとあるのがまた面白い。

おかんがオススメしていた、崎の湯という海を見渡しながら入れる温泉、崎の湯。
めっちゃいいらしいから、また今度来たいね。

と話していたのですが、次の日の台風で、浴場施設が壊れてしまったというニュースで、
入っておけばよかった・・・とがっかりしました。

その後、とれとれ市場に寄って魚を買って帰りました。

こんな山盛りの新鮮な鯵が一盛り300円とかでした。安い!!!!

白浜は海に面しているだけあって、海鮮物がたくさんあって魅力的。

というか、今自分の中で和歌山アツです!!!
気候もいいし美味しいものたくさんだし、熊野古道とか、
自然いっぱいでほんまいいわー。

他にも関西圏の狙い目は滋賀!滋賀と和歌山!
美味しいものいっぱい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください