1ヶ月のお休みが終わって今週から職場に戻りました。
この日はコズレタスをもらえたので、帰って早速下処理開始。

その前にこのお休みの1ヶ月の間、何が一番面倒くさかったかって言ったら、
食材の買い出し。(;´∀`)

仕事をしている内は、西洋系の野菜はほぼこの職場の
B級品で賄えるか、職場で買ってきているので、わざわざ、
の買い出しが省けます。

でもスーのランチ用のパン等の買い出しは行かないといけないので、
スーパーに週末に一度、買い出しに行きますが、最近は便利になっていて、
スーパーでも数種類かの豆腐やアジア物が買えるので、
アジグロにも行かず。

で、わざわざ自分で行くといえば、アルディでほしいものが
出てきた時などで、去年末等は買い出しにはほぼ行かなくなったりしていました。

そうこうしている内に、久々に行った近所の八百屋の質が
がっくり落ちていて、こちらまでがっくりしていたところでした。

なので、また野菜たっぷりの暮らしに戻って、
ちょっとワクワクしていたのでした。

そんなんで、コズレタスの下処理もこんな感じで、
刻んで他の野菜と合わせておき、2日、3日ぐらいで
食べきります。

この日は赤&緑ピーマン、紫玉ねぎ、バジル、
コリアンダーを混ぜ合わせておきました。

その日の気分や献立よって、これにトマトや
チーズを添えて出したりします。これはサラダの作り置き、
みたいな感じです。

コズレタス=シーザーサラダのイメージがとても強い自分は、
コズレタスはクリーミーなドレッシングで食べたいと思う事が
多いので、クリーミードレッシングを作ってみました。


ヨーグルト(大匙3)、塩麹(大匙1)、マヨネーズ(大匙1)、
豆乳(大匙1)に、
擦り下ろしにんにく1/2個。

簡単な材料ですが、本当に美味しいドレッシングになるので、
やってみてください!

ただし、食べた瞬間から翌日まで、口中がもわもわガーリック臭になりますが、
サラダ、なんぼでも食べれる!勢いのクリーミードレッシングになります。

塩麹+ヨーグルト効果なのか、お腹の調子もいい感じで、
理想的な硬さの物が翌日出てきます。笑

ヨーグルトについてですが、うちはファーマーズユニオンの
グリークヨーグルト一辺倒
で、それ意外のヨーグルトは
薄くて食べられません。

ALDIのグリークヨーグルトもいい線行っているので、
このドレッシングを作るのであればグリークヨーグルトを使ってください!

ただし、食べた瞬間から翌日まで、口中がもわもわガーリック臭になりますが、
サラダ、なんぼでも食べれる!勢いのクリーミードレッシングになります。

塩麹+ヨーグルト効果なのか、お腹の調子もいい感じで、
理想的な硬さの物が翌日出てきます。笑

わいはにんにくも、皮を剥くのがめんどくさいので、
そのままマイクロプレインのこのチーズ用のグレーターで
上を少し落としてそのままゴリゴリやっちゃいます。笑

ズボラさんにはオススメ。全く気にならないし、
ホールフード感出ます。笑

こんな感じでサラダメインのご飯。

ルーがツナごはん食べたいというので、
さっと食べたい時はたまにやる、ツナごはん。笑
パッカーンと開けて、油をきって乗せてポン酢をたらっと。

美味しかったです。

スーはオージーあるあるの全混ぜにして食べてました。笑

翌日は、ステーキを焼いてトルティーヤと一緒に
タコス風にしましたよ。その時もこのドレッシングと、

ジャー入のトマトサルサを合わせて

そして妹にもらった、キャンプする人には大人気の
黒瀬のスパイスをかけて、食べました。

この黒瀬のスパイスは肉料理とかに本当バッリバリに合います
肉、魚なんでも使えて、ピリッと引き締まる感が出て、
うちでは欠かせないスパイスになりました。笑

クレイジーソルト的な味わいなのかな?と思ってましたが、
洋風感より、もう少しエスニック寄りで、
メキシカンにも合うし、でも本当何にでも合う感じで、
ダントツ一位でうちのお気に入りの黒瀬のスパイス。

そんな感じで二晩でペロッと仕込んだサラダも食べてしまったので、
大満足でした。

クリーミーガーリックドレッシングは本当美味しいので、
ぜひやってみてくださいね〜。

 

 

2 件のコメント

  • インスタで見て、このレシピ知りたいな…と密かに思ってたら!嬉しいです。
    今度作ってみます!私もこのヨーグルト好きです。

  • > みなさん
    あーよかったですー。適当なレシピですみません。
    でも失敗しないと思うし、このグリークヨーグルトお好きでしたら、
    オススメでーす!^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。