こんにちはー!

冬に逆戻りのメルボルンです!
初夏なのに最高気温が13度とかってあり得ます?!?!

家にいてダラダラしていたら寒いだけなので
思わずカレーをした後の鍋を洗うのが面倒&
部屋を暖かくするために
そのまんま水を足してカレー風味スープを仕込みました。

。(^_^;)


それでもまだ寒いがな。(TдT)


さて、

先日のブログに書きましたが、
去年今年のロックダウンで仕事で
足を酷使し、ワークブーツもかなりへたりました。

見てすぐおわかりの通り、左が古いもので
右が新しいものです。

ピ、、、、ピンクーーー?と思いましたが、
この色しかなかった。一応女性用ということなんでしょうか。
このステレオタイピングな感じ、すんげー嫌。

先代のレッドバックというブランドのワークブーツは
底が柔軟で履きやすくおまけにメイドインオーストラリアなので
めっちゃ好きだったんですけど、いつもワークブーツ界隈を
買っていたお店がシティから撤退してしまったようで
今回はバニングスでハードヤッカのものにしました。

ハードヤッカのこの靴はスティールキャップというもんで、
倉庫や建築現場で働く人にはマストアイテムとなっております。

スティールという名の如く、安全靴ということで
つま先部分は鋼で強化されております。

が、レッドバックと同じく靴底が厚く柔らかい感じだったので
この一足にしました。($120)


先代レッドバックのブーツ、見てください。
右足だけすんごい減るのが早いんです、わい。

この靴も限界に近づいてきたなーとまじまじと
観察してみたら左足もなんかすり減ってきてるやないか。

これは身体が絶対歪んでるな、という驚きを隠せませんでした。

性懲りもなく

久々に会った友達に「右足だけ靴交換してくれる人
おらんかなーそんなサイトとかあったら絶対登録するわ!
ほなら靴ほかさんでええやん???」とキラキラした目で言うたら
しらーっとした目で

「アホか。足医者行ってインソール作ってもらい。」と一掃されました。笑

「インソール?!それって足医者行ったら作ってくれるん?」

ということで早速この新調したワークブーツに入れようと思って
手っ取り早く近所の足の専門医を予約しました。


実際の診察

まずはコンサルでわいが行ったところは初診40分でした。

どんなことを治したいか、初診でもあったので
問診票に

右の靴の外側の減りが早いのが気になるのでインソール希望、
右足小指下に出来たタコを取りたい

このメインの2つを書きました。

診察してくれた人は、50半ばぐらいの見ただけで
なんかすごく均等の取れた柔和なおじさんという印象で
話してすぐに安心できました。

と、いうのもそこはスポーツでできた怪我なども面倒を見る
クリニックでもあるので金髪の筋肉バリバリの、
「ハイ!マイト!」的な兄ちゃん出てきたら
どうしようーと正直不安でした。笑

「何が治したい?」と聞かれて上記2つを話したら、
靴を履いた状態と、裸足の状態の歩き方、立ち方の違いを
色々観察されました。

途中、骨盤や肩周りもどんな動きをしているか、
服の上から確認されました。

その後、診察台に登って腹面、背面から見た両方の
足のコンディションも見てもらって、背面になった時に
右足のタコをとってもらって、かかともちょっとカサカサに
なってた部分も研磨ドリルみたいなものでものの2分ほどで
きれいになりました!(嬉!もちろん全然痛みなんてない)

診断結果

そして気になる診断結果ですが、

産後の骨盤の傾き、
身体全体筋肉の柔らかさ、仕事上立ってばっかり、ということで
前腿の筋力が弱く、ふくらはぎが硬くて柔軟さを失って、
右足が少し短くなってしまったことによって右踵から
力を入れて歩いているような感じだそうです。

右足短いんかぃ!!!と驚きました。

と、いうことで

https://twitter.com/ponzu_moloten/status/1458624309371408384

インソールを作るのは高いので、まずはこの底上げから
やってみよう。ということで右側の靴に4mmの上げ底を
いれてもらいました。

普段履いている靴に入れてもらって、
仕事用のブーツにというのが本望なんだけど、
というと、2つくれました。^^

とりあえずは一週間かけてじわじわと慣らしていくのが
望ましいようです。

今日は朝始業時5時半から9時のモーニングティブレイクまで
3時間半ほどつけて、休憩が終わって外しました。

来週だと5時間ぐらいだとつけて仕事していられるかな。

昨日は少し底上げされた自分の靴で少しだけ
近所を1ブロック歩いたりしましたが、
膝の感覚が既に違ってちょっと驚き。

わいの場合、4mmだけですがこれで骨盤にもじわじわと
影響して姿勢とか変わってきたりして、不調が治ったりしたら
めちゃくちゃ嬉しいなー。

これから靴を買う人、立ち仕事が多い人に

それと先生曰く、

「スリップオン(スリッポン)でシューレース
調整しないで履いてるでしょ?靴のシューレースはちゃんと
甲をサポートするために、ちゃんと結んだ方がいいよ。
ゆるいままだと意識はしていないけど、足が靴を掴む感じで
歩いちゃうことになるから、趾使えなくなるよ。」

(と右足の方をきっちり結んでくれて)

「これで歩いてみて。」と言われて歩いてみると、
お!!本当!歩きやすい!

と今までそのまんま履いてた自分を反省。

おまけに、立ち仕事中はふくらはぎを10秒でもいいから、
ストレッチすると今後が全然違う
。とアドバイスされました。

仕事中のストレッチ大事なのですね。

ちなみに建築現場や倉庫で働く場合に安全靴を買う場合
わいみたいなサイドゴア、スリッポンタイプではなくて、(TдT)
横にジップがついて、シューレースでしっかりと調整できるものが良い。
アドバイスをもらいました。

・・・。やっぱりトレーディの人達が履いてるやつなのですね。
靴買う前にこればよかったーーーーーと思った時にはすでに遅し。(TдT)

なので!!!

近々もし買う必要がある人がいるなら、
もし足を労りたいなら、そういう横にジップ&シューレースの
安全靴が足にはオススメ
だそうです。


気になるお値段

今回、私の行った足医者は40分のコンサル、タコ取りなどの施術、
筋力運動とストレッチの指導と底上げパット2つ込で$85でした。


100以上は行くのかなーと思っていただけに
意外に安めな値段で驚きでした。

ここ数年は家族でプライベート保険に入っているので
今まで足医者に行ってなかった事が悔やまれました。
もっと早く行っておけばよかった。という結論です。

そして、プライベート保険がない方でも

問診票には、どうやって来たのか、という欄に

✅ GPからの紹介
✅ ワークカバー

という項目が記載されてあったので
プライベート保険がない人はGPに何かしら
足界隈で困っている理由を告げて、リファーラル(紹介状)を
書いてもらうといいと思います。

行ってみたいポダイアトリストがいるのであれば
リクエストもできるはずですし、分からなかったら
かかりつけの足医者を知っているはずです。

オーストラリアにはこのポダイアトリスト、
足の専門医がメジャーな位置づけなのか至るところに
クリニックが結構いろんなところにあるので、
足から健康を育てるのもいいのではないでしょうか。

特に、わいみたいに立ち仕事、とか40代過ぎて後はもう筋力、
骨密度などすべて下がる一方。な現実を抱えている方は
足元からの健康を今一度考えてみるのも、大事ではないでしょうか。^^

ちなみにインソールは高いから。て言うてはったけど、高いてどんな?と
思ってたら、ツイッターで子供さんがインソールを作る必要がある方がいて
$500と教えてくださいました。子供さんなので靴のサイズが変わるたび・・・
子供時代だと大変!

ひょえー!そら高い!!!

他にも「いきなりインソール作ろう。というような
ポダイアトリストだったので、ポンズさんのはとても良心的で
いい先生でよかったですね。」とアドバイスをくれた方もいらっしゃいました。

わいは今回インソールを作るまでには至りませんでしたが、
インソールを、、、と匂わされたら、値段の確認作業は必須だと思います!
お気をつけて。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください