ボクシング・デーに来てくれた家族は今朝、
日本に帰っていきました。

昨夜見た夕焼けは久々にとてもキレイで
おかんと少し家の角まで見に行ったほどでした。

今朝は4時からルーと二人号泣で、一寝した後の今もルーは急に何か
堰を切ったように泣き出したりして、わいと共に情緒不安定。w
自分達が日本から帰る時はもっとケロッと帰れるのに、不思議。
残される方が精神的にキツイです。

ルーはこの2週間毎日のように4歳と10ヶ月の従姉妹達と家で遊べる日々が
本当に楽しかったんだと思います。一人っ子はこういう時、
「ルーはもう遊べる人がおらんーーー。」と言われると
親としてはちょっと心痛いです。

他にも個性豊かな4歳の姪っ子に刺激を受けたのか、
今までは見せたことのないような感情表現が出てきたりして、
(今朝のエグエグ泣きもそう)
彼女もいい刺激を受けたんだろうなー。
子供の吸収力は見てて面白かった。

わいがまさに妹と6歳離れていて、6歳の時に
妹が出てきたので、ルーも従兄弟に関しては
同じ感覚なんだろうなーと思うと感慨深かったです。

6歳、4歳、10ヶ月のいとこ同士のドタバタ劇が
これからが楽しみです。じじばばも健在な時に、
みんなでいとこ同士、たくさん会わせてあげないとなー。

写真:Qantas より

10ヶ月の甥っ子がいたので、毎日バッタバタで、
他に友達も交えて遊べたらなーなんて淡い期待もしてましたが、
壊滅的に無理でした。w

もう、こればかりはしゃーないですね。
ルーの1歳辺りの頃を思い出しました。^^

高速ハイハイ+後追い&何でも食べの始まった甥っ子と共に、
遠いところから来てくれた妹には、感謝でしかありません。
みんなしんどかったけど、いい思い出になりました。

家が静まり返ってしまって、寂しさしかない。の一言ですが、
今、二度寝から起きてご飯食べながら自分のルーティーンに戻ったら、
次の日本行きまでまた頑張ろう!と精神的には十二分に満たされたようで、
また頑張って暮らしていきます!

自分の家族がいる華僑系の人達なんかを見ると、
羨ましくも思いますが、こればかりは自分の選んだ道なので、
毎日一つずつ、自分のできることを積み重ねて行こうと思います。

またブログもぼちぼち再開していきます。
よろしくどうぞー。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。