2008年に作っていたアジの一夜干し

干物が大好きなので日本に帰ったらまず食べるのが、アジの開き。

そして鯖、きずし(鯖寿司)、出かけるとホッケとか、とにかくそういう光り物系のおかずでご飯を食べるのが昔から好きなので、ここに引っ越してきた当初は、いいアジを見つけると買ってきて開いて作ってました。

わい的にはこれとご飯、味噌汁、青菜の炊いたんか、おひたしがあれば、十分なんですが、スーがそういった光り物干物を得意とするわけではないので、
だんだんと自分だけに作るのが面倒くさくなって、作らなくなってしまいました。

2008年

2008年当時はこんな感じで干物の網はこちらに売っていなかったので、わざわざ日本のホムセンに行って買って、スーツケースに入れて持って帰ってきましたが、アジア人は考えることが同じなのか、ここ数年はサイズも色々なサイズがフッツクレイで買えたりするようになりました。(多分ボックスヒルや、スプリングベールにもあるはず)

そして、韓国、日本食材店に行った時に冷凍鯖買ってきたりしていました。
鯖の塩漬けとマッコリを買ってきた日は、わくわくしながら庭でコンロを出して、もくもく煙を出しながら鯖を焼きました。w

そしたらなんとルーも鯖の塩焼きが好きみたいで、鯖の塩焼きを「甘くて美味しい!」なんて言いながら食べてたので、一緒に美味しいものを味わえる人が家族内にできて、ダブルで嬉しいものでした!!!

噂ではジャマイカでも塩漬けにされた鯖を食す食文化があるみたいで、意外にそういうところに行ったら、もっと安く手軽に買えたりするんじゃないか?と睨んでいるのですが、逆にメルボルンでジャマイカ食材店てどこにあるねん?状態で、妄想だけに終わっています。

それか近辺のハイチとかその辺の食文化もチェックしてみるといいのかな?

Scottish Kippers (スコティッシュ キッパーズ)

で、インスタとツイッターで仲良くしていただいている、@mina711さんが、「旦那さんとたまにこのキッパーズを食べてるけど、美味しいですよ!スーパーのwだと、デリ近くの冷凍コーナーにあります。」と聞いていて、昨日やっと試しました。

実は密かに何回か冷凍庫を見てチェックしていたんです。
でも意外に1枚のキッパーが$6.80するので、なんか高い!?と思ったりしつつ、なんか踏み出せずに横目で通り過ぎてました。

が、この間オンラインピックアップでは買えるのか?と見てみたら、ありました。しかもなぜかオンラインだとあまり罪悪感がなく買える。w

・・・というか、多分食べる事ぐらいしか楽しみのなくなった今だから余計にポチッとできたんかもしれません。(上の時はまだステージ3で家族で買い物とか出掛けられた時だったので)

箱を開けて見てみたら結構グロい!!
見た瞬間、フナ?!?!?!?とドキドキしました。

箱を見てみると、ヘリング(ニシン)、塩、カラー。カラーてなんやねん。
このオレンジか。いる?とかも思いましたが、スモーク感を出すために着色が必要なんでしょうか。。。ふむ。

でも、結構シンプルな感じで添加物そこまでなくて少しホッとしました。
料理の仕方はグリルをするか、電子レンジで。とあります!

おぉー!電子レンジとはさすが!!!!お国柄というか、冷凍魚を電子レンジで調理するという考えがあまりなかったので、新鮮で早速簡単な電子レンジにしました。

半冷凍状態みたいな感じで、解凍するのに2分ぐらいかかって、その後5分ほど電子レンジでチンしました。

ちょっと最後の方爆発したっぽい。身がチリチリバラバラってるでしょう?w

焼いてから気づいたんだけど、開いた上に、その身をまた背中から開いているので、実が4枚ある状態になって意外に食べやすく切られていて、この発想はなかったな、と驚きました。

で肝心の実食!!

今日はこのキッパーズがあるから、と朝から玄米を浸水させて、黒米、アマランスと混ぜたご飯に、先日の誕生日で出前を取った時の残りを乗せて、サラダ丼風にしました。

見た目はグロかったですが、(多分鱗の感じだよね)アジはニシンだけあって、
脂が乗っていて塩サバに引けを取らないぐらい美味しかった!!!!

個人的には、ニシンそばとかに載ってる甘辛いニシンは嫌いなのですが、これはうまい!!!!しかも結構塩っぱいので、ご飯がグイグイ進んで困ります。
これにビールで乾杯したのですが、ちょっと居酒屋でホッケ食べてる感に浸れて、キッパーズはありだな〜〜〜〜と思いました。

しかし鯖と比べて、小骨がとても多い!!!!!
ルーも甘くて美味しい!(また!)と脂の味を堪能しているようだったので、
半身ぐらいは食べたのですが、途中骨がひっかかってえずいていたので、汗
骨をしっかりとるのは結構面倒だけど、尾っぽの方面は結構骨が少なくて、そこを重点的に食べさせました。

鱗も最初グロ!!と思っていたけど、食べたら鮭の皮と同じ感じで脂が乗っていて美味しい!スーも「ちょろっとだけ味見はしとく。」というので、骨をとってあげたら、「見た目より意外に美味しい。」と言っていたので、意外でした。

しかも最初$6.80で高い?と思っていたけど、1/4ほどの身が残ったので、翌日もう一回楽しめる分量と思ったら、高くないか。と割り切ることにしました。

そう、要するに、見た目は少しグロめですが、鯵の開きとか恋しいんじゃーわしはーーーーーという人には、スコティッシュキッパーズオススメします!
わいは多分一ヶ月に一回ぐらいは食べたくなると思うなー。w

評価 :4.5/5。

個人的には冷凍物があるんだったら、キッパーズ5枚入りぐらいの袋が買いたいなーと思います。w

意外にキッパーズてスコットランドからの輸入物しか売ってなさそうなので、ビジネスやったらニッチでいいんじゃないか?と思いました。干し魚食べる国て日本以外にもめちゃくちゃあるし。移民度の濃いメルボルンならめっちゃいけそう!

ニシンはメルボルンだと手に入らなさそうなので、違う光り物で。。。ふむ。。。塩麹つけたりとかしてさ。w 魚の開きをやるといいのになー。。。

漁村に引っ越して自分が干物ビジネス始めようか、とか思ってしまうね。笑
って、また家で作れよ。ですね。ルーも干物好きだということが分かったし、また作り始めようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。