今日はなんだか不思議な日で、人に始まって、
人に終わった日でした。

ミャンマー旅行用に米ドルの手配をしようかな、と思い始め、
いや、周りで旅行に行って余ってる人いたら円か豪ドルで両替してくれないか、と
FBで聞いたら、何人かが反応してくれ、聞いてみてあげる!とオファーしてくれた人もいて、
ありがたいなーと朝をスタートしました。

そしてチャリで日本を横断している同僚が昨日、
無事に大阪に着いて実家に泊まって、ホームスティ体験。

自分のおとんとおかんと一緒にいない、わいがこちらで、
同僚のあなたがそこにいて、となんだかとても不思議な気分。
今日はおとんの綾部の農場の竹やぶの整理を手伝ってくれてるみたい。
ウーファー大成功かな?!

「でもポンズのご両親、何から何までホスピタブルで楽しいからいい思い出になった。日本楽しいよ!」
その同僚と電話でそう話して、うんうん。よかったよかった。

と心春色だったら、一方のSNSの(ネット)地下社会では、
わいの興味や趣味なんかを一切知らないのに、一面だけを切り取って、
その部分のみを見た茶化されたコメントが残っていて、
(見えてるんやけど。スルーしない人もいるんだね。)

色々な人がいるんやな。・・・人って・・・・。と思って、
一気にローラーコースターのトンネルくぐったように気分モヤモヤ色に。

軽い、うぇーい系のコメントだったんだろうけどね。
言われた本人はそんな嬉しい気持ちはしないもんな。やっぱり。
書けば長くなるけど、夫もそうなんだけど(ステレオタイプはいかんが)
大概の男性は周りからじわじわ、あーこの人ってこういうの好きなんだろうなーとかの
含んだ見方をせずに、結論。終わり!っていう話し方する人が多い。

んで、いやーだからーさー。って言うと、
ん?なんか悪い事言った???的に、どこがおかしいの?っていう。
あーそうね、そうね。この辺はもう一生平行線でわかりあえないね。って
もう最近は子を持って、自分の個性を押し殺すスキルのような、
そういう達観した目で見られるようになってきたかも。
特に夫との会話。笑


そんな感じでモヤモヤしていると(ん?間違い電話か??)と友人からの電話。
(自分の名前がAなので間違って押されてしまうことよくある)
恐る恐る出てみると、間違いではなく、笑
「あのさー、娘の日本語の事で話がしたいんだけど。」とのこと。

ほぉー。オッケー!

40分ぐらい色々最近どうよーとか話したら
「いやーぽんちゃんに話してすっきり&ちょっと安心した!あまり話せる人が
周りにいなかったから。」と言われて、そう言ってもらえて良かった。と
思いつつ娘を迎えに行きました。

帰り道、ルーが久々に春っぽい陽気に誘われたのか、
久々に公園に行きたい!と言い出したので、
公園に繰り出すと5分ほどして顔なじみの同じクラスの男子がやってきました。

男子のお母さんとは顔を見合わせてはじめまして。とご挨拶。

ベトナム系一家で、男子をこちらで生んでからその後すぐに
ベトナムに一度帰って、2年前にまたこちらに戻ってきたとのことで、
男子の英語の上達さをとても危惧されている様子でした。

話を聞いていると、旦那さんが午後から夜遅くまでのシフトの
仕事をされているみたいで、毎晩息子さんと二人での夕飯、
車に乗れないから全て歩きで一人で買い出し行って、ご飯作って、
息子を歩きで迎えに行って、また徒歩で帰って、、、を日々やっていて、

「ベトナムにいたときは幸せだったのになー。メルボルンでは孤独に感じる、とても。」と。

でもメルボルンにはベトナム語話す人多いから、
友達もすぐできそうじゃない?というと、いやー「何故かこちらで
友達作るの難しいよー。」と話していて、自分もメルボルンに来たとき、
孤独になってた時もあったなーとしみじみしてしまいました。

ロンリー(孤独)だ。って言葉聞くと、心痛い。

自分も移民でやってきて、0から貧乏スタートしたので、気持ちが
めちゃくちゃよう分かる。

同じ言語は話せないけど、孤独で寂しい、という思いは
いつか乗り切れるといいな、このお母さんとも同じ
コミュニティとして一緒に、色々これから繋がっていけたらいいな、と思います。

「私の英語、、、だめだから。」と言っていたけど、
「いやいや、今こうしてわいと話してるし。」と伝え、
とりあえず今、二週間おきに行っているルーの学校の本の交換ボランティアに
「大丈夫わいもいるから!息子さんの勉強風景も見られるよ?一緒にやろう。」と誘ってみました。

「私もあなたと似てる!私もニャチャン(ベトナムの海辺の街)が好きだから!」
とにっこり笑ってバイバイした男子のお母さん。

ちょっとでもこうしてこのお母さんと共通項ができたという意味では、
本当ニャチャンに行っててよかったよなー、と17年後に、
ベトナム旅行の恩恵を受けました。笑

なんか地下社会で、んーーー。。。。って思う事あっても、
それは実際に起こっている事なんだけど、その空間は仮想空間でもあって、
見えなくても、見えてても、そう大差ないのかもしれないね。

現実の方に目を向けると、何かしらみんな、何かそれぞれに
思うことあって、孤独と戦っているわけです。それが事実。
リアル。現実。

心が春色からドブ色になったところで、また今日のわいみたいに
最後は春色に持っていってくれる、何か目に見えない力が働くことも
あるんだと思う。

なので、人生楽ありゃ苦もあるさーーーのアップ&ダウンなんだな、きっと。

人生をリア充(リアル充実、現実で充実している)にしていく大切さ、
わいの事を知らない人がわいの事をどう思おうと、言おうと、
今目の前にいる人達の方が現実で、その人達と共にどう過ごしていく事が、
今、わいのフォーカスさせるべき事であり、でもまーこうして考えると、
オーストラリアでも深刻なネット社会のいじめとかの、そういう心構えを学ばせていただき、
こう気づかせてくれたという事では、うぇーい系のコメントにも感謝ですな。

人との関わりがすごい多い一日で心の抑揚がすごい一日だった!
明日も頑張ろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください