雷ショーもいいけど、サイエンスワークスに行ったら必見の価値あり。パンピングステーション

少し前になりますが、メンバーシップが切れる前に、
今年になって新しくできたライトニング ルーム という
雷について学べるショーを見に行っておこう!ということで、
サイエンスワークスに行った日がありました。

今年はミュージアムメンバーになってみた。

ライトニングルームとは?

元々は2004年にできたものらしいですが、
一時期はそういうのがあったのか、なかったのか、
全く謎でしたが、結論から言うと行ってよかったです!

すごい迫力!実際に稲妻をビリビリ、テスラコードで
バリバリ出してくれるので、すごいです。

音が大きいので、推奨年齢は6歳以上、赤ちゃん連れの人たちは
イアマフ(耳あて)みたいなのを赤ちゃんにつけていたほど。
音がめっちゃうるさいるので、それが大丈夫な人のみおすすめします。

土曜日は12時、2時の二回のショーがあって、
日曜は12時、2時、3時と三回あって特に12時のショーは
人気のようなので、前もって電話かネットで予約しておいた方が良いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

その際、クレジットカードチャージが取られるので、それが鬱陶しいけど、
しゃーないね・・・。涙 (電話でもネットでも同じ)
政府経営なんだから、その辺もう少し優しくしてほしいです。

ミュージアムメンバーでもライトニングルームは別途料金がかかります。
うちはこの際だから、ということでプラネタリウム、
犬が月に行くやつも一緒にまとめて見ました。笑

このライトニングルームとプラネタリウムと一緒にすると、
少し割引が効いたから、という理由でもあります。せっこー。(;・∀・)

 

パンピングステーション

で、そんな感じで本館を楽しんだ後は後ろにある、
パンピングステーションに行ってみましょう。

こんな素敵なアナログライトがある場所ですよ。
ウェアハウスとかスチームパンク好きな方は絶対行くべし!!!

本館の後にこっそーーーーーーーりと、それでいて、
でーんと重鎮されている影のボスのビルがそれです。

ゴールドラッシュの影響で、一気にパリやニューヨークと同じぐらいの
知名度までになったメルボルン。スメルボーンとまでメディアで
言われるほど、街の下水処理はひどいものだったようです。

人口増加にも伴い、1890年代にメルボルンの重要なインフラとして、
スメルボーンの汚名返上!!!!ということで、下水道工事が計画されました。
1894年に工事が行われ2年後に完成したのが、
このパンピングステーションです。

要は下水を組み上げるシステムですね。

1890年台ですから、120年ほどの年期を見てみてください♡この機械感♡
しっかり作られたメタル感が萌えーーーです。

プラッチックなんてありゃーしまへん。
素晴らしい!!!!!!

最近、すぐプラッチック性のパーツだけ割れるーということが
よくあるんですが、この時代にそんな事は全くなく、
全てしっかり治し直され、使い続けてきたんでしょうね。

ちゃんと、おじさんが油さしたり手入れしにきてはりました。

この行った日は風向きが悪い+近隣で工事が行われていたため、
ちょっと匂いました・・・。(;・∀・) 結構やばかったす。

ま、そりゃ、階段の下を見れば地下何メートルか、、、という感じで
ずーっと下水道に続いています。匂いもそりゃー上がってくるわな。
スメルボーンここに。汗

でもこういう建物や機械が残ってるのは、ただただすごいです。

隣の別室では石炭を保管し、それでボイラーを回して、
この機械を動かしていたんだなーという仕組みが分かる部屋になっています。

ボイラーがとにかくめっちゃでかい鉄の塊なので、見てみてください。
暗〜い中に見えるボイラーちょっと怖い感じもしますが、
圧巻です!

昔ならではのゲージやら、裸電球などもいたるところにあって、
そういうのが好きな人にはむふむふですね。

ウェレビーにある、浄水処理場までが下水の運命ですが、
そこまでの様子を移したビデオなんかもあるので、
80’s感全開ですが、そちらも見てみてください。

トイレ流すとこから始まって〜〜〜〜と楽しめますよ。

最近はこのウェレビーで浄水処理された水を近隣の農場で使えないのか、という
動きが高まっているようで、その辺のサステイナビリティも今後も注目です。

この近くにブルックリン(メルボルンのね、笑)という場所があって、
高速道路入り口の横にポツーンと、下水処理場の中継地点みたいなところがあるんですが、
そこは昔、入れ歯や、ジュエリーを拾いに来る輩達もたくさんいたそうですよ。

やっぱり、あーーーーっ!!!って流してしまって、
行き着いた先というのはあるんでしょうね。
お宝集めだなーー。笑

ツアーもやっているようなので、興味ある方は参加してみるのもいいかもしれないですね。
HP見てみてもちょっと時間が出てこなかったので、
入り口で効いてみてください。ツアーあるよ、的な看板は出てました。

そして家は、サイエンスワークスに行く時は必ず寄るベーカリーがあります。

スポッツウッドの駅にも近いキャンディードベーカリーです。
メルボルンでは結構有名なベーカリーで、何回かベストベーカリー的な
ショーも取ったことあると聞きました。

ドーナッツが有名ですが、店内はコミコミだったので、
この日は温かったので、外席でランチをしました。

ルーはホットドッグ食べたい。というのでそれを。
わいとスーはパイとソーセージロールを。(写真はなぜかない。涙)

久々にこの日行ったら、ジャンクだけど、
しっかりちゃんと作られてる系ジャンク、笑
そんなメニューが一杯増えていました。

コーヒーもドリンク、ミルクシェイク飲んでた子もいたかも。
そんな感じでファミリーの集うおすすめベーカリーです!

サイエンスワークス行く時はお弁当も持っていけますし、
カフェテリア的なエリアもありますが、一度出て、ここで食べて、
また戻ってくる、という手もあります!
(一応、歩いて10分的な感じです。)

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください