いよいよミャンマー旅行が迫ってきました。

実際のところ、ミャンマーなのか、バーマ(英語発音)なのか、
一体全体・・・とスーとわいに文化的なのか何なのか、言葉のズレもありつつ、
ロヒンギャ問題等、どうなんだろうか・・・と考える事も多かったりもしましたが、
・・・暗い部分はどこの国にある、実際に行ってみて家族で楽しもう!と
思えるようになってきました。

まずは、大衆食堂的なビルマ料理のお店を見かけていたので、
挑戦してみました!!!

ビルマ料理初体験!

じゃじゃん!!!
こんなんです。

下から、シャンカオスエと呼ばれるタイ風?な米麺。
なんだろう、このコク・・・と思いつつ、
なんかスープがだんだん濁ってくるな、と思っていたら、
後で調べてみたら、ピーナッツを練ったものが入っていたようです。

あーそのコクね。

その大量のご飯と伴に出てきたのが、豚のヒン(カレー)、
油戻し煮と呼ばれる調理法で、素材の味を最大限に活かすために、
水等を加えず、素材だけの水分と油で煮る調理法なんですね。ほぉー。

いうたら、コンフィみたいなもんか!!!

だからか、豚肉もしっとーり、柔らかく煮込まれていました。

で、わいが一番気になった、ラペットゥと呼ばれる発酵茶葉のサラダ。
発酵食品がメルボルンでも大人気ですが、さすがアジアの国、
発酵食品なんて昔っから食べとるわい。な貫禄さえ感じます。w

お茶請けに出てくる一品らしいです。
しかも蓋が開いてみたら、実はミャンマーって、サラダ天国らしい!!!!

こ・・・これは・・・とちょっとakilovessaladのわいとしては、
サラダをめちゃくちゃ食べまくろうと思ってます。

このラペットゥ、なかなかバランスの良い辛さです。
揚げたナッツと色々和えるサラダみたいですね。
とにかくこれはビールのつまみに、めちゃくちゃ美味しいはず!!

エスニック/アジア料理好きな人には
絶対オススメ。ハマること間違いないですね。

小泉武夫のミラクル食文化論 / 小泉武夫 【本】

発酵食品研究の第一人者だよ、読んでみて!!!
絶対好きだと思う!」と友達に勧められて読んだ本にも、
ミャンマーについて、意外に色んな食品の事が載ってありました。

これ、めっちゃ面白かった。
特にわいが好きな東南アジアの食文化とか、酒やどぶろくの歴史とかの
事がわかりやすく書かれてあって、ジパング、、、昔はシルクロードで
繋がってたんよねーーーとロマンを感じます。本当っ。

そしてミャンマーのシャン州には納豆みたいなものがあって、
ボール一杯いくら、とかで売ってくれるみたいです。

ルーが納豆好きなので、一緒に市場にあったら見てみて、
食べられそうな感じなら買ってみようかな。w

で、ネットでミャンマーのサラダ料理を調べている間に、
三度豆のサラダや、トマトのサラダ、ひよこ豆で作る豆腐の事が
載ってあって、もう、やっばい!!!!と妄想が止まりませんでした。

三度豆/いんげんを今までこんなふうにぶつ切りにした事がなかったんですが、
こういう感じのぶつ切り三度豆のサラダもあるみたいで、これも揚げナッツと和えたり
しているみたいで、自分の中にない組み合わせをミャンマーのサラダ達は持っていそうです。

これは残っていた茹でたいんげんをぶつ切りにして、トマトと、
フライドオニオン、ローストした豚の薄切りをすし酢で混ぜてみました。
美味しかった。このぶつ切り三度豆も結構意外にいけますね。彩りもいいし。

これは、ちょっと破産気味になっても、ぜひともにローカルのサラダの味を
マスターしてこようと思ってます。自分のサラダ武者修行になりそうです。

ビールがマンダレーという第二の都市で、
500ml150円ほど、という、ビール好きにはたまらない値段なので、
暑い気候の中のビールで乾杯〜が楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。