フライパンでOK!ビタミンCたっぷりの柿の葉茶は手軽に自宅で手作りしよう!

もろてん。を読んでくださる方は知ってる人も多いかもしれないですが、
内臓を休める目的で断食をする時にも飲めるお茶、ということで
知られているのがこの柿の葉茶です。

特に大阪、関西圏だったので柿の葉寿司はよく食べていて、
柿の葉に望郷の念もある、というか、わいにとって
とても身近なもので、日本でもよく飲んでいたので、
柿の葉茶作りは、毎年秋の恒例行事になっています。

ノンカフェインでありながら、緑茶の20倍以上の
ビタミンCを含むということでは、まさに
暦と共に生きる食べ方(最近わいのお気に入り単語)で
理にかなっているのではないでしょうか。

柿の葉茶 3g×40包【柿の葉茶/柿の葉茶 無農薬/

日本で人気のがばい農園の無農薬の柿の葉茶
冬、といえば(すみません、南半球なもので)風邪。
風邪の予防法ということでビタミンCが豊富な
柿が出回るのはそういう事だとしか考えられません。

柿の木が庭にある人に毎年頼んで、もらったりして、
春頃までに使い切る感じで柿の葉茶を作ります。
わいの知り合いの人は殺虫剤嫌いな人が多いので、
大抵がオーガニックです!利用しない手はない!

みんな「葉っぱなんて何すんの?」と不思議がられますが、
事情を説明すると、「へー!知らなかった!凄いね!日本の知恵!」と
驚かれ、実際に柿の葉茶を淹れてあげると「香ばしい!」と
とても喜んでもらえます。

作り方は超簡単。

ずぼらなわいは、葉っぱを常温で置いておくだけ。笑

メルボルンは乾燥しているので、それが出来るんでしょうか?
もうちょっと湿気のある地域だと、干物の網とかに入れて、
外に干した方が良いのかもしれません。

そして渇いてきたなー、パリパリしてきたなーと思ったら、
それをフライパンで炒るだけです。

炒ったもんを手で粉砕して、ザッツイット!!!!
超簡単!

それだけで、どこか懐かしい、ほっとするお茶が
出来るなんていいと思いません?

黒豆なんかも炒って、ブレンドすればそれだけで、
立派なブレンド茶が出来ますよ。コーヒー豆のブレンドをするのが
流行っているメルボルンだけど、あえてお茶のブレンドを
推したいです!!!笑

わいは数年前、ハブ茶や大麦(どれも炒ったもの)と
ブレンドしたりして健康茶みたいなのにハマってた時期がありました。w
冬はこういうのを飲んでほっこりいいもんですよ。

 

ちなみに柿の木持ってる知り合いいねーー。の場合、
野良果樹をメルボルンで探したい場合は、
あまり動きがないみたいですが、
このFeral Fruit Melbourneが便利ですよ。

友達はこの地図を使って、プロ並みに食べる分だけ
まるで、買い物に出かけるように採ってきていました。笑

Facebookのページもあるみたいなので、そちらがまだ少しだけ
動きがあるようなので、そちらを見てみるのも
いいのかもしれませんね。

Feral fruit Melbourne – Facebook ページ

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください