先月、キャンプに行った時に友達が「顔シュッシュいる?
乾燥してない?」と出してきてくれたのが、
このローズウォーターでした。

我が家&この友達の場合、ブッシュ(森)キャンプ派なのでシャワーは
シビライゼーションの街に帰ってきてすることの楽しみ。に
取ってあります。笑

パーフェクトポーション PERFECT POTION ローズウォーター 100ml 

この時ほどシャワーに入れる環境に住めて、屋根があって、
ふわふわの布団とベッドがある事に感謝できる日はないです。笑

そんな埃っぽい森の中でこのローズウォーターの爽やかさには
うっとりして、snowのフィルターで出てくるような、
バラの花が周りにふわふわぽっぽと出てきた感ありありでした♥笑
それが強烈に印象に残ったので、うちも試してみることにしました。

ここ一年で急に肌質が変わってしまって、変えざるを得なかった基礎化粧品

2019年3月6日

アラフォー過ぎて肌がますます敏感になってきたこの頃だったけど、
ローズウォーターはセーフでした。

他にも「ルーもやりたい!」とわいが化粧水等を塗ってると、
必ずやってくるルーにも使え、いつものDプログラムほどではないけど、
ルーと一緒に使えるのがいいです。

「はぁーいい匂い。」とこんな年からやっぱり
女子はいい香りのもの好きなんですかね。^^

資生堂 dプログラムバイタルアクト ローション W2こくのあるしっとり(つけかえ用レフィル)


しかし、スプレーノズルを3ドルか2ドルほど、
別料金出して買わないといけません。

(家にあったかなー?)とか思いつつ、尺な気がして、
(本来ノズルだけなら60cとかそんなんーえ?せこい?笑)
ボトルだけを買いました。

現在、時代の流れに伴いプラスチックフリー化を目指しているようで、
特にローズウォーターは昔から、ガラスのボトルだったらしく、
旅行や持ち運びにガラスだと不便なので、どちみち旅行の携帯スプレーボトルに
入れるだろうし、ノズルはそれだったらいらないかなと思いました。

日本でも人気のパーフェクトポーション は、現在メルボルンに三店舗。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

利用しやすい場所にあるのが便利でたまにふらっと、
電車待ち時間の時に寄れるのがメルボルンセントラルのGレベルにあるところ。

ここでは以前日本に住んでたし、日本に留学してました。という
ショップ店員さんがいたりしてかなりフレンドリー。

こちらのリトルコリンズストリートも、こじんまりとしたお店で
アットホームな感じがします。若干店内が狭いので、
ベビーカーとか子連れの方には、メルボルンセントラルの方をおすすめ!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

去年作ったら人気で最近リバイバルしたらしい、日本のお寺等をイメージして
作られたヒバブレンドのアロマオイルがあったので、
すごくそそられました。

めっちゃいい香りで、やっぱり気になるので今度買いに行こうと
心に決めてます。笑

後は若者の街フィッツロイのブランズウィックstにあって、
ここも近所の人には利用しやすいですね。

パーフェクトポーションは元々ブリスベン発祥のコスメブランドで、
キャンプの際に薦めてくれた元ブリスベン出身の友達が言うには、
エリザベスアーケードの中にぽつねんとあったお店が始まりなのだそうで、
高校生の頃からよく買いに行っていたそうです。

最近知り合った方もパーフェクトポーションで仕事されていたりして、
なんやかんやと自然派好きにはご縁のあるコスメブランドでもあります。

企業理念がしっかりしていて、オーストラリアらしくて、
ぶれない感じが好きです。

豪ドルが今(2019年5月現在)vs日本円だと
めちゃくちゃ良いレート($1/80円とか)なので、
旅行に来た際は現在日本よりお得に買えると思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

ふと思ったけど、こういう時って日本発行のクレカをまだ持ってる人だと、
かなり買い物とかで使えそう!!今みたいに究極に豪ドルのレートが悪い場合、
日本で決済できるやつで買うとかさ?!

海外送金が最近余計に厳しくなってきてるみたいなので、
その辺の財テクなんかも学びたいところです。

って最後の〆がそれで終わるのも、あれ???ですが、
また何かいいモノ見つけたら紹介したいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。