プレップ(年長さん)も後1ヶ月ほどで終わろうとしている矢先に、
「最近のルーのクラスでの態度について少しお話がしたいです。」と担任の先生から
メッセージをいただきました。

 

なぬ====。

 

と、ドキドキしながらお迎えに学校に行くと、ここ最近のルーのクラスでの
集中力のなさや、人が話しているのに遮って自分が話したり、
学力の低下(新しいことを勉強したい、という努力や意欲が減っている)、
他人のノートに勝手に書き込むなどなど、先生が気づいた事を
さくっと伝えてくれました。

 

年長でそれ???と正直うろたえましたが、
実際親の自分が見ていても、習い事などでも集中力ないなーと感じていて、
今年の課題は集中して物事に取り組む。と教えていたので、
やっぱり出来てないのは5歳からなのか?(周りはみんなもう6歳になっている)
・・・ひょっとしてそれともADHD?多動?とか思い始めたら、
先生は自分から言い出しにくいけど、ADHDを疑ってるのか??とか
考えだしたら終着駅がありません。

 

とりあえず3人で「先生がこんな事を言うてきたけど、
それについてルー側からの意見はある?」と家族会議をしましたが、
先生にそういう態度を指摘されたのがショックだったのか、
うつむいて悲しそうにしていました。

 

まずはクラス内で他の生徒の邪魔をするのはいけない事と教えて、
ここ最近家の中でも課題としている、人が話している時はちゃんと聞く、
その話を遮らない。と言うことを一番に伝えて、先生にも
「家族で話し合いをしたので、また何かあったらいつでも教えてください。」とメッセージをしました。

 

親としての反省点

 

今回の帰国の移動や機内等で、iPadや動画を見させていたことが多くて、
その癖をずーっとそのままにしてしまっていました。。。(;・∀・)

学校から帰ってきたら、youtube見ていい?と
子供向けネット動画等を見ている時間が増えていました。

 

基本、わいはyoutubeは日本語覚えるんやったらええわ、と思い、
日本語のもののみ、と限定していたのですが、
そんな初心のルールも忘れていて、ここ最近では英語でのキッズ向けの物を
ずーっと見ていました。

 

しかしあまりにもyoutube見ていい?としつこく晩ごはんの支度中とかに
聞かれるので、あそこ片付けてからやったらいい、とか、
○○してからやったらいい、と制限をつけていましたが、
とりあえずyoutubeが見たいがために、課された課題を適当にやる。
こうした、おざなりなダラダラした感じも、
あかんかったんかな、と思います。

 

んー。ちょっとなんかやばいかも。と自分の直感がささやき始め、
このままではいかんと思い直したのが、先週頃。

 

仕事のない曜日は特にしっかり練習や課題をやる癖をつけてもらわないと
いけないもの、提出しないといけないもの、とりあえずは一緒に
やることにしました。毎日ガッツリはわいもできないので、
仕事のない日や習い事の前日のみと優先事項を設定。

 

それをやり始めた翌週に、先生から言われたので、やっぱりダラダラ動画は
あかんかったのかも、という結論に至りました。

ということで、「しばらくyoutubeはお休みな。」という条件をつけました。

が、次いつどういったところで解禁したらいいのか、というのも
また悩みます。

 

ペアレンティング どういう道を歩むのか

 

赤ちゃんの時はとにかく死なさないように。と育児をしてましたが、
1歳、2歳、3歳、そして4歳になり、5歳になって、
いつの間にか年長さんになったら、団体生活においてのマナーなんかも
教えないといけないので、理解してもらうのはなかなか難しく思います。

 

学校に行く前の着替えの時間に、
「どうして大人は注意もされずに何をしてもええのに、私はしたらあかんのん?」
と言われて、「Good question!/ええ質問や!」と言ってしまったのですが、
とりあえずは無難に、この世は時間という概念に区切られていて、
人間はその中に当てはまっていかなくてはならないことを伝えました。

 

準備をするのに逆算した時間を目安として、計画を立てる。
これ、今でもできない大人もたくさんいますが、一般的な大人への階段を登る練習を
してもらう。というのはいささか自分の中でも、違和感があるというか、
今まで考えたことのなかった出来事でした。

やらんかったら、やらんかったで社会に適合できなくなっていくしね。

 

赤ちゃん〜3歳ぐらいまでは、常に気を張っていて体力的にしんどかったけど、
今はこうしてメンタルで考えないといけないことが増えてきて、それもまた
ペアレンティングの難しさなんでしょう。

 

とりあえずADHDのチェック項目なんかも見てみたけど、
(あれ?え?自分?)とか思うような節もあったりして、40年以上生きてきて、
自分も今これなのに、5歳児に”普通の良いとされている事”を求めようとしているのは、
ある意味酷なリクエストなのではないか?と考えたりもしつつ、
先生と連携取り合って、様子見です。

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 [ 堀江貴文 ]

親のわいが、こんな本に興味があるタイプの人間で、
現実と理想の狭間でゆらゆらしております。

自分が暗黒中学時代を過ごしたので、(教育とは一体何なのか?)と思うことが多いので、
とても気になっているこの本。お気に入りに入れてあります。

かといって、自分にはホームスクールとか出来る芯の強さもなければ、
学校で団体行動生活を学ぶ大切さもある程度はいると思うので、
よい塩梅を見つけるのがなかなか難しそうです。

 

 

 

4 件のコメント

  • 難しい。。。。
    でもなんとなくだけど、ぽんずさんはちゃんと見てるからたぶん学期末、年度末がんばってきた疲れが出てきたような。それに学校では学べないことを肌で感じる旅行もしてきただろうし、机に向かうの嫌になっちゃった時期(?)なのかねぇ。先生も疲れる時期だしね。笑 怒るのも嫌になったからもうおうちで何とか考えて!のヘルプなだけかもよ。(笑えないくらい気持ちは分かるなー笑)

    • >まめこちゃん
      そう、先生もそれ言ってたの。年末でみんな、なーなーにだれてくるから、
      それもあるって。でも先生に言われて、振り返ったら一緒に本読みとか、工作とか
      見てやる時間が明らかに少なかったよなーとも反省したわ。
      うちは特に兄弟姉妹がいないから余計になんか一緒にやらなきゃいけないんだろうな、と
      噛み締めました。

      昨日あれからどう?って聞いたら、よくなってる。って言ってたから、
      この調子で学期末まで行ってもらいたいわ。ってもう後1ヶ月ほどだ!
      ラストスパートですね。(;・∀・)

  • うちは来年プレップですがTVで見れるyoutubeの虜になってしまい頭が痛いです。自分が料理してる時とか忙しい時にせがまれるとつい見せちゃうんですよね。で反省して見せる時間を短くしたりしました。本の紹介ありがとうございます。私自身も日本の学校に息苦しさを感じてた一人なので、ぜひ読んでみようと思います!

    • >melgirlさん
      うちも全く同じ状態でした。が、とりあえずyoutube漬けから離れてみて、
      帰ってきてyoutube〜とかは言わないようになってきました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください