昔からオーストラリア全土に、教会等が資金を集めるために、
オプショップ(日本のリサイクルショップのようなもの)が存在していて、
今では教会だけに限らず、色んな団体や商業グループ等が
オプショップを国内で展開しています。

人のいらなくなったものが寄付されて、それが店頭に
並ぶ仕組みになっているので、日に寄ってあるものが違い、
ビンテージ物を探し求めて、オプショッピングが
趣味になっている人もいます。

ツワモノだと、ボランティアをしていち早く、
そういうものを見つけられるように、という人もいます。笑

昔〜に買った多分何かの実験道具

オプショップ=Opportunity Shopというのが
略されてOP SHOPとなったわけですが、
そう、物との出会い、オポチュニティ(機会)は
行った日次第!というのが楽しくて、
昔はオプショップ(リサイクルショップ)週1で
通っていた時期なんかもありました。

特に一時期、フードスタイリストのアシスタントをしていた時は、
オプショップが撮影に使うテーマに沿った、
プロップ(小道具)を探す場所に最適で足繁く通ってました。

この上の写真のミルクx4の小瓶が入ったセットも
オプショップで見つけたり、探せば何かしら色々ある時代でした。

そのせいで、今でも小物やプロップはごちゃごちゃしていて、
そろそろこの辺も断捨離し始めないとな、、、と思ったりしています。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

何が見つかるかは分からない様はびっくり箱のよう!

レトロな牛乳瓶はよく花瓶に使ってました。

行った日に何と出会えるかが、基本なので、
わいの場合、日常であーやっぱ、あれ欲しいなーー。
というものが出てきたら、携帯にメモっておいて、
まずは近所のオプショップに見に行くことにしています。

それでなかったら、買う。という感じです。

先日は小学校の先生と面談の日だったので、話が終わってから、
お迎えの時間まで30分ほど時間があったので、近所にある
オプショップを久々に覗いてみました。

そしたら、意外や意外!
ルーの体操教室のユニフォームが出ていて、
しかもその教室で買ったら55ドルぐらいするものが、
「2ドルやけど、1ドルでいいよ。」と1ドルで買えました!
よっしゃーーーーー!!

他見つけたのが100均でも買えるパスタクッカー。
日本だと100円ですが、こちらのダイソーだと$2.80で、
結構かさばりそうで、いるかーいらんかーとここ2年ぐらい迷ってました。

しかもデコールというオーストラリア産の食べ物コンテナ会社で、
ここの物はBPAがフリーを結構前から謳っていて、
プラスチック製品でも電子レンジでチンするわけですし、若干信用ができるかな、と。

で、も、、、色が・・・ピンク、、、というのが、
どうしよか迷ったんです。

こういう黒のシンプルなものだったら、迷わず即買いでした。(;・∀・)

でもこの行った日、2ドルで出ていたので2年も迷ってんから、
ええやろ!と思い切って買いました。笑 ←貧乏性

で、実際に次の日は火を使うのが嫌なほど暑さが
戻ってきた日でこういう時買っといてよかったよね。と
麺ランチを作ってみた!!!

しかもパスタではなく、うどん!!!笑
ひやしぶっかけ、スモークトラウト、
キムチ、揚げ、サラダほうれん草載せです。

チャレンジャーやな、パスタじゃなくて。一発目から。と
自分でも思いましたが、水を張って乾うどんを入れます。
それで結局一握りぐらいを13分ほどチンしましたが、

こ・・・これがっ!!!!

麺がツルッツル!!!!

鍋で茹でるより美味しかった!!!! ((((;゚Д゚))))

たまに、乾燥パスタを生パスタ風にするために、
水につけておく、というのを見たことがありますが、
まさにそれと同じ仕組みだと思います。

モッチモチのつるっつるでした!
なんで写真に撮らなかったんだろう、と思ったんですが、
美味しくてそれどころじゃなかったんでしょうね。(;・∀・)

 

五木食品て知ってる?

この乾燥うどんは、五木食品のものです。

元々は熊本初の会社なんですが、
台湾と合弁会社を設立しているみたいで、
近所のアジグロで台湾産の五木の乾麺が買えるんです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ


味噌ラーメン的には売ってなくて、麺のみ
本当見た目もこんな感じで、ちょっと平たいうどんみたいな感じで、
しかも1.5kgほど入ってるんです。

その上10ドルとかそんなんで、夏の間はこの五木の乾麺をよく買ってます。
一度買うと大体半年ぐらいは乾燥うどんがある感じ。だから年に2回ほど買います。w

  1. 平たいきしめんタイプと、
  2. このうちが買ってる中條(って書いてる)タイプ、
  3. もう一つ細いタイプの麺があって、

この中條が一番使いやすいかなと思います。

そう、それをこの電子レンジパスタ茹で器で茹でてみたら、
めちゃくちゃつるつるのもちもち麺になったという!!最高でした!

今週は夏日が戻ってきて、日曜まで極暑みたいなので、
またこの電子レンジで冷やし麺料理やってみようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

そしてレトロなこちら

そして、見つけたのがこのレトロ風ないちごのグラス、4つで$2でした。

ルーも6歳になってきてプラスチック製のカップ等は
もう終了。といったところで、なんか手頃な大きさの
かわいいグラスないかなーと思っていたところでした。

そしたらこれ。だったので、喜んでセットで購入!

オーストラリアのグラスってデカくて、重たいから
その辺もわいは重要な選ぶポイントになるんですが、
これはやっぱり薄っすらとしていて、手にもすっぽり、
しかも洗いやすいし、言うことないです。

ルーも喜んでくれたので良かった♡

 

久々にコンブチャも飲んでみた

今までコンブチャ(紅茶キノコドリンク)はジンジャー&レモン系が一番美味しいなーと
思っていたけど、このラズベリーレモネードというフレーバーも
なかなか美味しい。レモネードという響きに何故か惹かれます。笑

レモネードほど甘くはなくて、ちょっとしたベリー風味っぽい感じがいいです!

レメディが出始めた2012年、多分このブランドが
コンブチャの先駆けでしたっけね。

2014年頃にはスコービーを友達からもらったので、
家で作ってました。

味はまーそこまでそんなに変わらなかったけど、
市販のものみたいに、シュワシュワ感が一向に達成できなかったので、
断念しました・・・。(T_T)

それこそ最近は色んなメーカーやブランドから、たくさんの種類が出てるし、
家で作らなくても、スーパーで買えるようになったので、すっかり年に
数回買う派になってしまいました。笑

【コンブチャ 手作りキット】スコビー2個セット


でもこのレメディのブランドも昔と今ではレシピは違って、
過発酵でアルコールが発生しないように、水で薄めてるらしいですけどね。

5年ほど前まではコンブチャの規制がメルボルンでも緩かったので、
実はアルコール飲料を飲んでいた、という結果になっていた人が
結構いたらしく飲酒運転の人達も出ていたという噂らしいですが、
最近では製造過程の取締が厳しくなって、水で薄めていないものは
アルコール販売のライセンスを別口で取る必要が出てきたみたいですね。

ちなみにこのレメディはキリンが投資してビジネス化させて、
こうして一般に出回るようになったと言われています。なので、夏辺りに
レメディのコンブチャも日本でお目見えする日があったりするのかもしれないですね!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

わいは毎日とかは飲まないですが、お酒の代わりに、
夏場はたまに買います。

最近オーストラリアの癌協会が発表した、
アルコールと癌の因果関係も分かってきて、
アルコールを飲むと癌の確率が上がるみたいで、
飲み過ぎには注意しましょう、的なTVCMができたりして、
本格的にキャンペーンをはじめました。

Source: Cancer Council, Alchol and cancer

お酒は適量で。^^

こうしてお酒は一杯、二杯で済むので、一杯に拘れるというのも
結構良いです。ちょっと値段が高めでも、どうせ一杯だし、と
味を楽しむ方がわいには合ってるみたいです。

元々、わいは飲んだらすぐに赤くなるおとんの血を完璧に
引き継いでいるので、そこまでアルコール耐性度は高くないんだと思います。
飲んでも最初の一杯二杯で、わ〜〜〜〜♡楽しい〜〜〜っていう、
コスパの良い体なので、笑 水ではない砂糖の少ない飲料水を
パーティーで飲むという感じで、最近またコンブチャを飲む機会が増えました。

ちなみにコンブチャも飲んだら、高揚感が凄いっていうの、
飲んだら毎回感じます。笑 お酒飲んだ時の高揚感とはまた違う、
ちょっと軽い感じの、頭がちょっとエアーヘッドになるような感じの、
そんな爽快感のあるふわっとしたワクワク感。笑 なんなんでしょうね、これ。

毎回一口二口飲んだら、ふわーっーーーー♡としてくるのですが、
これってわいだけですか???笑

 

 

6 件のコメント

  • オプショップでちゃんと探してるものに出会えるなんて! すごいラッキー。いちごのグラスかわいいし。
    私は気付いたらKmartと思われる食器をほぼ定価でオプで買ってたという…(まあ、リユーズという点ではいいのか)。

    そして、この麺!! 私も台湾で買ってた。私は烏龍麵=うどんっていう乾麺とそうめんみたいな細さの乾麺愛用してました。台湾だと1パック300gが30元=A$1.5くらいだったので、1.5kgで10ドルは悪くない値段ですねー、私もアジグロで探してみよう。しかも、パスタクッカーでつるつるになるとは知りませんでした! 

    コンブチャ、私も台湾で一年ほど作ってたけど、やめました。毎日毎日飲むものでもないような気がしてきて。私もジンジャー味が一番好きだった。あとパッションフルーツ味も。友達はどはまりして、すごい量作って、今では自家製コンブチャ販売してます。台湾では大昔、家で作るものだったらしい(红茶菌という名前)けど、今では誰もやってなくて、むしろ海外から来た珍しいものみたいになってるみたい。

    そういえばWooliesでケフィアドリンクもいろいろな種類、売ってて、びっくり! すっかりメジャー?

  • > aromariposaさん
    Kmartと思われる食器をほぼ定価で・・・それは悲しいなー。(;・∀・)
    でもそう、気をつけないとオプショップとかそういうお店の値段が同じな勢いになってきてますよね。

    あーーーーー!!!烏龍麺見たことあります!
    なんで烏龍?って思ってたんですが、やっぱり台湾でもメジャーなんですね。
    そちら方面のアジグロにも絶対売ってそうです!本当つっるつるの稲庭うどんみたいになったので、
    驚きました。水分を吸った麺を茹でるっていうのはこういうことだったのかーみたいな。w

    自家製コンブチャ販売できるっていうのは凄いなー。
    そこまでシュワシュワ成功しませんでした。とほほ。未だにスコービーは
    冷蔵庫の奥〜で眠ってるけど、多分だめやろうなー。もう。。。

    台湾でも紅茶菌という名前であったんですね。元々は一体どこの出なんでしょうね。
    日本でも紅茶キノコだったけど、中国なのかなやっぱり。

    • Kmartのお皿やボウル、カフェで普通に使われてるよね。丈夫でシンプルで何気にちょっと和食器っぽい。

      友達のコンブチャはかなり長いこと熟成させてたから、けっこうしゅわしゅわだったな。あとは二次発酵で入れるフルーツによっては炭酸がすごくなることがあった。パイナップルとか。友達によると、にんじんもすごい炭酸出るとか。友達は台湾で有機のお茶作ってて、そのお茶を使うから、やっぱり彼らのコンブチャはかなりおいしかったな〜。

      今日、remedyのraspberry買ってみました! 水で薄めているというのがわかる感じ。前よりちょっと薄く飲みやすい仕様になってる気がする。前はお酢ドリンクみたいになっててパワフルすぎて飲みきれないと感じこともあったけど、さらっと飲める感じ。そして安くなった? キリン資本のせい? 薄くなったから? 数年前は一瓶4, 5ドルしてた覚えがあるけど、今日はColesで3ドルだったので手が伸びました。

      • > aromariposaさん
        IKEAとかも最近凄い多いよね。

        台湾産の有機のお茶で作るコンブチャも美味しそうだなーー。
        しかもシュワシュワ度高めってめちゃひかれる!確かにパイナップルは酵素があって、
        シュワシュワ感もっと出そうだ!にんじんは意外やね。

        ね、最近セールできるぐらいの需要があるんだろうね。
        手軽になったけど、今度もっとちゃんとしたのが飲みたかったら、
        Water kefirとかやってみて!そちらの方が結構薄めてないのが
        多いみたい!

  • 我が家のオプショップでの最大のめっけもんは 「テナーサクソフォン」でした。ウチの子供がサックスを習い始めた時は学校からレンタルでアルトサックスやってんけど、ある日ダンナがボランティアしていたオプショップにコンディションのいいテナーサックスの寄付がきた!しかも値段は60ドル!ダメもとで買ったのだけど、楽器屋さんで見てもらったら、状態もいいし、中古で買っても800-1000ドルくらいするらしいものだった。コドモはその時からテナーサックスに転向していまもメンテナンスしながら使ってます。

    • >きんさん
      わーーーーそれは戦利品ですね!!!楽器がその値段ていいなー。
      そしてそうやってまた大事に使ってもらってるっていうのもとても素敵♡

      最近はサルボが中心になって、こういう楽器類を集めて、
      学校のオーケストラに使ってもらおう的な動きなんかもあるみたいです。

  • ponzu にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。