ニューカレドニアでは郵便局であるOPTで
SIMカードが買えるのですが、フランス語の言葉の問題もあって、
イルデパンの郵便局で買おうと試みましたが、離島だったからか、
言葉がだめだったからか(グーグルトランスレート見せたんだけどね)、
買えずじまいで、結局ほぼネットにつながらない日々を過ごしました。

今回ヌメアに帰ってきて泊まったお宿は、
ヒルトン ヌメア ラ プロムナード レジデンス(Booking.comに飛びます)

ホテルも、ワイファイが通っているにも関わらず、
部屋で利用するには、全くダメダメ。レセプションのエリアに行くと、
ようやく20分無料とかそんな感じで、場所をわざわざ移動して使うのが面倒!

しかも部屋だと250mbまでOKとかいう、いつの時代???というぐらいの
ケチ臭さで、もっと使いたい場合は有料で(多分3000円以上だった記憶)、
お金払って使ってね。という有様。

ホテル情報を見た時はワイファイokと書いてあるので、
この辺は前回のル・ラゴンに泊まっていた時と同じく、
ワイファイok=無料ではなくて、有料でデータ量買ってね、的な
感じのところがヌメアには多いと感じました。

ん、逆にレモン湾のホテルは違ったかも。

アンスバタ近辺全域がど直球の旅行者エリアなので、
とにかく何につけてもベラボーに高い。
ワイファイもそれの一つなんでしょうね。

それもあって外食夜出かけたのは一晩だけでした。

その時に隣のテーブルに座っていた日本人グループと帰りが
一緒になったんですが、そのグループの女性陣達が
急にこのプロムナードのベンチに3人並んで一斉に
携帯を取り出して座りました。

その時点でピン!と来たのですが、このプロムナードのこの
マロンゴカフェというところのワイファイが鍵がかかっていない様子で、
無料で利用できるようでした!

こんな感じで少し離れた場所でも十分に使えました。

なので、このマロンゴカフェ周辺までくれば、
無料ワイファイを使えるので、ヒルトン泊まってる人にも
便利だと思います。

一番最終日で気づいたので、もっと早く気づきたかったです。涙

ということで、誰か行かれた方、わいの分までワイファイ使ってきてください!笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。