多分世界には昔から、酔ってなんぼ!!的な風潮がありますが
最近は飲めない人達を筆頭に、ノンアルコール(ノンアル)ドリンクが
ニューエイジドリンクとして、流行の兆しを見せています。

ノンアルのビールやワインだけでなく、最近は
ジントニックまでノンアルで楽しめる時代になりました。

写真:Brunswick Acesより

近頃はヒップスターが集まるブランズウィックに
ノンアルドリンク専門のバーもできました。

ブランズウィックエイスズ(本来の発音とはちょっと違うので気をつけて)と言って、
取り扱うものは全てノンアルコールドリンクで、
お酒を飲まない人にじわじわと人気のあるバーのようです。


オーストラリアは酒税がめっちゃ高いからアルコール飲料が高いのに、
ノンアルドリンクの値段は多分普通のアルコールドリンクと
変わらないしライセンスもいらないと思うので、いい商売!だなーと、
ニュースになっていた時は驚きました。

”場の雰囲気”を楽しむ、そしてそれを大事にしたい思いの強い
人達にはピッタリのニッチなマーケットですね。

今回試してみたのは、マンデイ蒸溜所(HPに飛びます)の
ジントニック。

ヒールスビルにDistillery・ディステリレリー(必殺日本人の苦手な
LとR満載の単語)ジンの蒸溜所ができてからというもの、
今ではビクトリア州にも数箇所、蒸溜所が出没し始めました。

このマンデイはポートフェリーで作られたもので、
天然のハーブとエキスを配合して調合されているみたいです。

distilled botanicals & extracts (local & imported), carbonated filtered water,
juniper berry, lemon, lime, rosemary, sea salt, citric acid, stevia, quinine and cinchona bark.

成分表を見ていると添加物を表す数字の表示もないので
ある意味無添加のドリンクといった感じで、
香りはジンに近い感じでした。

味はガツンとしたジントニックのようなパンチは
そこまでありませんが、雰囲気だけは味わえる、的な
そんな感じ。笑


なので、ティーンの子でそろそろお酒とかに興味が出始めた
子達なんかがいたら、ちょっと大人びた感じのドリンクなので
パーティーにいいのかもしれないですね。^^

でも4本セットで$25ぐらいするので、実物のお酒顔負けの
お値段なのでやっぱりちょっとしたパーティーに雰囲気を
味わう的に飲む感じがいいのかなーと個人的には思います。

どちみちいつかは多分アルコール飲料を飲むであろう、
子供達との家でのまず最初の味確認的な飲料として、
話題を作ってオープンに何でも話せるような雰囲気を作る
アイスブレーカー的な役割としてもいいのかもしれません。

わいも飲めないわけではないですが、ご飯と共に、
ワインやビールや食前酒などを一、二杯程度飲むぐらいで
十分幸せ派。

この写真は昔メキシコ料理を食べに行った時に
サングリアを頼んだ感じで、こんな感じでその料理に合わせて
それに合う飲み物を楽しむのがわいは好きですかね。

そして最近だとアルコールは飲まない方がやっぱり身体には良い。と
リサーチ結果が色々出てきているので、雰囲気や味だけを
楽しみたい!という気分の時はノンアルもいいのかもなーと
思うようになってきました。

特に夏の暑い日はアルコールはいらんねんけど、あの
ビールの苦味とあ゛ぁ゛ァ゛ァ゛ー゛ーーーーっていう喉越しを
味わいたいっていうのはよくあります。w

最近職場の人達を見ていて思うのは、
宗教上お酒を飲まないことを推奨している、
そしてそれを敢行している人達の肌って、
やっぱりいつまでも瑞々しい感じはするんですよね。
プリプリしている。

そりゃー身体の細胞をアルコールを分解することに
時間をかけるより、細胞修復などの方に時間を使ってもらえる方が
そりゃーいいに決まってるわな。

でも夏の熱い日に水とビールが売ってあって値段そんな変わらんやん!
やったらビールを選んでしまう、ケチなわいです。笑

そんなわけで一本$5かーと思ってしまうと若干
買う気が薄れてしまうのでこのジントニックに関しては
リピートはないかなーーーーというのが正直な気持ち。笑

゛ぁ゛ァ゛ァ゛ー゛ーーーーの喉越しを夏に向けて
確保しとかないとなーと思って、以前友達のお家で
飲ませてもらって馴染みのあったソーバー

Sober(ソーバー)という、アルコールの影響を受けていない=酔っていない。
という意味の単語とかけ合わせた造語でSobahにしたと思うんですが、
こちらはQLD州初のブランド。

ノンアルビールで全部で7種類ぐらいのフレーバーがあります。

どれもオーストラリア原産のアボリジニー由来のフィンガーライムや
ペッパーベリーなどが配合された、オーストラリアらしい
ノンアルドリンク。

デザインもアボリジニ風でカラフルだけどアースカラーな感じで
とても素敵。

写真: Sobahより

最近はサワービールやフレーバービールなども
飲む人達が増えているので酸っぱ目のビールに
とてもよく似た感じだったこのSOBAHのフィンガーライム。

うちのビールはクーパーズのペールエールが多いんですが、
身体を冷やすのが嫌というのと、冬に飲む時は
そこまで冷やさなくていいか、ということで
わいは常温派なんですよね。

なのでこのSOBAHも常温で飲んだら、
ちょっとケミカル感?!いや、ホップなのかな。

The Mexican style brew is light, zesty, tangy and hoppy against a sweet yet nutty backdrop

(メキシカンスタイルなのか、と初めて知った)

苦味がとても強く強調されていたので、冷やした方が
美味しいのかなーと思って熱くなるまで待つことにしました。

他にもメルボルンで作られているParcのピルスナーや、
モーニントンで作られたペールエール
ノンアルビールが色々出てきているので、アルコール飲めないけど、
ビールの味は好きっていう人にはいいのかもしれません!

CERES Fair FoodiPantry でも取り扱いがあるので、
興味のある人は見てみてください。

お家でちょっと洒落たものを食べたい時に最強!iPantryを注文してみました。$75以上で送料無料!

2021年9月16日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください