車がないととても不便なメルボルン。でもまーなくても視点を変えたらなんとかなるか!となった件

すっかり秋模様のメルボルンです。

車のエンジン部分が壊れて修理に出してから
早くも3週間が過ぎようとしています。

もうねー、メルボルン!車ないとほんま無理です!!!
(永住者にしたら特に)

特にうちはスーの実家とは計1時間ぐらいかかる真逆の方向に
存在しているので電車&バスで行こうものならそれこそ
大阪ー東京間を出張してるみたいになるの間違いない!!!

それをルーも含めて家族3人で、、、ってもう無理!!できません。
スーと二人ならなんとかやってたかも、ですが。

そしてなぜかこの車がぶっ壊れた時に限って、
スーママの入院X2が重なったりしてお見舞いに行ったり、
スーパパへご飯を届けたりなんかが重なって
おぉ〜神よ。わいに何を伝えようとしているんだ。。。と
思ったりしています。笑 

今考えるとほんま笑けてくるわ。

おまけに通勤で車を使っているので
車がない=公共交通機関になるんですが、
それだと今までの始業時間の1時間後にしか到着できない!笑
朝はバスで行くしかオプションがないというこの辛さ。
しかも一時間ちょいかかる・・・という。

平日日中だと一回逃すとバス待ち20分(たまに来ないリスクもあり。えー?やろ。)、
電車待ち20分とかだとそれですでに40分以上もロスしてしまう恐ろしさ。。。(^_^;)
疲れるべ?

よって近所に車で5分ぐらいのところに住んでる友達が仕事の日は
わざわざ迎えに来てくれて拾っていってくれているんで、本当ありがたい。
助かっています。

そんなこともあって人の優しさにズブズブに浸され、
随分甘やかされています。インドの名言、

「人は人に迷惑をかけるために生まれてくる。
よって自分も人に迷惑をかけるので、
人の迷惑にも寛容でいろ。」
が身に沁みます。w

要は持ちつ持たれつ。的なことなんだと思うんですが、
人に迷惑をかけないように生きろ。と諭されて生きてきた日本人には
衝撃的な一文でしたが、かなり一理あるなーと思います。これ。

仕事の帰りも「最寄り駅まで降ろしたる。」と
さすが!のインド人の同僚を含め、w 車で来てる同僚が
オファーをくれてありたがく家に近づけるところまで
移動できるように便乗させてくれます。

困った時に「HELP!!!I need somenody HELP!!!!」と言えるのが
本当ありがたい環境。

実はメルボルンはCOVID中にダイヤの改正が行われたらしく、
乗り換えもメルボルンに来た20年前よりかは随分乗り継ぎも
楽になりました。

20年て、いつまでかかっとんねん!!!!

ですが、ましになったのでまぁ良しとしましょう。

他にも実はいいところもあって車移動と電車移動だと心の余裕が
ちょっと違うなーと思ったり、普段だとさーっと
車で通り過ぎる通りも、歩いたら違う景色や
季節のうつろいが見えたりするのはいいな〜と思って
ちょっと心に雅さが生まれます。

一番上の落ち葉の写真がそれ。

車移動だと見えるところが限られていて、
歩いての移動だとまた違った世界が拡がる

もうこんな自然は紅葉になってるんやなーと。
本当近所の道なのに気づいていなかった。

これもちょっと大事だなーと思いました。
なんとなく忘れていたこと。初心に帰ろう。と思えました。
わいにとって自然はこうして教えてくれることの方が
多いので守らないと。と思うんです。

その自然を思うことでなんか違う景色、違う事に触れられている自分が
いるんだなーと思うと電車やバス移動も不思議に苦痛に思わなくなりました。

車ない=諦めモードに入った。というのも勝算でしょうか。
期待するからしんどい。もう時間かかってもええから、
とにかく家に帰れてお迎え時間までに間に合ったらそれでええわ。
と思い+そういう違う景色が見られる+電車内で本が読めるとか
できることの方に集中することにしました。

できないことに集中してそれをストレスに考えてた
自分がいましたね・・・。意外に。

なので2週間前よりかは断然心穏やかです。w

いや正直、3時10分起きはさすがにちょっと辛いけど。
わいはこれからパン屋のパンでも焼くんか!と
朝から突っ込んでしまいたくなるほど。

まーそれも帰ってきて少しパワーナップを10分ほどしたら
スッキリします。

多分人の優しさにふれることによってそういうギスギスした心も
なくなっていくような気にもなったので、自分もどんどん
できる範囲で人助けしよう。と思いました。


車ないときにはじめまして!でやったこともあったので綴っておきますが、

なんと!

人生初のウーバーデビューをしました。笑

そう、

1️⃣ Uber

えー????まだそんな人おるん????でしょ。w

さくっとは知ってたけど不安になってよく使っている同僚に
「車内では現金払わなくていいんやんな?」と聞いたぐらいの
わいのアナログっぷりなんですが、便利な時代ですなー。あれ。

朝の4時半出発なのにぱっぱっとスマホ操作するだけで
誰かが迎えに来てくれるって、素晴らしい時代!!!w
しかもペイパル決済ができるとか、嬉しいわー。

(前日まで彼女の家までチャリに乗っていって、と考えていた)
一日中雨も降ってるし、仕事から帰ってきてから、またわざわざ
彼女の家に電車かバスに乗ってチャリ取りに行って、チャリ
乗ってまた20分かけて家に帰ってくると思ったら
9ドル(3分)の方が勝ちました。笑

もう一つUberに似てDIDI(ディディ)というやつもあって
こちらは車はちょっとボロ目なんだけど、運転手に入ってくる
リベートがDIDIの方がよい+Uberより安めというメリットがあるみたいです。

ここぞ!というときにお金で解決+改善できることがあるんやったら、
また利用したいな、と思います。

そして、最近はガソリンの値段が高騰中なのでカープールを
してくれている同僚に「ちょっと今現金ないけどガソリン代を振り込みたいから
口座情報教えて。」というと、「・・うっける。口座情報っていつの時代よ!
今の時代Pay IDよ。w」と突っ込まれて、頭が?マークで
いっぱいになりましたが、

2️⃣ Pay ID (ペイ アイディ)

なんとこのPay IDって各銀行のアプリから入ると
携帯番号を登録している人には携帯番号だけで
お金の移動ができる
という便利もの!

「なぁーんすか!それ!!!知らんかった!」と同僚に
目からウロコ状態を伝えると「最近はみんなそれやで。っていうか
逆に知らんほうにビビる。」とアラサーマレーシア女子。w

っていうか、わいのアラフォー辺りの日本人友達辺りでは
普通にわざわざABN番号を伝えたりして振り込んだよーなんて
メッセージまで送ってたけど、そんなPay IDの事を教えてくれる
友達が一人もいませんでした。

日本人婦人友達はみんな、どうやらアナログなのかしら。笑

と、初めてデビューしてみたアプリ色々でした!w

まーそんな感じでなんとかやりきっているわけですが、
でも不思議でね、人に頼るとその人ともっと近づける気になりました。
相手も心を開いてくれるというか。

普段んーーー。ちょっと喋りにく、い、、か、も。ちょっと頼めないかも?と
思っていた人でも、ふとしたことでリフトをお願いすることになったら、
やっぱり車内で会話もするし、あー実はそういう事考えてたんだねー的に
違う側面が見えたりして、あの限られた車内空間というのが親近感を
思わせるのでしょうか。仕事中には話さないこととかも出てきます。

そういうのもちょっとおもろいなーと思えた
この車がない期間、同僚とぐぐっともっと距離が近づいた気がします。

でもさすがにイースターの休みまでには車が戻ってきたらいいのになー。。。です。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください