あけましておめでとうございます。2018年元旦パーティー

あけましておめでとうございます!
今年ももろてん。をよろしくお願い致します。

今年は珍しく数年ぶりに元旦当日に友人らと元旦宴会!
うぇーーーい!久々によう飲みました。^^

各自何でも好きなの持ち寄りなので、元旦早々餃子包みから年始め!笑

おかんが数年前に「こんなんでええの??」と言いながら、
持ってきてくれた重箱。プラスチックですがこんなんでも十分!
久々に登場しました。

餃子と茹で海老(バナナ海老)、ポテトサラダを詰めました。

たくあんは韓国のやつですが、たくあんというより、
福神漬けに似た味のやつ。ちょっと酸味があります。
切れている状態で売っているので便利で彩りに最近よくそえました。w

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+ じゃーーーーん 。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+

会場についたら素敵なカラフル食卓が!!yay!
このメラミンのトレイ、パーティーにはカラフルになっていいですね!

子供達用にも親は色々用意する訳ですが、
肝心の総勢6名の子供たちは遊ぶ方が忙しくて、
ほっとんどご飯は食べませんでした。チ~ン。

このメンバーで集まると、上は14歳から下は3歳半までの
幅広年齢層ですが、子供達は子供同士で遊んでくれるので、
これは本当楽ー。子供を持つ親同士が集まって一緒に遊ぶっていうのは、
この年になって、そういう事なのね〜と実感します。。。。(しみじみ)

たまに一緒に海外旅行とか行く家族達もいますが、
子ができる前は、そこまで一緒に!?と思ってましたが、
今となっては分かる気もします。

親同士が楽で、じっくりお話できるから・・・。
遮られずにじっくり友達とお話したいよね、だってさ。

寿司ケーキも登場!!!寿司ケーキいいよねっ!!
まだ作った事ないですが、今度一度やってみたい!!!

料理上手の友達が多いので、毎回新しい味に出会えるのも新鮮!

特に一番みんなのお気に入りだったのが、この赤なます的な、
赤キャベツと人参、玉ねぎの箸休め的なこの一品!

すし酢とオイルのマリネ液に刻んだ野菜を漬けとくだけらしいですが、
オイル&砂糖&玉ねぎの組み合わせは旨いですよね!!!!
誰かの家庭料理をよばれると、これいいね!な献立レパートリーが増えるので
嬉しいです。

友達は作り置きしてる。と言っていたので、
是非作ってみたいと思います!!

ベジの友達の一品はひよこ豆のお寿司でした!
おぉー。実際食べてみるとちょっとツナっぽい感じ!
美味しい♡新鮮で斬新な味でした。

茄子とマッシュルームの煮浸しも美味しかったー。

そして昨日の宴会の大トリは、手作り餅!!!

元旦にちゃんとした餅があるのって、

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+ なんということでしょう!!! 。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+

な勢い!!笑 幸先いいです、本当。

磯辺&あんこ両方用意してくれてたのですが、(う゛ぅーー嬉しい。)
あんこも美味しくて、作ったの?と聞けば、なんと今最近売ってる
小豆の水煮缶を砂糖を入れて煮たのみ。というのに、
袋や缶に入って売られているやつより美味しかったです!!!!

砂糖の種類も選べますしね、これもまた良いアイデア!!やります!

そして貴重な存在の日本人男友達が子供たちにとくれた、お年玉。
ぽち袋まで手作り。

で、中開けたらインド・ルピー。
「インド行ったら使ってください。」って。笑
いいわーーーーーーそのアイデア!!!!!!

金額云々より、一人ずつ気持ちを包んでくれたっていうのが
とても嬉しかったなー・・・。手間をかけてもらえる、というのは
本当ありがたいことですよ、今の世の中。益々Time is moneyの
世の中ですからね。しかもRは忙しくて出張ばっかり行ってるし。

日本みたいにきっちりとした伝統さはないけど、
オーストラリアで暮らす日本人らしい、というか、
日本人の文化は引き継ぐけど、どこかちょっと一味自分らしさが入る、
みたいなのはとても良いと思いました。

新年早々感動したので、お年玉の由来って?と気になって調べてみたら、
スピリチャルな霊性を信じる日本人らしい風習なんですね。

これをもって年のありがたい賜物(たまもの)であるとして「とだま」という名がついたという説。なまって「としだま」となり、また、神棚に供えた、餅玉を与えたために「年玉」の名前がついたとの説が有効。

「たま」とは、「たましい」のことであり、「としだま」とは新年を司る年神への供え物の下げられたもののことであると民俗学的には説明される。供え物には祀った神霊の分霊が宿るとされ、それを頂くことにより、人々は力を更新して新たな一年に備えるのである。

年玉の習慣は中世にまでさかのぼり、主として武士は太刀を、町人は扇を、医者は丸薬を贈った。

お年玉ー Wikipediaより

たましい・・・。思いや願い、ということだ。
友達の気持ちも共に、新たな一年に備えます。^^
ありがとう、R君!!!

ちなみにこれは実家でのおせち。写真が送られてきました。
めっちゃ豪勢&品数すげーーー!!

以前は毎年黒豆を炊いて配ってくれてた、大叔母さんとかも
いたんですが、彼女が亡くなってからぐらいから、おせちは外注してるみたいです。^^

それでもおかんは煮しめとお雑煮、数の子は作ってると思いますが。
去年は日本でおせち食べてたんだなーと思うと感慨深いです。

祖父母が生きてた時は、忙しい中おかんはおせちも作ってくれていて、
大晦日からほぼ寝ずな感じで準備してくれていて、
今思えばありがたかったです。本当。あんなに品数用意するって凄い。
ですが、お正月ぐらいゆっくりしたいですよね、きっと。

なので、こうして毎年違ったのを家族揃ってゆっくり、
美味しく食べられるっていうのも本当ありがたいことですね。

お正月は一番日本らしい文化が見えるので、帰るならお正月に帰りたいけど、
逆にこちらも一年で一番いい夏の時期なので、勿体無い気もして、
いつも踏みとどまってしまいますが、友達にも「年が増すに連れて
学校の絡みとかもあって段々帰りにくくなってくるから、小さい内が
チャンスよ。」と言われて、来年はルー連れて帰ろうかな、と思ったり。

 

飲んで食べて、大笑い馬鹿笑いもし、カラオケも始まり、
こんなに笑ったのいつ振りだろう、的な楽しい時間で、
2018年は幸先良さそうです。今年一年頑張れる気がします!

たまには大宴会も大事。笑 胸に刻んでおきます。(゚∀゚)アヒャ

今年もよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください