友達お勧め物を買ったので、料理にちょっとやる気が出た!

 

友達の友達は皆友達だ。

って案外嘘ではないよなーと思ってます。

在豪が長いと、他州の在豪歴の長い似た趣味の人と
ひょんなことから知り合える事も多かったりします。

ゴールドコースト在住のゆきさん。
不思議な繋がりで仲の良い友達の友達がゆきさんでした。

photo: Josh Withers

ゆきさんはゴールドコーストにお住まいで、
味噌づくりとか色々クリエイティブで面白い、
ワークショップを開催されていて、
いつか会ってみたいなーとネット越しに見ていたら、
あら、あなたとあなた友達だったの?はじめましてー。
みたいな感じで多分6年ぐらい前に出会えました。

yukiさんのサイト → miso kitchen

そしてぼちぼちSNSでのやりとりや、
たまにメルボルンに来られた時に会って、
美味しいもの情報とか素材の話ができたりして、
今回、ゆきさんにお勧めしてもらったお塩を買ってみました。

前置きが長くてすみません。

それがこれ、マーメイド スーパーファイン フードソルト!(長いな!)
10kg!

西オーストラリアの海塩らしくて、
近所のアジグロに置いてあった!笑
グルメショップとかヘルスショップとかではなくて、
意外に近所にあって驚き!

で、気になるお値段はなんと$6.90!

10kgでその値段って逆に大丈夫なん?とか思ってしまいますが、
食用と書いてあるので、まー大丈夫なんでしょう。
日本の並塩より安いのかも!?

スーパーファイン(細かい)と書いてあるとおり、
サッラサラの塩で、水分に入れるとすぐに溶ける感があるので、
茹で野菜とか、パスタ茹でる時にも気にせずバンバン使えます!

ゴミ0目指すオリーブ専門店のポップアップショップへ

2019年11月10日

これを買ったのも、以前使っていたマウントゼロの塩が
なくなったからなのですが、実際のところマウントゼロのはいいお塩なので、
本来、多分最後の味付けにパラパラっと使うようなやつだと思うんです。

そんなで、気軽に料理用の並塩としてはじゃんじゃん使えてなかったので、
そういう小さいストレスって結構チリツモなんだなーと
悟った瞬間でもありました。

買えよって話なんだけどね。これを買ってみたかったので、
地味に我慢してました。笑

イタリア人のパスタ料理の動画なんて見てると、
サーレサーレなんて言いながら、結構な塩を入れてから
パスタを茹でていますし、マンジャマンジャ!(笑 意味わからん)で
これからは気兼ねせずに、じゃんじゃん使いたいと思います!

味は値段の割には絶対テーブルソルトとかより、
塩味の中にもふっくらとした甘みがある気がします。

お風呂にも入れられそう!

最近テーブルソルトはこれまた何か西オーストラリアづいていますが、
Olsson’sのものを使っていますが、これは結晶タイプのもので、
料理を選びます。

なので、サラサラのファインソルトの方が料理選ばず、
結構楽に使えますね。

沖縄の海塩 ぬちまーす(250g)

どんなけ塩好きやねん!ですが、ぬちまーすの塩も
好きでパントリーにはスタンバってます。

ぬちまーすは不思議な塩で、塩味が超薄い!
薄いって何なん?と思いはる人もいると思いますが、
一度使っていただきたい、この薄さ。😅

わいにとってはなかなか手ごわい塩だけど、
上手に使えたら使ったたどーーーー💪💪💪感の溢れる塩。

そしてかなりの確率で塩入れたっけ?んでは足しーのを何回繰り返すねん!
ってなるんですが、ぬちまーすでインド系のカレーを作ると
超絶美味しいカレーになるんですよ、奥さん!!!!💪💪💪

ぬちまーす=インドのカレーという図式が我が家にあります。笑
沖縄の塩なのにインドという、不思議な構図がここに。です。ほんま。
ミネラルの力なんですかね、なんか身体にぐぐっと吸収されていくような、
そんな感じの塩。

なので、ぬちまーすも切らした事がここ数年ありません。

わいは物と人の記憶の繋がりが太いみたいですねー。
物を見たらその時の情景が頭の中に浮かんでくる感じ。

特にそれが食べ物とかだったら、
あーこの美味しいやつ、○○さんにもらったなー、
教えてもらったなーとかそれを使うたびにその人を
思い出したり。^^

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

マーメイドソルト、気になる人はアジグロの
大袋の米とか置いてるとことか見てみてください。w

わいは多分これで当分の間は並塩を買わなくていい気がします。笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。