昨日は凄い雷雨がやってきて、ここ数日メルボルンでは、
いまだかつてない程の、凄い湿気日続きです、不思議な感じ。
庭の鉢植えや植物も潤っていて、このメルボルンで肌が潤っている、ポンズです。笑

おまけに時計は止まるし、狂うし、PCは電源勝手に落ちてて、
入らなくなってたし、ネット環境等電気系統は
かんなり不調続きだった節分ら辺。

ようやく本日辺りから元に戻りはじめました。
なんなの、これ。パワフルな新月なの???

節分の日は丸かじり(実家では恵方巻きの事をこう呼ぶことが多い)を
作る時間がなかったので、翌日にルート一緒に作って、美味しくできました。

が、よくよく考えると、
うちの海苔巻きも大概な境地に来たものだ・・・と改めて思ったので、
綴っておきたいと思います。

 

人生半分が海外暮らしになったわいのズボラ海苔巻き


和食といっても、日本みたいに薄切り肉が近所のスーパーで手に入るだとか、
そういう便利さはまだまだないので、(いくら便利になったといえどもね)
身近に手に入る食材を工夫して使うことが多いです。

その中で、よく日本人=寿司のイメージのある
アングロ系の豪人達にはよく、
「SUSHI作ってよ!」と頼まれたりもします。

(SUSHIってほんまはあのノリのやつちゃうねんで・・・)というのは、
ぐっとこらえて、彼らの意味しているSUSHI=海苔巻きを昔はよく作ってました。
(特にこんなに海苔巻屋が増える前)

すしのこを使う実家ではなかったので、
おかんは合わせ酢を作ってたんですが、
それをやらなくても、食材の合わせようによっちゃー
なかなか美味しいのができるのでここしばらくこの組み合わせになっています。

すしのこってでも軽石、海苔さえ持っていけば、
旅行で白米+刺し身が買える環境があれば
とても便利なんじゃないか!と思った次第!

手巻き寿司できるだろうし!?

ニューカレドニア行く時、一瞬考えたもんね、まじで。

 

公開!ズボラ合わせ酢

じゃん。この無国籍なラインアップ。

(左から)梅酢(日本)、メープルシロップ(カナダ)(もうねーじゃん)、米酢(韓国産)。

を混ぜて合わせるだけ!!
格好つけていえば、火を入れないローの合わせ酢!!笑


このね、梅酢がね、塩ほど塩がきつくなくて、
梅の塩味というか、これと合わせるとまろやかに
甘じょっぱい感じで好きなんです。

液体3点だと、いちいち塩とか砂糖を溶かすために、
火にかけなくても、ボールでざっと混ぜるだけで、
すぐにご飯にかけて酢飯にできるので、ここ最近は
ずっとこれです。

わ!しょっぱすぎたから、砂糖もっと、、、とか
そんな感じで足して足して足しまくる、という事が
なくなるわけです。(測れよって話だが)

何故か梅酢のしょっぱさはどれもが少なめでも
まろやかに3点がまとまる気がします。

 

うちの甘味料色々

こないだはメープルシロップが若干足りなかったので、(やっぱり)
ラパジュラシュガーを足しました。

サトウキビの絞り汁を低温加熱でできたものがこの砂糖なので、
キャラメルっぽいフレーバーと、奥行きとコクのある甘さが好きな砂糖です。

精製物が嫌いなわいにとっては、砂糖は最近ラパジュラが多いです。
なんか微量ミネラルも残ってそうな気がして。笑
純粋とかじゃなくて、色々混ざっててほしいの。笑

よって、インドやスリランカ、ミャンマー界隈、
その他南米のコロンビア等でも使われているような、
↑ジャガリーとかも使うし、

ココナッツシュガーも使うし、

パームシュガーも使います。

どんだけ砂糖の種類揃えてるの?とよく聞かれますが、笑
一種類終わったら、次の種類を求めて買いに行く、的な感じです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

そして、こないだアジグロ発見した、ん!?!?同じなんじゃねーの?
ぎょっ!しかも値段半額!?な砂糖がこちら。

台湾のメーカー、六福の紅糖。かっこ黒糖って書いてあるので、
日本の黒糖と同じようなやつなんでしょうか。
思わず横に並べて形状を比べてみましたが、
ほぼ同じ。

しかも台湾の食品メーカーは個人的に信頼できると思っているので、
よく台湾のこの六福ブランドは買います。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

これからこれでいいなー。ラパジュラの代わりに。
ま、食べてみんことには、なんとも言えませんが、
アジグロでも買えるんだったら、それはそれでいいな。

が、酢飯とかの時には若干すし酢が茶色くなって、
一瞬どきっとするぐらい茶色くなって、見た目も
少し白くなくなるのですが、まー巻いて食べてしまえば、
そんなに気にもなりません。こんな感じ。

未だにのの字巻きを脱出できないのですが、
これはちょっと正式な巻き方を覚えないといけないと思います。。。(;・∀・)

この日の具はツナマヨときゅうりです。

スーパーで買えるスモークトラウトでなんちゃって簡単ばら寿司 & 豪州のごまについて

2018年11月19日
以前にこれも好評だったばら寿司です。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

ちょっと前までサーモン&アボカド一貫鉄だったルーも
最近は寿司屋でもこのツナ&アボとかを頼むので、
このツナ&きゅうりも好評で、二人でわいわい言いながら楽しく作れたので、
これはまた海苔巻の日を設けようと思いました。

週末に友達の家のBBQによばれたので、
巻いて持っていこうと思います!
家で作ると安いねーーー!!

 

ツナ缶のオイルを再利用してみる!

今回、海苔巻のサイドにつけたのが、人参のツナきんぴら。

インスタでお付き合いさせていただいている方が、
アルネに載っていたツナ缶まるごと一缶と人参を炒める。と無限に食べられる。
というのを載せていらして、ふと思い出して、ツナはこの上の具で使ってしまったので、
その油のみを再利用してみよう。ということで作ってみたもの。

幸い(ん?不幸に)しなびたジュース用の人参も冷蔵庫の奥で
発見したので、それも全部ベンリナーで指も切りそうになりながら
(フニャフニャだったので)スライスして、炒めました。

万能野菜調理器 ベンリナー 

味付けは覚えてなかったので、みりんと醤油を入れて、
きんぴらっぽく。

さっと炒めたのでコリコリしていて美味しかった!
けど、ルーにはおぇーーと言われ、
「日本の小学校の給食でもこんなん出るで?!」と訳のわからない屁理屈をつけ、
悔しいので、一口だけ食べてもらった。w ←鬼婆 ごめん、ルー。

ツナのオイル使えるな、意外に!
ツナ自身は見当たらないけど、風味は残る!
ピラフとかの時(やったことないけど)にもツナ風味は
残って良さそうなのかも!!

 

5 件のコメント

  • おはようございます♪︎
    いつも色々と参考にさせて頂いてます(´∀`)ウヘヘ
    砂糖はいつも頭が痛い調味料です。私も精製されたお砂糖は使いたくない(特に白いの)、でも日本食がほとんどの我が家では佐藤は必需品、はぁー困った、と色々試行錯誤してます。ラパジュラシュガー使ってみます!また素敵な情報ありがとうございます(^-^)

    • >あかねさん
      おはようございますー。そういっていただけると、とても嬉しいですー。ありがとうございます。ラパジュラも最近はスーパーのヘルスフードコーナーで見かけたり、ウールワースだと上の方にココナッツシュガーなんかと一緒に置かれてたりします!見てみてください。

      こちらは移民文化もあって、本当色々な未精製甘味料が買えるので楽しんでます!パームシュガーは少し酸味があって料理によっては味がシャープになったりもするので、アジア料理なんかにはやっぱりよく合います!塩にこだわる感じで砂糖もこだわれるのがメルボルンのいいところですよね。笑

  • こんにちは!
    ず〜っと、日本で言う混じりっけナシの黒糖を探していました〜!ラパジュラシュガーは、きっと純黒糖と同等の砂糖ぽいですね!さっそくColesで探してみまーす!
    いつも参考にさせてもらっています。ありがとうございます!

    • >ともこさん
      ありがとうございます。
      そうですね、ラパジュラが一番手頃で黒糖に似てるかなーと思います。でも黒糖よりもう少しあっさり目ですが。

      余談ですがてんさい糖もサウスヤラの日本食材屋さんにもありました。^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。