COVID-19 自粛中:ネトフリでハマったやつ&家にあってよかったなーと思ったガジェット

久々になんやねん、これ。ええやーん。な韓国ドラマを見ました。

Netflix・愛の不時着
って、ヒョンビンて誰!?なんでそんな?え??!そんなだっさい髪型で?!とか思いつつ、なぜか惹かれる。すっかり韓流好きのおばさんの仲間の一人になりました。笑 ヒョンビンてこんな昔から人気のある人だったとは、つゆ知らず。

自分でもキモっ!とか思いますが、お気に入り画像を携帯に置いています。笑

わいの韓流ドラマの歴史は冬のソナタから始まって、チャングムに続いて、不時着しました。笑 

一話が1時間ちょっとあるので映画見る時ぐらいの耐久力がいるんですが、次どないなんねんーーーという終わり方するので、もう一話、もう一話、と進み二話までしか持久力持ちませんでしたが、毎週少しずつ見るのが楽しみでした。

ジョンヒク氏はいつ笑うだろうーーというのも楽しみだった。w

画像:Netflix より

特に一般の北朝鮮の人達の暮らしぶりが描かれている、ということで、前半の北朝鮮での暮らしぶりを見られるのはとても興味深かったです。食べてるものとか、平壌冷麺、はまぐりのガソリン焼きとか。多分おかん世代の昭〜和〜な感じ。わいにとってもなんか懐かしい感じでした。

後半戦の韓国編になると、韓国フライドチキン(Kankoku Fried Chickenで、KFC w)が出てきて、ぬぉーーーービールと一緒に食べたいぞー!!!とか思ったり。

昔韓国で、韓国側から軍事境界線の高層(ん、中層?)アパートを望遠鏡で見た事もあるので、あれが北朝鮮かーなんて思ったこともあったので、韓国料理を食べに韓国に行きたくなりました。

あからさまなベッドシーン描写とかもなく、コメディ要素もあったので、ルーもハマってました。笑 ルーと一緒に見てたらスーも見はじめて、結局家族全員で見ることになって最終回はスーも一緒に座ってみていたという。w

画像:Netflix より

わいは不時着を見る!と決めた時は、日本語字幕で見ることを決めていたのですが、結局みんなが見ることになったので英語字幕。くそー。

言語設定方法はこちらを参考にさせてもらいました。

そして最初できなかったので、なんでや。と思っていたら、

今回発見したのは、うちのTVは2013年に作られたパナソニックのネットTVですが、TVが2014年以降に作られたものしか、言語設定や日本語字幕の選択がTV内でできない仕様のようで、どうしよーーーと思ってましたが、プレイステーション4内のNetflixを媒介することによって、日本語設定ができました!

なので、TVは2014年以降のものだけど、PS4を持っている人は挑戦してみてください。

そんなわけで見事に韓流にハマってしまって、次は梨泰院クラス、ホテル デル ルナを見る予定です。今はインドのマッチメーカーにハマり中。笑

外出自粛中はみんなが家にいるので、インドのマッチメーカーみたいに、自分だけ(いや、これはルーも見てるけど。w)見たい、聞きたいものを共有するのは申し訳ないので、暗黙の了解でスーもわいもルーも、それぞれ端末1台/1人何か持っている事が増えました。

良いのか悪いのか。ですが、雨の日なんかはそれぐらいしかやることなくて、
もうとりあえず今は自分の精神衛生上欲求を満たすことを最前線に考えて、
ヘビーユーザーOK!にしています。

来年は目が悪くなってそうな気がする・・・。(TдT)

で、自粛中にこれあってよかったーーーーーーと思ったもの。

そんなんでダントツ一位はこれ!

TaoTronics タオトロニクス TT-BH026

タオトロニクスのワイヤレスイヤホン

最近はめちゃくちゃたくさんの種類のガジェットがこの世にはあって、
特にイヤホン系はコードのない完全ワイヤレスとかもあるし、自分にはどれがええねん!わからんーーーーーー!状態。笑

そういうガジェット系にはあまり強くないおばちゃんのわいです。

が!

色々ネットで調べていると、このタオトロニクスのイヤホンを一番よく見て、
なんといっても3000円ぐらいで買えてしまうというお手頃価格!
豪州で買うよりお手頃な値段。

しかも3000円なのにノイズキャンセリングもあるし、防水仕様連続再生8時間

おまけに音も高音質とあって、読んでて、まーんなわけないやろう。
でもまー3000円やったらええか。と割り切れる値段だったので、
おかんと妹達が去年12月に来たときに頼んでおきました。

それから、存在をしばらく忘れてたんですが、これが自粛中は大大大活躍!!!!(声を5倍増しぐらいにして叫びたいほど)

ブルートゥースのイヤフォンほしいけど、ありすぎて、と迷ってる方には、
オススメです!タオトロニクス!

TaoTronics タオトロニクス TT-BH026

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。