2019年夏・ALDIで買った良かったもの

2019年2月11日

毎年何かしら、一年に一回ぐらいこれは買ってよかった!と
思うものに巡り会えるALDI(ドイツ系の割安スーパー)。

毎週水曜か土曜日にセールの物が真ん中のアイルに並び、
毎週それを楽しみにしている人達もよくいます。

今回洗濯物かごが限界に来てたので、とりあえず
ALDIの物を買いに行った時があって、その時に、
おぉーーっ。これは!?なるものを見つけました。

このマッシュルームパウダーブレンド

パウダー?!
マッシュルーム??きのこ?!?!?
でも10ドルですか!?

と思って裏を見てみました。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

しいたけ粉90%、えのき9%、ポルチーニ茸1%
いやらしいもんも入ってへん。

でもポルチーニ1っているか???
気休めにイタリア家の人達狙いたかったのか???と思いつつ、
しいたけ&えのきがほとんどやったら大丈夫やろう。と
思って試しに一つ買ってみました。

しいたけ粉を日本で買った事がなかったんですが、
おかんが一度くれたことはあります。この島原産のしいたけっ粉。

価格:780円
(2020/1/31 11:54時点)

楽天だと、一番安いので150g/780円なので
ALDIのは若干高めだけど100g/$10やとそこまでボッタクリ料金では
ないのかもしれませんね。

で、実際に瓶に詰めておこうと入れ替えようとしてたら、
結構〜〜〜〜〜な粉々度!!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

ばふっ!!と辺り一面しいたけ粉を撒き散らし、足がしいたけ粉まぶしに。
日本のも結構コナコナっぽいので、ばふっとなったにも
関わらずちょっと、この粉っぽさは期待できる!!と嬉しさいっぱい。笑

なんとなく、舐めた段階では洋風っぽい???と
思ったのですが、これが精進出汁で使えたら嬉しいなーと思って、
試してみました。

昨日も30度超えの猛暑で、火を使う料理もしたくないし、
珍しく食欲もあんまりなかったので、出汁といえば!
やっぱり日本人のソウルフード味噌汁、そうだ!
宮崎の郷土料理、冷や汁してみよう!
初めて冷や汁を作ってみました

【結果】

美味しい!!!!!

しいたけ出汁、違和感なくいけるやんーーーー!!!

普段は和食を作る事がほぼないんですが、
出汁だけはこの茅の舎の出汁が好きなので、
帰る度にスーツケースに大事に詰めて帰ってきます。

もったいないので、袋を開けて中身も使う派です。笑

少し大きめのスープボールに出汁小さじ1/3と、
この椎茸粉を小さじ1/3ほど入れて味噌を溶きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

そこにごまスリスリ(めっちゃ多めの方が美味しいので、結構スリスリ)、
塩もみしたきゅうりスライス、本家では王道の鯵の紐のもないので、
豪州らしくツナ缶(オイルのやつ)で代用しました。

ネギもささっと適当に散らして出来上がり。

この日は火を使ったのがご飯炊いた炊飯器だけだったので、
火をゴーゴー使うより、若干部屋もそのまま涼しさをキープできるかな、と。
気休めですね。

ルーも一瞬怯んで「何これ?」と聞いてきましたが、
「冷や汁!氷入れたろ!」と子供が大好きな氷で気をそらして、
氷を入れたら、
「味噌汁ご飯の冷たいやつかー!!!」と珍しく
ご飯をおかわりしてました。笑

ご飯はアツアツでも、水で作った味噌汁に入れると、
暑さも一瞬で冷めて全然気になりませんでした。

いやー冷や汁今までなんでせーへんかったんやろう。と
思うほど美味しかったので、また暑い日にやってみようと思ってます。

スーパーで買えるスモークトラウトでなんちゃって簡単ばら寿司 & 豪州のごまについて

2018年11月19日

このばら寿司の記事も人気でしたが、
多分、ツナの代わりにこのスモークトラウトとかでやっても
きっと美味しいと思います。

ちょっとした焦げが美味しい冷や汁、と聞いたこともあるので、
そういう意味ではうすあげを炙って香ばしさを出しても具も増えて、
美味しいのかもしれませんね!

袋にはスムージーに混ぜてとか書いてあって、
この旨味でスムージーきつない???とツッコミどころ満載でしたが、
アルディのほぼしいたけ粉、使えそうなので、
また見つけたら買いだめしておこうと思いました。

精進/ビーガンその辺目指してる人とか、
「味噌汁の作り方教えてー」というオージーいたら、
「このしいたけ粉と味噌混ぜろ。」と勧めてあげるといいかもしれませんね。
(彼らは水に味噌を溶く=味噌汁だと思っている人の方が多いので)

それかもう味噌とこれ混ぜてプレゼントしてあげる。みたいな。笑

出汁好きな人達にはオススメです!!^^

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。