【大阪・堺・北花田】フラッグシップ(旗艦)店の巨大無印良品へ!

 


メルボルンやシドニーにも進出したMUJI。

80年代の小学生ぐらいの頃からノート等安くて、
よく使っていたので、メルボルンに出来たときは本当バンザイ!でした。

いまや世界的にも特にデザイン等に思い入れの強い人達には
知らない人はいないほど、知名度が出てきましたよね。

世界のフラッグシップ(旗艦)店として東京では銀座に、
大阪には堺の北花田のイオンモール内にその巨大なお店があって、
今回行ってみました!

イオンモール堺北花田

今回は妹家族と共に子連れで行ったので、車で行きましたが、
2000円以上買うと駐車代が合計3時間無料の設定。
日曜に行ったので、道中も激混みで人気具合が伺えました。

大阪メトロ、御堂筋線・北花田駅からも歩いて5分の駅チカ!
なので、この混み具合だと電車で行くのが楽かもしれません。

この堺のお店では食料品等も買えます。
イオンと提携しているんでしょうね。

魚屋さんは堺という海に近い土地柄もあるのか、新鮮で、
少し一風変わった物が置いてある。とおかんも言ってました。

こんな感じで喫茶エリア、MUJIのカフェ以外にも
ベーカリー等も店内に数箇所あります。

これは確かヨーグルトとかをイートインできるところでした。

今調べてみたら、世界中ある無印の中でここでしか
食べられない無印のヨーグルトらしいです。

他には泉州エリアの農家さんが直営で、玉ねぎを販売していました。
ちょっとファーマーズマーケット?のノリで、生産者と消費者つなげる的な?

大阪在来種のあまり市場に出回っていない玉ねぎだったようで、
職業柄、自分研究のために買ってみればよかった。。。と後悔。

MUJIも次は農業応援に行ったのかー。。。とどういうコンセプトなのか、
目指しているのはどこなのか、聞いてみたくなりました。

子供が遊べるスペースもあって、店内広いのでゆったりです。

日曜でもそこまで混み混み!とは思わなかったので、
いい感じ♡ 甥っ子のベビーカーもすいすいでした!

ただ、免税カウンターはなかったので何も買わず、
後日お決まりのグランフロント店になりました。

最近はまー2,3割増しになるけれど、大体のものも
メルボルンで買えるようになったので、そういう意味では
昔ほど爆買いする事も減りました、無印で。笑

生鮮食品と無印がどんな風にコンバインされているのかが
気になって行ってみましたが、ま、こんなもんか。といった感じで
終了しました。笑

 

買い物後、以前に妹夫婦が行ったという温泉に行ってみました。

さらさのゆ

ここに薬草サウナと塩もみがあったので、初めての塩もみ体験!
嬉しかった〜〜〜♡本当あれ、こすってからサウナとかでじわーっと
汗をかくと上がった後つるつるになりますね。

塩の効果すごい!!!!
日本だと湿気が多いので本当肌がずーっとつるつるでした。
メルボルンで塩もみやったら、ガッサガサになりそうで怖い。
今でももうすでに足が粉を吹いてきています。とほほ。(T_T)

このさらさのゆはイオンモールから歩いて行くと
15分ぐらいかかるみたいですが、行けないことはないですかね。
いや、熱いから無理か今の時期(8月)だと。
風呂入ったのにまた汗だくで帰ることになりますよね。

お食事エリアもゆったりとしていて座敷もあって
ここで晩ごはんも全部済ませて帰りました。
温泉と晩ごはんが終了していると、家に帰って
寝るだけなので本当便利です、日本!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。