2014年5月に初めて味噌を作り始めました。
以前やっていたブログ等からの再編集版になります。
今こうしてもう一度読んでみると、色々考えてやってるんですね。w

 

May 2014 米麹を買って味噌を作ってみる


先月の半ばに初めて自分で味噌を仕込んでみました。

と、いうのもやっと豪州産のオーガニックのお米で
作られている麹を手に入れる事ができたからです!^^

■ RICE CULTURE ■

去年、友達の紹介でRICE CULTUREの代表の方に
出会えたのがきっかけ。

QLD州産のオーガニックのお米を使って
麹を作ってこれから、ビジネスを始めようと思ってるんです、と
言っておられて、ようやく販売許可等もokが出ました。
との事で乾燥麹を送ってもらいました。
↑がその写真。

あとがき(2018年) 友達はライスカルチャーから離脱して新しく
個人でまたワークショップをメインに始められています。

乾燥麹だと400gで少しの水で戻して500gになります。
戻したらふっくらとした感じが戻ってきました。

左はおとんの農家亭の蔵にあった寿司桶、
今迄全く陽の目を見ませんでしたが、この日初めて
麹と塩、茹で大豆を混ぜたりするのに大重宝しました!
結構古い寿司桶ですが、全然問題なく木の柔らかい感じが
伝わってきます。^^

フープロがあれば、本当一発ですね!
何度か経験している友達に話を聞いてたら、
「豆粒が残っている田舎味噌が好きだから、結構残したら、
残しすぎてちょっと食べにくかった。」と
聞いていて、やっばいやっばい。今回は初めてだし、
ちょっと丁寧目に潰しました。

味噌の熟成存法って色々あるみたいで、
プラスチックのラップを使うのがちーと嫌でしたが、
せっかくの味噌にカビが生えてもショックだし、
今回はちーと我慢。

豪州産有機大豆と米麹、塩は家に残っていたNZ産の海塩で、
ANZAC味噌がどんな味になるのかちょっと楽しみです。
思っていたより材料さえあればシンプルな行程なので、
ルーがもう少し大きくなったら一緒に味噌仕込みできるかも。

 

August 2014  自分達で麹も作りだす


冬が終わる前にやろう!!と勢いだって、
ご近所さんの友人らと一緒に麹を仕込みました。
友達のFちゃんが「賞味期限が一年切れてる種麹やったら
あるねんけど。」と話してくれたのが事の始まりでした。

周りもやっぱり考えてる事一緒だったようです。^^
「一年前の麹菌でも菌やしまだ生きてるよな?!?!?!」
と恐る恐る実行。

米を各自1kgずつ蒸して子供が寝静まった夜に集まりました。
それまでにLINEでどーだーこーだー、どうする?
あーする?なんてリサーチも皆でしつつ、でも結果、
結構適当でもうまく行くらしい。と聞いて、みんなホッと肩を
なでおろしました。ε-(´∀`*)ホッ

最近は周りメルボルンでも麹を作っている人も増えていて、
友達経由で買わせてもらったりしてたんですが、
自分達で作った方が安いし、楽しいしってことで、
麹祭り第一弾がスタートしました。

熱々の蒸し米を60度ぐらいに冷ましたら、(菌が死なないように熱々は無理)
麹菌をかけます。今回は初回+失敗したら嫌なので、プロが使う種麹の量を
5倍で挑戦。

本来なら一個の大きな袋にまとめて一気に発酵を待つのですが、
みんなの手元にそういう袋がなかったため、ティータオルにまとめて、
入らなかった分はキャリコの綿の袋にまとめて入れて、麻袋(芋が入ってる袋)
に入れて、発泡スチロールの箱に入れて、毛布もかけて湯たんぽで保温。

Aちゃんお世話&写真ありがとう!二日ほど混ぜる工程等を経て、
できあがりました。キャリコの方は過発酵か?というぐらい
40度ぐらいの熱が出ていたそうです。ティータオルの方はやはり低め。
でも固まるのはティータオルの方が固まったようなので、
どうなんでしょう。

4人で一キロずつ米を持ち寄って、結局1.1kgの麹が出来上がりました。
これだけあれば、色々できるどーー!!!と盛り上がって、
わいも切れていた塩麹、醤油麹と仕込み、楽しみにしていた
飲む点滴、と言われるほど栄養たっぷりらしい甘酒を初めて仕込んで
みたのでした。

昔は余りご飯で作ったりしていたみたいです。
Fちゃんは残りご飯の玄米で作ったようです。

Cpicon いちばん簡単な甘酒の作り方♡ by tmkskk

わいはきょうの料理のレシピを試してみました。

【甘酒】料理レシピ|みんなのきょうの料理

でも保温できるサーモスのような水筒がなかったので、
炊飯器の保温でできるのかな?とやってみたんですが、
一度ホカホカになりすぎて保温を消してみたら、そこからは
甘みが出なかったので、今回はちょっと失敗したっぽいです。(/_;)
まだもう少し余っているので、リベンジでやってみます!

できた中途半端なおかゆみたいな甘酒、
冷蔵庫で保存していたのですが、今日はアイデアが沸いて、
違う料理へリサイクルしました。

次回はもう一回冬が終わる前に麹を作って、
念願のご近所さんと一緒にお味噌作りをしてみたいと思います!

 

August 2015  ひよこ豆の味噌を作ってみる


去年に引き続き、今年も近所のクラフト女子達で集まって、
麹&味噌祭り2015をしました。

麹を作ったその翌週に味噌を仕込むという大掛かりな
二週間でしたが、今年は少し調子に乗って、ひよこ豆の味噌にも

挑戦してみました。

Fちゃんに塩や豆もバルクで手配してもらい、

計算得意のSちゃん、Aちゃんに麹のお世話係をしてもらったり、と
(あれ?わい何してんねん?って話ですよね。笑 あ、麹菌分配。笑)
色々仕事分配できるのがグループ作業のいいところ。
何より、みんなでわいわい言いながらしゃべってる間に、
出来上がるっていうのが、いいです、やっぱり。
去年と違った割合で麹1.5:大豆/ひよこ豆1の割合を実験。
わいも去年作った味噌がもうすぐなくなりそうなので、手作り味噌は
これからきゅうりもたくさん出回る季節にもなるし、
もろきゅー味噌とかで食べるおやつ用に、ルーに手作り味噌は
置いておきたいところ。
はてさて、どうなるかなー。ひよこ豆は大豆と違って、
消化がし易いという噂らしくて、どんな味なのか楽しみです。
手作りやと塩とか材料にこだわれるのがとてもいい!
これから毎年冬の仕事になりそうです。
麹も90gほど余ったので、甘酒リベンジを。
今年は炊飯器の釜に水を張って、パイレックスの計量カップに
甘酒を入れてから、蓋を半開けにしつつ、
60度にできてるかなーーー???的に実験しましたが、
去年よりは甘みが多かった気がします。
甘み甘み言うても、甘いーーー言う感じじゃないんですかね?
天然の甘みなので、優しい甘みってことで、成功しているんかどうなのか。笑
アミラーゼたっぷりだからか、口内にすっと馴染む感じもするような。
熱い日があったので、イチゴ、ヨーグルト、甘酒スムージーを作ってみました。
美味しかったーーー♡ルーも美味しそうに飲んでました。
甘酒、分からんかったっぽいです。
とある寒い日はしょうがとお湯、ココナッツシュガーを少量足してみました。
米、麹、米由来のものってやっぱりなんか身体への当たり具合が
穏やかで優しい気がします。変にお腹膨れたりとかもしないし。
そんであるとやっぱり便利だなーと思ったのが、琺瑯の大きい味噌ポット
温度計は欲しいなーと思いました。日本帰った時リストに加えておこう。
琺瑯のポットでも、■のがあればいいのになーーーーと。。。

2016年  ひよこ豆味噌も大成功して、菌について色々考えた


この時に作った手作り味噌を解禁ー!
上がひよこ豆のお味噌、下の茶色いのが大豆のお味噌。

どちらも香りがよくて美味しいけど、若干今回は米麹を作った時に、
米の蒸し具合が足りなかったのか、麹が硬いところがあったりするので、
改善余地ありです。

一緒に作ったのが近所の日本人の友達で、
みんな味噌作りをこちらに来てから始めたとか
素人なので、グーグル先生検索で見つけた
マルカワ味噌屋さんのサイトを参考に、作りました。

民間に伝わるところによれば、近所に住む人の手にある常在菌を
もらうのが自己免疫力を高めるのによいのだそうで、
ぬか漬けや他人の手が入る食品を食べるというのは理にかなった、
その地に根付いた健康法なのだそうです。

ここ数年、他人の握ったおにぎりが食べられない。とかいう記事なんかも
ネットでよく見ますが、除菌ばかりしているんだったら、常在菌を
少しもらった方がいいですよ。と言いたい。笑

他にも似たようなところで、はちみつも地域のハチが集めたものを買ったら、
花粉症にも一番効果的とか言われるみたいで、職場のウェブストアにも
各地域でそれぞれ集められたはちみつが売られて、(今年はシーズン終了)
人気商品なほどです。

家庭で作る有機味噌作りセット 中辛(約6kg)白米タイプ 【予約注文】※キャンセル不可【マルカワみそ】※送料無料(北海道・沖縄・離島除く)

価格:5,329円
(2018/6/29 09:16時点)

話しがそれました。が、マルカワ味噌さんも色んな種類のものを販売されつつ、
家庭での手作り味噌づくりも応援されている会社、日本の伝統食を後世に
残すべく、ステップの工程なんかもとてもわかり易くていいです。

日本帰ったら一度買ってみたい味噌の一つ!
無双のものよりなんかオーナーの顔が見えて安心で
個人商店応援したいな。

有機みそ 日本 600g

身体にとっては腸の方が脳よりエライ。とか
言われるようになってきて、腸内環境の良さで健康具合、
アンチエイジング効果、造血効果等が言われるようになりました。

それでプロバイオティクスの錠剤等を摂取している人もいると思いますが、
個人的にはそれだったら、酵母が生きている昔からある日本の伝統食、味噌を食べた方が
早いんじゃない?と思ったりします。

安い味噌の中には醸造アルコール等を使って発酵を早めたものもあったり、
加熱処理を行うものもあり、非加熱である味噌というのは、
酵母が生きていて、腸内環境を整えるのにとてもいいのだそうです。

有機みそ ヴィバルディ 600g

↑ヴィヴァルディの四季を聞いて育った味噌で、夏場は発酵する生味噌。

味噌汁に入れたらせっかくの生味噌の酵母が死んじゃうーーー。
そのまま食べたいなーとかも思ったりしますが、昔の人は大概が味噌汁的に食していた
だろうし、あまり頭で酵母が死んじゃうとか何だの
考えずに食べる方が本当はいいのかもしれませんね。

人類が築いてきた、火を入れて柔らかくさせ消化よく食べる方法、というものを
否定する食べ方は、本来の植物が保つ生物毒との兼ね合い等を考えると、
本当はどっちがいいんだろうな。と思い始めたりもしつつ。

これから、子供達と一緒に真冬の味噌作りなんかもやりたいなー。
で、うどんとかも練って、ほうとうとか、豚汁うどんとか作ってみんなで食べる、
みたいなイベントやれたら楽しいね。

July 2017  張り切って5種類の豆で味噌作り


メルボルンで味噌作り その1 麹づくり

メルボルンで手作り味噌 その2 5種類の味噌

そして、現在2018年に至るというわけで、4年目にして
一度目の麹づくりは失敗したので、笑 またリベンジ図ります。
今は炊飯器で甘酒を仕込んでみてますが、これはどうかな。

二週前ぐらいのガストロ的以来、
ルーのおならがすんごい臭っいのですが、
多分腸内環境が悪悪なんだと思われるので、
甘酒が成功してたら甘酒バナナスムージーでも
作ってみようと思ってます。

味噌汁や野菜、繊維もある食事を心がけているんですが、
なんでなんだろう・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください