photo: Toa Heftiba

2019年も幕が明けて、新年幸先よい感じで、
いい感じにまったりできるカフェに行けました。

昔は新しいカフェが開いたら、エリア問わずにわざわざ行ったりしてたけど、
今じゃーもうそんな時間もエネルギーもないし、残念ながら、
カフェのフォーマットやデザインがどこに行っても同じような感じに
なってきたので、そこまでガッツリとカフェにこだわらないようになってきました。

・・・歳やなぁ。きっと。笑

カフェを選ぶ条件として2つ
① 人と話が落ち着いてできるところ
② 子連れなので、子供の気を紛らわせるスペースか、何かがある。

それに限ります。

なので、まずは北方面のファミリーにも人気なカフェに行ってみます!!

サンブリーに家を買った友達に赤ちゃんができたので、
まずは赤ちゃんに会いに行こうーとサンブリーへ。

昔はVライン(長距離用電車)で行く場所でしたが、最近では普通の電車でも
行けるようになったので、近頃はこの辺りにも日本人の居住者が増えているみたいです。
電車からの車窓を見るのって遠足行くみたいで楽しくて好きです。

サンブリーの高校は第二言語が日本語のところもあるし、
自然やワイナリーとかも多いし、住めばここも都で楽しそう!^^
CBDからも電車で50分ほどだし。普通に通勤圏内だなー日本だと。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

途中、ウォーターガーデンズを超えると、ディガーズレストまでの
区間がめっちゃ長くてビビリました。しかもこんな風に、サンブリーまで
プレーリーがずーっと続きます。w 何もないの。圧巻!!

で、お友達にサンブリーでカフェといえばここ。と
おすすめしてくれたカフェ、The spotted owl に行きました。

本当は②の条件を満たすもう一軒があったんですが、
閉まってたので、ここにここになりましたが、手作りスライムを
持参だったので、なんとか過ごせました・・・。(;・∀・)

ファミリー・ビジネスなのかな?お父さんみたいな人が
「ここはどう?ベビーカーはこっちで。」と案内してくれました。

メニュー見て驚き!ドリンクメニューがめっちゃ充実してます。

田舎やしーあるんかぃなーとか思ってた自分が恥ずかしくなりました。
ごめん、サンブリーのみなさん!!w

わいはダーティーチャイを頼んでみました。
チャイと、エスプレッソを混ぜて飲むやつみたい!

チャイはちゃんと葉っぱのやつで、質も良いし、
「サイドにはちみつつけようか?」と聞いてくれるサービスも
嬉しかったです。ウォールナッツ&デーツスライスも美味しい♡

 

わいは一日にコーヒーは一杯なので、朝にコーヒー飲むと
ほぼ日中はよっぽどのコーヒー有名店等に行かない限りは
カフェではよくチャイを頼むんですが、いろいろ飲んだ中で
Calmer Sutra というチャイが好きです。

ちょっとねっちょりした感じのウェットタイプの茶葉とスパイスが
ブレンドされていて美味しいし、Chai walli も好きです。

ターメリック(ウコン)を使った
ゴールデンミルク/ラテも美味しいね。

話がチャイネタに逸れてしまいましたが、
キッズメニューもあって、ルーは久々にパンケーキ食べて、
ベビチーノを飲んで満足気でした。

他にも行った友達は、ご飯も美味しかったようなので、
また行って食べてみたい!

このオシャナシー(オシャンティと読んでしまう)ストリートが
サンブリーのイケてるカフェとか多いエリアだそうですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

今度はこれまた郊外にある、パッフィンビリーの出発駅でもある、
ベルグレーブ駅にほど近いカフェ、Earthly Pleasures Cafe 。

名前がヒッピーぽくって気に入って、どうかな?とインスタグラムを
見てみたらご飯やスイーツは手作りを謳ってたし、
おや、ガーデンがあるの?ということで、ここで友達と待ち合わせ。

ガーデンがあると、ルーも大体他のテーブルに来ている
子供達を見つけて一緒に遊ぶことができるようになってきたので、
ちょっとウロウロっと冒険できるようなガーデン付きのカフェは
結構チェックするようになりました。

今度、今までメルボルンで行ったガーデン付きのカフェ、
リストアップしてみようと思います!

このカフェは1931年に建てられたこの建物はエルサムにある、
アートギャラリー(素敵な孔雀のいるカフェもある)、
モントサルバット に影響を与えた建物だと言われています。

行った時は気づいてませんでしたが、
石の壁の感じが似ているなーと思って見てみたら、
やっぱりそうでした。

前にはベルグレーブと言えば、のカメオと呼ばれる、
ローカルの人達に愛されている映画館があって、
なんとそんなところにカフェあったの?と本通りからは
気づかないぐらいの木の茂り具合で、今まで全く気づきませんでした。

前は結構な度合いで通ってたんだけどね!?!?

そんな感じで少し隠れ家的なリラックスした雰囲気のカフェです。
犬を連れてきている人もたくさんいました。

ここはでもメニューはキッズメニューがなくて、
メニューはサンブリーと比べると結構ベーシックで、
カフェの王道メニューが多かったです。

が、ここもドリンクメニューはアルコール類なども含め、
種類が充実していたので、ランチよりお茶に行くのがおすすめかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

わいはこういうベーシックなメニューの時は
ハンバーガーを食べると決めています。笑

ハンバーガーも、ビーフ、マッシュルーム、
さつまいもとひよこ豆の3種類あって、わいのやつには、
目玉焼きとベーコンも入ってたので、そこだけルーが食べました。

ま、しっかり作られている感もあり、ビーフパティも
久々に牛食べた!って感じの味だったので、美味しかったんですけどね。笑

前庭、天井の高いけど薄暗い感じの店内、後ろ庭と結構な
オプションがあったのでそれぞれに好きなところを見つけるといいと思います。
前庭は日がどんどん照ってきたのですが、日よけを途中から出してくれたので、
若干風が吹くと寒い感じでした。

ヤングなウェイターの人達もヒッピー風ないい感じで、
人間らしい感じが出てる、いいカフェでした。

よい2019年の幕開けでした!

エリア問わず、子連れで行ってよかったよーってとこあれば、
教えてください!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。