2021年10月21日の木曜日の午後11:59をもって、
ロックダウン6.0が終了しました。

16歳以上の市民のワクチン2回目摂取率が70%を超えたためです。
約508万人の人口のメルボルン、355万人ちょっとが2回目終了。
なのですね。

いやー長かった。
メルボルンの住民は去年を含め、大方260日超えの
ロックダウンをしたことになります。

いやーみんなよう頑張ったよね。。。
ほんま、260日てすごいで、しかし。

そんなこんなで少しずつまた元通りの生活に戻っていくのですね。

それなのに新規感染者は2000人を超えているので
未だ予断を許さないなーという印象です。

ドクタースクラッフィー♡のCHO、ブレットも
「まーいつか必ず一度はみんなCOVIDにかかる。」的な
宣言もしていたので、わいもそんな心持ちでいますが、
予防できることなら、遅ければ遅い方がいいかな、と

人でが増える前に在外選挙に行ってきました。
一枚目の在外選挙登録証が終わって二枚目になったので
埋めないと!!的なスタンプラリー的な感覚になっている。笑

ロックダウン中でも領事館に選挙に行く、というのは
許可されているらしい(領事館より)ので
数カ月ぶりぐらいにシティに出ました。

本当、シティに人もまばらで、たぶんレストランや
カフェなんかはシャッター街に近いような感じだったんでしょうけど、
行った日は夜からお店が開けられる、ということで
レストラン界隈はドアが開いてみんな厨房で忙しそうにしてはりました。

と、いうわけでロックダウン最終日に外食したのはペッパーランチ。

ご無事だったのね、、、開いてるとここの辺ぐらいしかねー。
ということで食べたけど、お店で食べたらもっと感動あるのかしら。w

でも全部キャッシュレスで店頭でオーダーできて
ニューノーマル化頑張ってるね、という印象でした。

同じく選挙に行った友達といろいろ話しながら
ピクニックできて良かった。

日本語で色々語れるというのは、自分にとって
かなりのストレス解消法になってるみたい。

これがないと、かなり鬱々としてくるっぽい。
不思議だね。

https://twitter.com/ponzu_moloten/status/1451113657836789762

大阪人なもんでね、笑 出口や目的地に近い乗り場、
降り場なんかもすっかり忘れていて、洞窟から出てきた人間、ここに。でした。

仕事方面では、かなり激動の2週間を過ごしています。

うちの職場も食を扱う仕事ということでエッセンシャル(必要事業)に
指定されていて、スタッフはワクチン接種2回済が義務になりました。

一応、個人の自由を尊重して、「やめてください。」とは
ならない職場ですがこれにより現場至本の職種の一人は
家から働くことになって、これからどうやって回そうか。
という不穏な雲行き。


他にも指定日までにワクチンを打つ気持ちが定まらなかった、と
いうことで一人(この人は打ちたくない派)ここ2週間辺りずっと
来れない状態になっていたり、もう一人はずっと打ちたくなかったけど
打ってしまったので精神的にも来る副反応なのか頭痛がひどいらしく、
来ていなかったり、ショートスタッフ(スタッフが足りない事)事象が
起きています。

現場にいる一人ひとりの仕事量が増えていたので
かなりしんどい10月中旬となっています。

でもなんか流れが色々変わりそうな感じですかね、
やめる人もちらほらいるし。新しい人も入ってきたり、
新しい色に変わりそうな感じです。

個人的にはワクチン2回摂取の件、政府はちょっとやりすぎか?と
思ったりもしつつ、でもここまでしないと医療圧迫がすごいのかな?
と考えたり。

人口の少ない豪州で、いろんな職種、特に医療界隈の
人材確保が難しいのでそういうことも踏まえて、の決定なのでしょうか。

こういうビクトリア州政府の決定が嫌でビクトリア州から
他州へ引っ越しする人も結構いて、今後どうなるのかな。

とか言いつつ、仕事の日は終わってから死んでます。
今まで帰ってきて昼寝なんてしなくてもよかったのに、
最近は一日の勤務時間が長いので、昼寝しないと夜ご飯作れないぐらい
疲れてしまっています。とほほ

個人的には

本来余分な薬品は体内には入れたくない考え(きっとみんな打たなくていいなら
打たないと思うし)ですが、この世、コミュニティ、
人々と共に生きる最低限の公衆衛生義務=ワクチン接種という
選択をしたわけで。

代々人間の先祖が開発してくれたワクチンがあったから
ポリオも撲滅している国はあるし、狂犬病になっても治せるし、
風疹ワクチンがあったから妊娠時期も安心して過ごせたし、
髄膜炎なんかのリスクも減ったりしていたり、
そういう人類が築いてきてくれた予防医学の進歩を徹底的に
否定するというのも残念だなーと思うわけで。

そんな中打たない派の人には「打った人は二年後には死んでいる。」とか
書かれていたりして、(よう人に対してそういう気持ちを持てるな)と
そういうのを見るたびに残念になりますが、友達と「二年後に死ぬなら、
死ぬで、それを想定して一日、一日を大事に生きると決めた。」
と聞いて、
本当!!そのとおり!!!!と100いいね♡を贈りました。笑

しかも「大好きな人達がいなくなるとしたら、この世に生きていてもしょうがないし、
二年後に存在していないなら、それはそれで受け入れる。」
と達観したことも言っていて、
まさに!そのとおり!

この友達には今年のロックダウン名言大賞を贈りたいと思います。笑

ワクチン摂取者の人達が死んでしまったら、まさに北斗の拳の世界到来で、
ユアショーーーーッ!!!サバイバル時代到来。医者とかいないんだもんな。
ハート様出てきて、速攻ヒデブ状態になるよな・・・とオタクのトークを
繰り広げたりしていました。笑

そんなんでいろんな複雑な気持ちが交錯していますが、
基本、なるようにしかならない!派なので、
人への優しさ、ラブ♡、感謝の気持ちを忘れず、一日を大事に
生きていきたいと思っています。

とりあえずメルボルンロックダウン終了、おめでとう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください