2010年メルボルン初のモダンメキシコ料理店ママシタはこんな感じでした。

自分のメキシコブームが始まった2010年。

その時に行った、メキシコ料理屋のママシタについて
書いた記事を再編集して載せておきます。

きっとみなさんがメキシコ料理、と聞いて想像するのは
大体がTEX MEX(テックス メックス)と呼ばれる、
テキサス、いわゆるアメリカに存在するメキシコ料理です。
ナチョス等チーズをたっぷりと使ったようなもの。

そのテックスメックスとは一線を置いたコンテンポラリーで
野菜をふんだんに使ったメキシコ料理店として、
2010年にメルボルンに開いたお店が、ここ、ママシタです。

それではどうぞ〜〜〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

「ホリデーですよ!ランチに行きませんか?」と
誘っていただき、ガールズでランチに行ってきました。

行ったのは、かねてからずーっと行ってみたかった、
フレッシュなメキシカンで好評なMAMASITA。

結果はガールズとも全員「また来たいね♡すごいあっさりでおいしい♡」
ということです。価格帯はCumulusや、Movidaと似たような
感じですが、2009年のお気に入りがcumulusだったら、
現在2010年のおいしかったなー印象に残っているランチは
Mamasitaですかね!^^

メキシカンのイメージは今まで、すごいヘビーで
食べたらしばらく食べなくてもいいね、ってぐらいの
どっしりチーズですが、ここのメキシカンはハーブやライムを
ふんだんに使って、爽やか〜に食べられます。

1.セヴィーチェ ライムでキュアしたひらまさ
(だったと思う。)もっとカルパッチョみたいな感じなのかな?と思ってたけど、
結構しっかり締まってたので、これが本場のセヴィーチェなのかな??と
もっとセヴィーチェを食べたい気分。
ココナッツミルクが入ってたので、ライムとココナッツの組み合わせ、
すごく気に入る♡

2.フィッシュタコス
最近は結構フィッシュタコスが人気ですよね。
フードサファリでもフィッシュタコスやってたし、家でもやりたい!
千切りキャベツがポイントでしょうか?

3.メキシコのピザと言われるQuesadillas(ケサディーヤ)
この時はMexican truffle, mushrooms,roasted corn, epazote &
queso fresco メキシコトリュフ?と気になって注文。
案の定おいしくて、みんな好きな味でした。

4. メインとして頼んだローストラムのアドボソース
少し苦みがあったので、カカオでも入れてるのかな?と思ったら、
焦がした唐辛子を何種類かブレンドして入れてあるのだとか。
メキシコには100種類以上のチリがあると言われるほど、
たくさんの種類があるので、なかなかこのモーレ(ソース)の味は
家庭では難しそう。

後、サルサベルデと呼ばれる、コンディメント的な
緑のソースや(夏に向けて絶対作ってみたい!)
サボテンのサラダは、ぬるっとしたサボテンがローストキャプシカムに
似ていたりして、味覚の種類が少しまた広がりました。

夏は家でもっとメキシカンを作ってみたくなりました。
ジェイミーのアメリカ版にも、メキシカン系充実してるので、
そちらも参考にしてみようと張り切ってます!^^

チリの国メキシカンだから当たり前なのですが、
全体的に辛めのお料理です。お子さんがいる方は
ちょっと食べられるのが少ないかなー。。。といった印象なので、
要注意です。

メニューも2010年の時より変わっているみたいですが、
王道のセビチェやケサディーヤはあるようなので、
メキシコ料理好きな方には是非オススメしたいです!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください