夏のいちご仕事

 

職場で傷んでしまって売れなくなったイチゴが大量発生!!!
オーガニックだし、もったいなすぎる!!!

もう、コンポストに投げるのが心痛くなるくらいの量で、
なんとかまだレスキューできそうなものだけをもらって
帰ってきた日がありました。

とりあえずはやっぱりジャムかな。と思って、
1:1の同じ分量の砂糖を入れて弱火にかけました。

同僚が「スロークッカーで2時間ぐらい放ったらかしでできるよ。」
と言っていたので、超弱火で火にかけました。

こちらにはヒート ディフューザーと呼ばれる、
お鍋の底に均等に火を通す、とろ火用のものが売っていて、
一枚あるとスロークッカー的な役割を果たしてくれるので、
大変便利です。

それでもいちご水がうわーっと上がってきて、
ちょっと漏らしてしまい、これが起きると、
「ジャムが水っぽくなってしまう。」と同僚が言ってた通りに
なってしまって、

チーン・・・。Ω\ζ°)

とても水っぽいものになってしまったので
(多分煮詰めればいいのだろうけど)、
シロップにすることにしました。

煮た果肉もいちごピュレのようにハンドブレンダーで潰します。


でも基本、シロップにすると砂糖にほぼ全ての
風味と味が行き渡るもので、実はちょっと味気ないというか、
そこまで味はなかったんですが、シロップはすごい!

イチゴの風味、味が結構ガッツリしました!
砂糖の引き出す力ってすごいね。

暑い日があったので、イチゴソーダ。
週末のピザランチにもピッタリでした!

奥のスーのは大人のウォッカイチゴソーダです。^^

シロップをグリークヨーグルトにかけて食べたり、
最強の美味しさです!これがあったら、バニラとかプレーン味を
イチゴ味にできるので、夏の間は作ってもいいのかもなーとさえ
思ったほど、色々楽しめました!

フランスにはフランボワーズ(木苺)のピンクのお酢とかあるし、
ドレッシングにしても面白いかもなーとアイデア妄想は広がりました。

 

2 件のコメント

  • 作っている間のお家の中の香りが想像出来ます。
    きれいな色ですね〜!シロップを見たらかき氷を思い出しました。実は私も先週からジャム作りになぜかハマってしまって第一弾はいちごジャムでした。いつになってもサラサラだったのは吹きこぼしたのが原因だったんですね。お勉強になりました。

    • >ともこさん
      そうなんですよー。作ってる間とてもいい匂いで幸せ気分でした。^^

      ね、かき氷にも使えそうですよね。
      友達の家で製氷機があって、この間子供達が美味しそうにかき氷食べてました。
      でも一番美味しかったのは意外にもみぞれだったという。w

      プラムとかストーンフルーツが旬の時はジャムにしたりする人多いですよね。

      その同僚のおばさんが言うには吹きこぼしたらアウトーーーー!!!って
      言ってたので、ほんまやん・・・って驚いてたんですが、
      本当のところはどうなんでしょうね。(・_・;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。