サバが好きです!!!
青系の光り物全般大好きなんです♡

体力&やる気のあった時はこんな風にサバを買って、
さばいて、外でモクモクグリルしたりする時もあったり、

一度しめ鯖作ってみたり、色々してましたが、
最近はてんであきません、、、、、、、ほんま。

「毎日肉ばっかり食べてる気がする!」というのは周りの日本人の
友達もよくぼやいていますが、身近に魚が買いたい!と思える環境がある方が
珍しいので、魚料理が遠のいていく、というのはオーストラリアでは
よく聞くお話。

しかも最近捕れないのか、値段が高くなってきてるしね。

そんな中、先日思いは同じなのか、ケアンズ在住のMさんが、
インスタグラムでサバ缶の情報をあげていらして、(Mさんありがとう!)
こちらでも見つけたので、緑の方のスーパーでサバ缶を買ってみました。

これで、一週間の内に一食ぐらい魚の日ができる?
ご参考になれば幸いです。

肝心の。どれかな??

今回試してみたのは、これ。

マカレル(サバ)。笑 巻かれてみました。

買った時の記憶では$3.50(約300円ほど)の記憶だったのですが、
ウールワースのHPを見てみると、$2.50と書いてあったので、
200円ほどで買えるみたいです。

200円ほどで魚が買えるんだったら、日本と同じだ!悪くなくね?

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

パッカーン!!!!

開けてみました。

こちらでは特有の細身のサバ、すなわち日本ではゴマサバと呼ばれる
一般的な細身のサバが処理されて4匹分ほど入っていました。

そこまでサバ特有の匂いも少ないです。

実際にサバを魚屋さんで買おうと思ったら、
4匹ほど買ったら大体$8前後する(季節にもよる)ので、
4人家族だったら、ちょうど小さい感じのおかずは確保できる感じですね!

で、一匹は単純に醤油をかけて食べてみたんですが、
可もなく、不可もなく。。。

しかし、缶詰の中に入っていた汁は何かに使えるのだろうか、と思って、
汁と砂糖、酒、味噌とめんつゆを少量足して即席サバの味噌煮にしてみました。

じゃじゃん。

器の選択を完璧に間違えた感ありで、全く美味しそうに見えませんが、
日本で買う缶詰のサバの味噌煮みたいな味で美味しかったんです!!

こんな感じのコンビニで売ってるような味。w

今はこんあサヴァ?缶が流行ってるみたいですが、
非常食も兼ねて、いくつかサバ缶をストックしておくのも、
いいのかもしれません。

 

実はこのサバの味噌煮もこういう小さい一人用のフライパンで
さくっと作りました。(ルー&スーは食べないので)

缶詰だと骨まで柔らかく煮えて食べられるように加工処理が
されているので、本当に缶詰の中の出汁と、砂糖、酒、味噌、めんつゆの順で
混ぜて温めるだけで簡単で美味しくて、ご飯進んでやばかったので、
サバの味噌煮をさっと食べたい、とかの方にはオススメです!

めんつゆはパウダー状のだしの素があったら、それでいいでしょうね。

 

まとめ

これならどんな遠隔地に住んでいても、このサバ缶があって、
味噌、砂糖、醤油さえあれば、サバの味噌煮が作れて、これにご飯を炊けば、
サバの味噌煮込み定食も夢ではない!

(めんつゆ、だしの素はないなら省略してもいいと思う)

これに青物おひたしなんてつけたら、立派で大満足なご飯になるので、
節約したい方にもいいと思います。だってざっと計算して二人で二匹ずつ食べるとして、
サバ缶$2.5、ご飯も多分多くても一膳50cぐらいだろうから、
合計$3ぐらいで一食できるんでないかな?!一人$1.50ほど!

おまけにサバのオイルは身体に良い脂なので、
積極的に食べる方が良いとされているぐらいですしね。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

ただし、サバ缶はタイ産です。
タイ産が気にならない人には良いでしょうし、
骨も何も処理しなくても、すぐに食べられるので、
もうちょっと考えて(多分フライパンでさっと焼く、的な)
トルコ名物のサバサンド的なものにも挑戦して
一家で食べられるように考えてみたいです。

うちではパントリーのストック決定です!ありあり!

余談ですが、メルボルンでは緑も赤も両方のスーパーで、
一回ぽっきりのプラスチック買い物袋がもらえなくなったので、
持参するか、ALDIと同じく15c出して買うことになりました。

節約したい人はその辺もチリツモ間違いなし!なので、
スーパーに行く時は必ずエコバッグ等、買い物袋を持参してくださいね。

以前からスーパーで買えたエコバッグ持ってる人で、
破れてるとか不具合がある人は新しいものに変えてもらったり
できるみたいです。

多分ずっとあるキャンペーンではないと思うので、
破れてるのを持ってる人←はーい! は急いだほうがいいでしょうね。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください