麺好きの人〜〜〜!

はぁ〜〜〜〜い!

日本での土曜のお昼といえば麺料理だったなーと思い出しますが
よくよく考えるとOL時代は、きつねうどん&かやくご飯/助六定食とかも
普通〜〜にやっていたので、今思えばかんなりの
炭水化物大魔王だったな、と思います。

「麺料理をよく食べるでしょ。たま〜にならいいけどね。
精製された小麦の食べすぎは要注意。」

とギクっとさせられることをアユールベーダのお医者さんに言われ、
はいはい、控え目にね。とは思っておりますが、

♫〜わかっちゃいるけど〜や〜められないっーーっとー。

麺料理大好きでございます。



でもむやみに何も考えずに麺料理を食べるのはやめました。
前の自分だったらお昼に麺料理食べて、晩も麺料理でOK!
ぐらいの勢いの麺好きでした。

が、一日一回まで。にすることにしています。

そして精製小麦がイマイチ(それでも食べるけど)なので、
一週間の食べている大体の感覚でバランスを見て、という感じの
おつきあいになりましたかね。

ラーメン食べたいなーと思って家で作ったラーメン!

先日は買い物でロースト用の一羽の鶏を買いました。

骨も皮も全部ついているけれど一羽8ドルほど、という
多分これが一番、節約にはいいのかな。と思える値段です。

部位も偏ることなく食べることから、
最近食べていて一番しっくり来る丸鶏一羽です。

身を適当に売られている部位の肉状態を真似て
さばいた後、そのガラで取ったスープ、しかも2日ほど
朝晩と料理をするついでに弱火で、それと
部屋の暖房という名目も兼ねて煮ました。

最後は骨がボロボロになるほどに煮えたので、
(ブラッド&ボーン?と思ってベジパッチに埋めたので
無駄0!)

それで作ったラーメンが超うまかった!(↑の写真)

あの鶏油の浮いたとこ見えます?ほんまうまい!あの油!w

TVのおいしいラーメン屋特集なんかでよく見るように
先に温めたボールに、
✅ 醤油、
✅ 味噌、
✅ ぬちまーす(美味しい塩ならなんでも)、
✅ にんにく、
✅ あご出汁パウダー(大阪人なのでね、海鮮系と
混ぜるのが好きなんですよ。)を入れて置いたものに
あつあつの鶏ガラスープを注ぎました。

それを軽く混ぜて麺を入れて出来上がり。

あっさりとしたスープですがあごだしの旨味が効いて
より一層うまさ&滋味溢れました。

錦華坊 えび麺 香港蝦子麺(粉末スープ付) 454g(10個入)/袋

肝心の麺ですが今回は友達が口に合わなかったからあげる。と言って、笑
くれた蝦麺にしました。

蝦麺は中華圏だとよく食べられている海老入の麺で
アジグロには必ず売っています。

個人的にはそこまで海老の風味は感じられませんが
和え麺風にする中華系の人が多い印象でしょうかね。

友達がくれたのは特に海老の卵が入ったもの!という
少し高級感あふれるやつでこういうラーメンにもピッタリ!
美味しくいただきました。

何があかんかったんか、
逆にそっちの方が気になりました。

あと最近はスーパー(CとW両方)に白滝が登場しています。
時代は変わったんよぉ〜〜〜〜〜ほんま。

このSlendier(スレンディア?)というブランドはWの方にあったもので
日本には逆にない新鮮なフェットチーネ/きしめんタイプの太さのもの。

わいとルー(わいに似たな)はこんにゃく好きなので
スーパーで白滝が買えるのが嬉しくて若干高めな設定ですが
思わず毎回カートに入れてしまいます。w


小麦由来の麺でもないし、たまにはこれもいいな、ということで
新しいNEOこんにゃく(KONJAC)文化に浸っています。笑

NEO KONJAC!!!フォーーーーーー!!!笑

こんな感じでうどんを作った際に余った
出汁の中に入れておいたら翌日には
しゅんでいい感じになってました。

ずぼらが食材をしゅましてくれる。というのは
本当ラヴです。w

(一度煮てから冷ます時に味がしゅむ為)

photo: Slendier Konjac より

Slendierのサイトを見てみたらこれだけの種類があるみたいですが、
Wでは取り扱い種類少ない?

スパゲティ、ヌードル、ライス、フェトチーネのサイズがよく
見かけるやつでたまにセールになる時があるので
またセール時を狙っています。

ラザニアてなんやねん。
どうやってラザニアにするん?こんにゃく?

https://twitter.com/kyogohannani/status/1394240590007574532

逆にコールスの方は結構いろんな種類を見ました。

ま、こんな感じで常温保存で驚きますが
白滝が買えるようになって
麺の代わりに食べられるようになったというのも
時代を感じます。


昔(19年前)は日系食品店でしか白滝見たことなかったけど
ここ数年アジグロとまで来て、やっと一般スーパーに白滝キターーー!と
時代の反映を感じました。笑

メルボルンでなにかがメインストリームになるまでって
20年ぐらいの歳月が必要なんでしょうな。長っ!

他にもオーストラリアはイタリアからの移民も
多いので本場イタリアに負けないほどのパスタの種類も
あるので小麦を全部やめろーーという方が無理なわけで。

たまにはやっぱりこんな風な変わった美味しいパスタも
食べたい!

移民が多くやってきた時代、南イタリアからたくさん農業に従事する
イタリア人がメルボルンにやってきたようで
南イタリア界隈のパスタも身近なパスタとして
メルボルンでは楽しめます!


この2つ、オリキエッテとストラシナティ(合ってる?)も
南イタリアでよく食べられているパスタみたいです。

オリキエッテは小さな耳を意味する平たいパスタで
ショートパスタがそこまで好きじゃないわいも
オリキエッテのパスタサラダ的なものは好きです。

もう一つのストラシナティはプーリアや
南イタリアでよく食べられる押しつぶされた(drag)という
意味合いを持つオリキエッテと似たタイプのパスタのようです。

本場ではどうやって食べているのかな。

こういうイタリア地域食文化の局面がメルボルンでも
ちらほら垣間見えるので本当いつか、イタリアに行って
色々な家庭料理を自由研究してみたい!w

最近のうちの疲れたーーご飯作る気ねー。
アイデアねー。。。の時の定番として、
この玉葱&トマト&ツナパスタ
(この日はサラダほうれん草もあったので入れた)
を2週間に一度は食べてる気がします。笑

ルーはもっちろんこの組み合わせは拒否られるので
たらこスパゲティ。

ほっとんどのイタリア製パスタはデュラム小麦で作らていて、
精製小麦とは性質が少し違うらしいので
食べるのならうどんや中華麺よりパスタの方がまだマシ。
というのをどこかで見た気がします。

なので茹で汁もソースの内。とこのトマトを刻んで炒めた時も
パスタの茹で汁を結構お玉2杯分ほど入れてオリーブオイルと
乳化させます。

パスタの出汁が出ているのでソースも少ししっとーりした感じで
美味しくなります。


あとソースにとろみをつける&ルーに食べる食材の
バラエティを増やすという意味もあって、
そばの実を使ってとろみを付けることがあります。

なんてこたーない(タモさん元気ー?)、
ただひとつかみ分ぐらいのそばの実を煮る時に
一緒に入れる。だけ。w

ま、小麦回避にも一役買ってますしね。

そばの実は良質のタンパク質が豊富な食材なので
積極的に取り入れたいところ。

おまけに賞味期限切れのそばの実を大量に職場から
もらった、というのもあってとろみ=そばの実になっています。

これはスー&ルーにもバレていないようで
味もそこまで変わらないようなのでスープとか色々使える!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください