身体のコンディショニング。肺の活動域を高めたい!肺年齢若返りたい!!

毎週一回はボディバランスというヨガ/太極拳/ピラティス等が
一緒くたになった、レズ・ミルズが開発したプログラムに行っています。

本来なら、ヨガスタジオに行きたい(ハタ希望)ところなんだけど、
近所にさっとチャリで行ける時間帯のスタジオもなく、
多分最近できた良いかな?的なのは日曜の16時とかで、時間が合わず。

かといって、家でDVDつけて自宅でやる、という事も
できず、、レイジーなおばさん。この動画いいよ!とか
あれば教えてください!自分で調べてみるか。笑

で、このボディバランスのクラスにしゃーなしに行ってますが、
これでも肺や横隔膜は上がる感じがして、肺の可動域が拡がる感じがします。
行った後、本当すっきりするもん。

多分ながら族も辞めて、1つの事にバッチリ集中する、というのも
とてもいいんだと思う。頭が本当すっきり目もぱっちりですよ。だって。

ロルフィングでやった通り、肺に立体感が出る感じといいますか、
もう少し奥まで息が入っていくので、やはり運動は身体に
いいんだろうなーと再認識している今日このごろです。

 

レズ・ミルズのプログラムはボディバランスだけではなく、
色々あって、世界的に人気で、日本にも公式サイトがあり
インストラクターになる人も増えてきているみたいです。

わいはヨガから入って、身体の動かし方に興味を持ち、
ロルフィングもしたし、
ちょっと身体や筋について
少し自己研究した事もありますが、このレズミルズのプログラム、
実はどれもバランスを全体的に上手に取る感じで、うまく構成されています。

それだけに忠実にやれば健康効果はあるだろうな、と思います。

結構色んなジム等でやってるので、ヨガ的な動きで身体動かしたい人は
ボディバランスいいかもです。筋力つけたい、とか身体改革したい人は
ボディコンバットとかボディパンプですかね。

体験してみるのもいいのかも!^^

日本中医薬研究会より)

最近は車通勤になって歩く事が減ってきて、(やばい!)
座った猫背の姿勢でいることが多い(スマフォでネットやら色々)ので、
肺も前かがみの姿勢で潰れて、可動域なんて多分めちゃくちゃ少なく
なってきてると思うんですよね。

現代社会ではこのスマフォ/個人端末前かがみ+猫背が影響して、
ゲーム依存とか(一日16時間とか)になってる中学生も、
入院して検査してみたら肺年齢が52歳だった、という
ニュースも先日見ました。

深呼吸が身体やマインドフルネスにいいように、
呼吸を正しくしないと、身体に出てくる影響って
たくさんあると思うんですよね。息しないと死ぬわけだから、
やっぱり新鮮な空気を体内に巡らせてあげないと、
健康は約束されないわけです。

意識して、横隔膜あげて肺を立体的に使って、
呼吸する事を考えないと、わいもこのままじゃ、
東洋医学等で考えられる、リンパ等の滞りがますます進み、
腎臓に負担がかかって・・・という悪循環になるので、今年の冬は意識して、
肺をしっかり使って呼吸をすることにしたいと思います。

勝手な個人的な考えですが、冬はほぼ全ての動植物が冬眠するし、
ハーハー息が上がるような過剰な運動もそこまでする必要はないと思うし、
冬は逆に、深〜い感じでリラックスして呼吸を巡らせる感じでゆるーい動きが
いいかなーと。

そして春ぐらいにその積重ねた肺領域一杯に、イキイキ行動するのが
理にかなっているというか、動物的な自然に合ってると思うんです。

他にもこの五臓六腑の図は見てて面白くて、1個悪い臓器を治したから、
病気が治りました。っていう西洋的な考え方は、どう考えても、
とても無理があると思うので、ホリスティックにとりあえず
お互いの臓器が影響し合って、という考え方の方が、
自分と合っていると昔から思っています。

以前、どきっとしたのが、耳かきをよくする人(はーい)は
腎臓の機能が落ちていて、無意識に腎臓を労りたいが為に、
耳かきをする、と聞いたことがあって、五臓六腑の表を見ても
腎臓と耳は繋がっていると考えられているので、
満更でもないようです。

うちの家系はおとん、妹、わい、おかんもみんな耳かき大好き。
しかもおかんは腎盂炎になったりして、多分腎臓弱め家系です。(;・∀・)

実は毎日耳かきしたくなる、とかは腎臓からのサインなんかも。
腎臓を休めるという意味でも、外食が多かった人は、
家で薄味の食事にしたりすると良いのだろうなーと、
普段の暮らしから、ちょっと意識して自分の癖で
身体の調子をコンディショニングできるといいですよね。

今、メルボルンの田舎地域では紅葉がキレイらしいので、
紅葉狩りに歩きに行きたいなーとも思っています。
呼吸できるし、歩けるしいい運動だよね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です