オオサンショウウオに会いに京都水族館へ

そうだ、京都へ行こう!で、
京都へ行きました。笑

今回の旅行の時系列が全部逆になっているのは、端末の写真整理の都合上です。
申し訳ない。

と、いうことで京都!

わいらは前日、奈良でユンのところで一泊した後、
京都へ向かったので余裕で電車座れてよかったです。

でも結局のところ京都から大阪、奈良ってどちらも
同じぐらいというか、いや、奈良から京都行く方が
若干遠いんですね。は?いまさら?やけど、ジョルダンいれたわ、やっと。w

なんとなく奈良と京都の方がずーっと近い感じがしてました。
うちは特に大阪でもキタエリアになるので、余計に京都に近いのかも。

で、今回台風21号(でしたっけ?)の影響で、
ガラスなんかも落ちてきている映像を見ていた京都駅。

何事もなかったかのように、人が忙しく行き交ってました。

大階段とかやっぱり圧巻ですよね!
美しい駅。

今回はおかんが屋上?ら辺にある、少し洒落た
洋食のレストランへ連れていってくれました。

ランチセット1500円で、前菜のアパタイザーから、
メイン、デザートまでついてくるという、
メルボルンでこの値段はあり得ない!!!!バンザイ〜〜〜〜〜!!と
スーと大喜びで食べました。

グラスワインつけてもメルボルン以下やがな〜と。
早速ワインを注文したスー。笑

でもこういう時、日本やと量が日本サイズでルーとパスタを
シェアしよう、と思ってもなかなか難しいサイズですね。
メルボルンやったら半分で十分なぐらいの量ですが、パスタの
追加料金を払って少し大盛りで頼めばよかったんでしょうか。笑

こういうのって日本、頼めるんだっけ??

いや、あんな雰囲気ではないか、大盛りなんて。
そういう時は後にコンビニ、というのが正解ですかね???(;・∀・)

そして今回は鉄道博物館へ行こう!と盛り上がってたんですが、
なんと行った日が水曜日で、休館日。

チーン。

調べてこいよ。ですが、しかもこの日もまだ暑かったので、
タクシーに乗って行ったんですが、運ちゃんもしらーっと、
少し遠回りをして、しらーっとわいらを降ろして去っていきました。

運が悪かった・・・。チーンです、ほんま。

歩けない距離ではないです、ググってみたら23分と出てたので。
でもルーと一緒だと30分以上はかかるので、行きはタクシー、
帰りは頑張って歩きました。

で、近所にある京都水族館に行くことにしました。

苦肉の策やったんすよ、これは。

でも、これが意外に、行ったら行ったで、
見応えもあって、さっくり半日ぐらいで見れる、
よい水族館でした!!

入ったらすぐに現れるオオサンショウウオの群れ。

一瞬、きもぃ!と思いますが国の天然記念物。

日本固有種なんですね、これが。意外に。
たまに鴨川なんかにも上がってきてたりするそうで、
わいもおとんが昔尾鷲に単身赴任行ってた時に住んでた家の
横の川で目撃したりしていて、自分にとっては結構身近な生き物です。

ルーは何これーーーーーー!!!と驚いてましたがね。(;・∀・)

そして、ミャンマーで動物園行った時もそうだったんですが、
アジア特有というか、人間と生き物との距離が近いので、見応えあります。

オーストラリアより敷地面積が狭いというのもあるのかもしれませんが、
オーストラリアだと特に動物にもよりますが、
(多分)動物のストレスにならない距離、というのも
考えられてて、人間が動物を藪からこっそり見る、的な感覚に近いです。

はぃ〜〜〜。(そろっと)お邪魔しますよーと声が少し小さくなったり、します。笑

だから、逆に距離が近くてわいらにはとても新鮮でした。

見て!この近さでこのあざらしの笑顔!!!!笑

こんな間近でこんな顔されたら、最強に嬉しくなります!!
ちゃんとしたカメラをこの時に持っていたらな〜〜〜と
思いますが、しゃーないね。。。。とほほ。

こんな感じであざらし君、ぬぼーーーーーーーーーーっと円筒を
上がってきたりして、愛嬌を振りまいてくれました。

鱗がキラキラときれいなおいしそうなイワシの群れ達。笑

スイミーもこんな感じやったんかなぁーーーーと。

思いッきり湾曲してますが、ニモとドリーもいました。^^

結構オーストラリアの魚がいっぱいいました。

何時間でも見ていられそうだった、くらげ。

手書き風なサインも趣があってとても良かったです。
全部こういうやつでした。

にしきあなごに、

ちんあなご。

この細かい水玉の模様。可愛すぎる♥

なんちゅー生物なんでしょうか、これ。
ほんまに面白いですよね、生き物の世界って!!!

子供以上に大人が楽しんでしまう、京都水族館です。笑

後、写真は載せてませんが、イルカショーもありました。
午前と午後で一回ずつかな。

世界的に賛否両論のあるイルカショーです。
ええぇ??日本てまだイルカショーやってんのん??というのが
近年の世界的な感覚で考えるイルカショーの感想のようです。

世界的に、サーカスやショーという名のつくものは、
大体が動物を使わないものに移行してきています。
人間のスキルだけで、やります!!限界まで!押忍!!的なものがほとんどです。

が、ここは日本だし、わいは、やってるものはありがたく、
ルーが見たかったら、楽しく見る派です。ゆるい。

でも実は日本に着いて早々、白浜アドベンチャーワールドのイルカショーを見ていたので、
申し訳ないけれど、京都のイルカショーはとてーーも薄っぺらく見えてしまいました。

まー値段も倍ほど違う値段なんで、比べたら
可哀想やろ、とおかんと話してました。

京都のは4人俳優との絡みがあるイルカショーなんですが、
個人的にはもう少しシンプルなものでも十分じゃないか、と
思いますが、人それぞれなんでしょうね。

帰り際、館内のカフェでお茶を飲んだ後に、
柚子に買って帰ろうか、かなり悩みましたが、
シャーーーーっと言われて終わりそうなので、やめました。
こんなんかぶったら萌え〜〜や。。。

ビオトープのような日本らしい庭。
ここが最後でこの後、ギフトショップを通って出口です。

Exit through Gift shopね、定番の。(・・;)

帰りの大阪への電車は激混みでしたが、楽しい京都旅になりました。
今までスーとやっていた全然京都らしい京都もやってませんが、
ルーの年齢も考えたら、まーお寺界隈、もうちょっと後でええかーということで。^^

博物館水族館より、この梅小路広場で開かれるフリーマーケットがまたええねんっ!!!!!
と、おかんがしつこく4,5回言っていたので、本当にええんやと思うんですが、
手作りものとか、そういうのもたくさんあって楽しいみたいです。
妹も興奮気味に語っていたので。

http://www.tedukuri-ichi.com/umekoji/によると、

開催日:毎月第一土曜日(1月・5月はお休みになります)雨天決行
時間:午前9時~午後4時
場所:京都市下京区七条大宮 梅小路公園

みたいですね。

ん。やっぱり?!百万遍のてづくり市がこちらに移ってきたのかな?
昔ユンと行きました、百万遍のてづくり市。こういう雰囲気は確かに
楽しかったので、そういうのが好きな人はぜひこの日と合わせて行ってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください