またインドアグリーンがブーム来たみたい。

とうとうメルボルンの歩行者天国(トラムはいるけど)になっている、
バークstに☆のオーナメント達が登場してきました。

これを見ると、あーもうすぐ一年が終わるんだなーと感じ始めます。

クリスマスもやってくるし、マイヤーの飾り窓は今年は
アリスワンダーランドかーなんて思いつつ、
町中も色んな物がクリスマス仕様に変わり、
植木なんかも新しく一新されます。

この上段部分のもみの木と、紫、シルバーとの組み合わせで、
ちょっとしたクリスマスムードが表せるから、このデザイン素敵だわ。
アイビーもさらっと垂れる感じでとてもいい。

寄せ植えとかさ、全く興味がなかったのに、歳って恐ろしいですね。
なんでも素晴らしく見えてきちゃう。w
後、なんでも可愛いって思ってしまう。w

このシルバーの植物もこういった飾りにいいかなーと思って買ったら、
見事に速攻枯らした経験がありますけど、また今年やってみようかな。^^
ラムズイヤーと呼ばれるふわふわしたやつも銀色っぽいので、
良さそうかも。

クレマチスも季節なんだね、この花、毎夏見てるけど本当大輪で、
すごい圧巻!植木自体が結構高いので、枯らすのが怖くて毎年見てるだけですが、
いつか買いたいかもなー。(・・;)

そんな感じでまた植物っていいなー♡熱が上がり始めました。

ここに越して来る前の家はジャングル化してました。汗

でも2000年代はまだオーストラリアでは観葉植物なんて、
(70年代のものでしょ?だっさい。)的な勢いだったのに、
今じゃ特に若い人達に大ブームで、植木一つに100ドルとか出す人もいるぐらい、
市民権を得始めました!!

その趣味人工が増えだすと、手に入る植物の種類も増えるし、
鉢とか、その他のグッズも充実し始めるのでいいんですけど、
当時「この家は70年代か?」て言われたのが癪だぜ、本当。
今を見ろ!!って思っちゃう。

書籍も観葉植物限定したような素敵なのが出始めてきました。
図書館で見つけて借りてみました。

イギリスの女性二人のユニット、Ro Coの著書。

なんでこのイギリス系のデザインってこんなオシャレなんだ。
この人達の家なんでしょうが、それも大概ジャングル化していて、
植木と鉢や、組み合わせる小物や場所使いのセンス等とても勉強になります。

うちもコウモリランとか早くぶら下げたいのになー。。。

観葉植物は葉っぱ1枚や茎から根を出して増やせたりするので、
その方法やそれが可能な植物の一覧等が載ってあって、
この本を置いておくのも便利かなー。

早速影響を受けて、うちにあるにょきにょき伸びてきていた新芽や、
ランナー等を切り取って、新しい植物スポットを作りました。

リプサリスもそこまで手をかけず、地道ながらにも
毎年大きくなってきていて、新芽をにょきにょき伸ばし初めてきています。
外には鉢が2つあるけど、移植しまくってるので、
これからどんどん増えそう。

また秋口にでも友達同士で交換したり、あげたりしようと企んでいます。

そして、こんな感じで2年ぐらいほど前からインスタ等で出始めて、
この丸い葉っぱ可愛い♡とずーっと欲しかったピリアも載ってて、
インスタにいつか買うぞー!!なんてインスタであげたら、
毎度のskkiiiiiちゃんが、バニングスに売ってたよーー!!と情報をくれて、
見に行ってみました。

もろてん。
ちなみにピリアはチャイニーズマネープラントという英語の別名もあります。
日本にもピリアあるのかな???

高くてどうしよーかなーと考えていた本格的ナーサリーより、
なんと$6も安く売っていたので、思わず他にも欲しかった植物も
買ってしまいました!w

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

と、何故かこのしましまポット付きで販売されてました。
ポットはいらねーなーと思ったんだけど、付いてきたもんはしょーがない。(・・;)

と、新しい葉っぱも顔を見せ初めて、毎日出かける時に
ニヤニヤしながら眺めてしまいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください