iHerb の5%オフこちらから

【初買い・iHerb】敏感肌の私がメルボルンでアイハーブを注文して2社の物を比べてみた件

2020年1月12日

1回目の購入が大成功!そしてマルラオイルがなくなったので、ロックダウンになっていた2回目も調子に乗りました。笑 家まで配達してくれる、というのは本当に助かりました。しかも結構早かったし。

郵便が混み合ってて1ヶ月かかった園芸物とは違って、1週間ぐらいで到着!
ありがたかった。本当。

マルラの他に頼んだものを挙げてみます。

iHerbオーダー2回目

5%OFFコードBGC8062(iHerbトップ画面へ飛びます)

Nature’s Way, Siberian Eleuthero, 250 mg, 60 Vegan Capsules

シベリアンウコギ

日本ではエゾウコギがあって、知られており、強壮作用があると聞いていて、アイハーブでもあると聞いて見てみたらシベリアだけど似てるだろう。腰痛や関節痛にも民間療法で使われているということで、頼んだのが絶賛ロックダウン中+腰痛気味+疲れ気味だった自分にバッチリ!と思って買いました。

あー疲れたかも、と思った時に飲んでますが、正直なところ果たして効果はあるのか?笑 

今のところ、副作用的な肌の異常(わいはすぐ出るタイプっぽい)等も出ていないのですが、効き目がそんなに分からないので別に飲まなくてもいいのではないか。とリピはしないと思います。

Trace Minerals Research, ConcenTrace, Trace Mineral Drops, 8 fl oz (237 ml)

トレースミネラル

結構高かったので、買うのをドキドキしつつ、長い間リストに入れてたんですが、ミネラル補給を目的に買うデールスフォードのお水より安いか!と思いつつ買ってみました。

裏面を読んでみたら、米国、ユタ州内陸部の塩湖で採れるミネラルを凝縮させた液体サプリメント。ビクトリアでもピンクソルトの採れる塩湖があります(規模はもっと小さいと思うけど)が、そういう感じのとこなんだろうなーと想像します。

1ガロン(3.78L)の水に20−40滴入れてジュースや水に混ぜて飲む。ということで、水に入れてましたが1Lのジャグに3滴ほど入れただけでルーは、「なんかこれ塩っぱい!」とバレていたので、ジュースなんかに混ぜる方がいいのかもしれません。

飲みやすさ的にはデールスフォードのスパークリングの方が美味しいです、やっぱり。(ちょっと鉄っぽい)

でもしばらくすると腕のところに発疹が出てきて、首周りにも発疹が出てきたので、この影響なのか、それともビタミンD(大体が羊の脂由来であるラノリン)を目の上のかゆみに効果があると感じたんで、調子に乗って毎日飲みすぎたのかなのか謎ですが、かなりひどい事になりました。

首の後ろは特にぐじゅぐじゅにまでなってしまいました。とほほ。

トレースミネラルか?と思いつつネットを見てみたら、ブランド名は書かれてなかったんですが、金属アレルギーのある人(はーい)は湿疹等の反応が出ることがある。となっていて、まさにへちょい金属のピアスした時と同じような湿疹やん!とびっくりして摂取を辞めました。

ほっとんど使っていない状態で辞めていて、悔やみきれないので、ビタミンDは辞めている時、かゆみの湿疹がなったところでまた、実験してみようと思ってます。懲りねーなー。(;´∀`) 最悪何に使おう。お風呂に入れる?

アシュワガンダ

ストレス緩和剤として人気の高いアシュワガンダ。夜もぐっすり眠れると聞いて、買ってみました。

東洋医学やアユールベーダが好きなわいなので、サマハンの他に初めてインド系サプリにトライしてみました。

なんだこの怪しげなアユールベーダのお茶は!?でも風邪に効くらしいので試してみた

2018年4月5日

なんとなーくほわーっとした気分になるような気もしないでもないですが、これも効いてるのかどうかわかりません。(;´∀`)飲んでも起きる事は治らないので、はてさて。リピはないでしょう。

そして肌の調子が絶不調になってしまい、肌のリペアをとりあえずしないと。と思って、ツイッターでフォローさせてもらっている、ユウさんのこの記事を思い出しました。

すごくわかりやすい記事だったので、読んでみてください。↑

わいの場合は美白目的というより、とりあえず肌の再生=ビタミンCと思っていたので、ユウさんによれば、ビタミンCの吸収率というのは個人差がとても激しいそうで、イメージ的にはビタミンCを必要としている最後の細胞まで行き渡らせるようにするには、段々の滝壺をイメージしてください。とありました。

ビタミンカスケードというらしくその個人差なんと100倍!

滝壺は3000段ある人もいれば、2000、1000の人もいるわけでビタミンCの効果は人それぞれなんだな、と。人間の神秘ですよね。

最後の滝壺が風邪予防や美白だとしたら、そこまでなかなか届かない人とかもいるみたいです。

この時もまだロックダウンで、個人的に電車に乗る勇気もまだちょっとなく様子見で、豪州産の高濃度ビタミンCを買いに行けなかったので、今回はiHerbでビタミン二種類を頼んでみました。

iHerbオーダー3回目

5%OFFコードBGC8062(iHerbトップ画面へ飛びます)

(水溶性)ビタミンC1000mg

水溶性ビタミンC。
これは過剰摂取になったら尿と一緒に排出されるやつでほとんどリアクションもないと言われています。とりあえず最後の滝壺まで届いてほしいーということで、レビュー数もすごい数だったし、買ってみました。

普段は1500mgだけど、カプセルタイプなのでマメに飲めばいいか。と。
水溶性は普通に気づいた時に水と一緒に飲むやつ。

そしてもう一種類は今回ははじめて挑戦してみる脂溶性ビタミンC。

脂溶性ということで、ご飯と一緒に飲むタイプのビタミンC。効果がじわじわーっと拡がるので体内にビタミンCの滞在する時間が長い長期リリースタイプ。

パルミテートと書いてあるように、パルミチン酸を使ってビタミンCがすぐに流れないように加工されているみたいで、一時期美白効果がある!と盛り上がった、リプライセルなどと同じ効果を期待できるみたいですね。

500mgと書いてあるけど、実質200mgしか含まれていないので、その辺は自分の食事加減とバランスを見ながら(モットーとして基本は食事からタイプ)、水溶性と両方を取り入れ、首のぐちゅぐちゅしていた湿疹と腕に少し出ていた湿疹が枯れて、やっと最近落ち着いてきました。

ビタミンC 2種類と同時に、2週間に一度ぐらい亜鉛のサプリ(豪州産)も摂りました。

肌が一段落ついてほっと一息。
肌の調子が悪いと本当心も荒みます・・・。

やっぱり肌の再生にはビタミンCの効果があるな、と実感したので、歳をとってきた今日このごろだし、ビタミンCとはマメに摂取する必要性があると感じました。

ルーにはやっぱりチュアブルタイプのいつもの豪州産を買うつもりです。
(脂溶性ビタミンCは子供には向いていない)

そして、

これまたツイッターでフォローさせてもらっている、カナダ在住のユー子さんは、高濃度ビタミンCのアスコルビン酸は大抵のものが遺伝子の組み換えされたとうもろこしから作られている危険性を訴えてはりました。

NOWの脂溶性ビタミンCはとりあえずNon GMO表記があったので、この辺はちょっと安心かな、と。メンタルからも結構くるよね?病は気からというの、めっちゃ分かるもん、最近。

フライパンでOK!ビタミンCたっぷりの柿の葉茶は手軽に自宅で手作りしよう!

2018年5月19日

それと同時に、天然の熱に強いビタミンC摂取ということで柿の葉茶も飲んでいたわけです。

それとマルラオイルでお世話になっているアキュアのシャンプーシリーズ。

このココナッツ&アルガンオイルのシャンプーバーは身体もOK!と書いてあったので、よかったら旅行には固形バー一本計画に!(まだ使ってません。)

シャンプーの方はプラスチック容器が少し気になりましたが、使い心地は結構いいのが悩ましいところ!アルガン&パンプキンと書いてあるけど、香りはアーモンドっぽい杏仁豆腐の匂い!苦手な人は辛いかもだけど、泡立ちもよく柔らかい洗い心地です。

アーム&ハンマーブランドの重曹はずっと使っていますが、ここがデオドラントを出しているとは知らなかったので、スーが使うのでついでに頼んでみました。スーは全然気にせず普通のスーパーで売ってる、メジャーなブランド物をよく使うけど、最近はなんとなくアルミニウムフリーのものを見つけたら買っておいて、渡す。というのが恒例化していました。

なのでこれもそういうナチュラルなものなのかなーと思っていたら、届いてがっかり、アルミニウムがしっかり入っていたので、これもリピートはないですが、効き目はやっぱりすごいらしいです。(;´∀`)

そんなわけで、2回目はちょっとしくった感たっぷりでしたが、3回目の購入時のものはなかなかヒットでした。

5%OFFコードBGC8062(iHerbトップ画面へ飛びます)

2 件のコメント

  • デイルズフォードの水がミネラル補給に良いというのを知らなかったわ!今度から買う!(って、サプリじゃなくてそこかよって感じでゴメン笑)

    • >skkiiiiiちゃん
      勝手にミネラル補給って自分で思ってるだけ。w 遠いとこのミネラルよりええのかも、とも思う。
      EUの硬水の水とかもそういう感じよね、きっと。温泉源泉飲んでる的な。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。