2010年のママシタに影響されて家で作ったのがこんな料理でした。

Mamasitaに影響されて今、メキシカンブーム。
って一人盛り上がってるだけですけど。汗

前も作って結構おいしかったフードサファリのレシピを
参考にして、フィッシュタコを作りました。
レシピのカテゴリー(クイジーン)がUSAになってるのが、なんで?って
感じですが、まーおいしかったのでよしとしよう。

今回は二種類のサルサも作ってみました。
赤と緑。色合いがキレイー。
この日は熱かったので、トマトを食べたい。って
今年初に思ったりして、体も春夏に向けてシフトしっていってるようです。

緑のソースは色々言い方があるようで、
自分の中でsalsa verde(サルサ・ベルデ)と覚えていたんですが、
その言い方はどうやらイタリアの緑ソースのことなんですかね。

レシピを色々探ってみたら、イタリアのはパセリとか
ケーパーなんかも入ってあって、この日は(ケーパー、
パセリってなんかちゃうよね?)だったので、
ジェイミーUSA(の料理本)を見てみました。

トマティーヨと呼ばれるほうずきのような、未熟のトマトを使うのが
本場ですが、ないので近所の八百屋にSA州のグリーントマトが出ていたので、
それを使いました。ジェイミーレシピは材料を参考にってぐらい。

グリーントマト2つに対し、コリアンダー2株、ミントたっぷり1束、
紫玉葱1/4個、にんにく1かけ、グリーンチリ半分、塩、レモン汁少々(ライムが
なかった。涙)をFPにかけてがーっと。

Mamasitaのソースはオイルがたっぷりと入ってあったので、
それを真似て、EXオリーブオイルを入れておいしいソースができました。

うまかった!ヨーグルトソースはケチャップとヨーグルト、
カイエンペッパーを混ぜました。

ピリっと辛いサルサとフィッシュ、チーズとヨーグルトソース、
これらの全てが相まって、絶品でした。

絶対また夏の暑い日にこのソース、作ろうと思います。
この日、これと+手羽の塩焼きを作っておいたのですが、
それにかけてもばっちりだったので。魚、チキンとも
相性抜群のようです。

でもね、このサルサのすごいところは!!
この二つがちょろっとずつ余ったんですけど、
この二つを両方とも炒め物に入れても激うまでした!!!
まずくなる要素は入っていないので、メキシカンの次の日は
家の黄金比率の炒め物ソースのケチャップをサルサの残りで
代用です。パーフェクト!

だから、メキシカンの次の日は簡単に、
中華風野菜炒め物丼と汁物でいけますよ!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください