旧暦の新年あけましておめでとうございます!&再びロックダウン3回目のメルボルン

Photo by Mae Mu

旧暦新年あけましておめでとうございます!

メルボルンではこうしてイードやディワリなど
色んな国のお祝い事に便乗できるのがいいところ。^^

昨日は花火がばんばん上がってうるさくて
目が覚めてしまって今日は寝不足でした。

ルナニューイヤーと言われるように旧暦は
月の満ち欠けが重要になってきますが、
(ほとんどの宗教が月の満ち欠けを重要としているので、
カレンダーのグレゴリオ暦って意味ある?と思うよね。w)

今日は新月。

ここ数日だんだん下弦の三日月が
どんどん薄〜くなっていくのを見ながら通勤していたので
月の満ち欠けにときめきを感じていました。

そんな新年早々、空港でのCOVIDアウトブレイクがあって
今晩12時AMからまたまた3回目のロックダウンになりました。

でもとりあえず今回は5日だけ。

学校もお休み。
でも今回はオンライン授業とかもなく
5日間家で休んでね。的な。w 休み多くていいなー、
なんて小学生やったら思ってしまいそうですが
一週間がすぎるのがやたら早いので5日なんてあっという間やな、と思っています。

中華新年&バレンタインのイベント、全豪オープンも無観客で
開催されることになりかなりの経済ダメージがありそうで、
専門家もちょっと厳しすぎるのでは?とか、いやいや二週間後とかの
ことを考えると妥当だ、とか今回は賛否両論だ。と
ニュースで言っていました。

ふむ。

以下は在メルボルン日本国総領事館より来た外出制限措置についての
メールを転載しておきます。

またマスクが義務かされ自宅から5km圏外を超えると
罰金が生じてくるので気をつけてください。

【ポイント】
● 2月12日(金)23:59より、ビクトリア(VIC)州は5日間の外出制限措置を開始します。
●タスマニア(TAS)州政府は2月13日(土)0:01より、VIC州全域を高リスク地域に指定し、VIC州からの入州制限の強化を発表しました。

【本文】
1.2月12日、VIC州政府は、新たに5名の新規感染者が出たことを受け、同日23:59より、2月17日(水)23:59までの5日間にわたる外出制限措置を発表しました。主な制限内容は以下の通りです。なお、今後、制限措置の詳細につきましてはVIC州政府のウェブサイトにて更新される予定です。
(1)外出は居住地から5km圏内に制限され、以下の4つ理由以外での外出は認められません。
ア 食料品や物資の買い物 
一世帯当たり1人が1日1回のみ可能(介助者が必要な場合を除く)。なお、居住地から5Km圏内に店が無い場合は、最寄りの店まで移動可能。
イ 介護及び医療
ウ 必要不可欠な仕事または許可された通学
エ 運動:屋外での運動は1日2時間以内
(2)マスクの着用
外出時は、屋内及び屋外に関わらずマスク着用。
(3)自宅訪問と集会
ア 自宅訪問は禁止。但し、パートナーは許可
イ 屋外での集会は禁止
(4)学校及び仕事
ア 幼児教育:開校
イ 学校:閉校(必要不可欠な仕事を持つ親の子、ケアが必要な子を除く)
ウ 仕事:在宅勤務可能な場合は在宅勤務
(5)娯楽施設
ジム、プール、コミュニティセンター、図書館は閉鎖
(6)小売業及び飲食業
ア 必要不可欠でない小売店はすべて閉鎖
イ スーパーマーケット、ボトルショップ、薬局などの必要不可欠な店は営業継続
ウ カフェやレストランはテイクアウトのみ
(7)宿泊施設
既に宿泊中の利用客をサポートするために営業を継続可能。但し新規予約不可。
(8)冠婚葬祭
ア 葬儀は10名まで可能
イ 結婚式は延期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください