古代から人類が信じてきた占星術、科学だけでは計り知れないものや
見えないものはこの世にあると信じているので、占星術もよく見ていますが、
来年はまさに今までとは一風違った、時代が幕開けするようです。

宇宙では土星と木星が重なり合うグレイトコンジャンクションにより、【地の時代】が終わりを迎え、【風の時代】がやってきています。

グレイトコンジャンクションとは約20年毎に起こる土星と木星の会合で、
その会合が水瓶座の0度位置で起こることから風の時代をいうようです。

木星(拡大・開放する力を象徴。幸運の星として知られる)と土星(規律・制限をキーワードとし、責任や義務、試練を課す星として知られる)という対極的な惑星が20年に一度会合することを表しますCREAより

他にも土星が水瓶座に入ることによって、起こる影響などもあったりして、
詳しく知りたい方はKeikoさんのこの記事オススメです。

1802年から今まで200年以上もの間、ずっと「地の星座」でのグレートコンジャンクションが起こってきました。ですから「地の時代」と呼ばれているんです。

それが、今年12月22日の水瓶座GCを皮切りに、今後は「風の星座」でグレートコンジャンクションが約20年ごとに起こる時代に。いわゆる「風の時代」が到来したわけですね。ミモレより

今までは組織や大きな物がよいとされていたけど、もう少しマイクロな、
新しい方向制にこれからベクトルが向いていく時代のようです。
トップダウンの関係性などもフラット(対等)に変化していくようです。
上司とか部下とかの枠組みもなくなるかもね?

個人的なイメージでは地と聞くと、グラウンディングなどでイメージする、
どっしりとした目に見えていた確固たるものから、風、すなわち
目には見えない(けど感じられる)そよそよと小さな隙間をくぐってでも
吹き流れていくような、そんな自由な生き方。そういうイメージがあります。

実際に自分が興味のあるものはコミュニティだとか、助け合い、バータ(スキルや物々交換)などそういったものが多いので、わいの時代到来!!!と意気込んでいます。笑

性別、国籍、国境 → ボーダレスというカテゴリーがあるように、
世界中から来た同僚と一緒に働いていて思うんですが、英語がどれだけ喋れようと、結局のところは言葉なんてどうでもよくて、繋がれる部分というのは、
人間の本質にある相手を思いやる助けあい
だとか、そういう部分なんだとおもっていた12月でした。(風の時代云々を知る前)

もろてん。の由来

2018年7月20日

ほら、もろてん。のスピリットここにあり。でしょ?

ブログを初めた2005年からこう信じていたけど、
やっと時代が追いついてきたよ、本当!笑

実際、職場で英語で話しかけられて、わいがボディーランゲージ付きで
日本語で相手に話しても、相手は日本語を理解してくれるんです。
信頼関係さえあったら正直、言語の重要さなんてそんなもん。

今年は特に仕事中はずっとマスクをしていたので、身振り手振りを読みとる力がみんな発展したんでしょうか、同僚に日本語でうん。とかはい。あれとって。とかさっと言っても、普通に対処されて明確に100%外れたことがない!w

よう考えたらすげーな、みんな。
自分達も進化した、このCOVID時代に。

わいもでもなんとなくニュアンスでタミル語聞いてても、あーこんな事言ってんのかなーという感じが分かるようになってきて、今こう言ってる?て聞いたら当たることも増えてきた!笑

つまり言葉や出身なんて関係なく、どれだけその人と一緒に時間を過ごし、相手を思うか。ということで、全ては良し。なんだ、と思うようになったんですよね。

チームで働いているので、みんなが動きやすいように、その人が仕事をしやすいように、そしてお客さんの顧客満足があって、それでみんなの労働が最低限であって、それでいて効率化よくして最高のパフォーマンスを目指そう。ということを目標に動いていますが、みんなそう思って動いているのか、本当いいチームだと思います。

あと、性別とかも相手がそう言ってる/思ってるからそれでええやん。とか
性別とかもどうでもいいな、と思い始めている自分もいます。笑

なので、人間は人間。根本的には本当、どこをとっても一緒。
同じなんですよ。実際この次元に来るまで結構時間かかりましたけどね。
でも今の自分が行き着いたところはそこです。

まー仕事自体は肉体労働でたまにしんどい時もありますが、
こうして自分の中でいろんな発見があって、面白い仕事です。

って風の時代の話を始めたのに、職場を振り返るということで
2020年のブログが終わってしまいました。笑 

でもまじで、明日には明日の風が吹くように、人生一生勉強!の初心を忘れず、同じ次元にいる繋がれる人と繋がって行こうと思います。来年もどうかもろてん。をよろしくお願いいたします。

そんなわけで2020年はCOVIDのおかげで散々な幕開け&一年でしたが、
こうして気づいた事とかも色々あって、内面的に少しだけ自分を知れて、
レベルアップしたかもしれません。

2021年は風の時代!きっとどこにでも風が吹き流れるように、
きっといい1年になりますよ!みんなでそう信じて、
みんなでいい風に乗りましょう♡

よいお年をお迎えください。

2020年12月30日

♡ Ponzu / Aki

2 件のコメント

  • なんと!ほかの友人から風の時代という言葉だけ聞いていてあーなんかわかるな、今年は舞える準備ができてきたかもと漠然と思っていたらなんと、ここに説明までついているではないですか!ありがとう。。。鳥肌立ったわ。

    • >マメコさん
      あーそう!他の人も言ってた?^^そうらしいよ。
      特に水瓶座の人は大活躍みたい!^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。