セルフヘルプ&自分解放宣言?

仰々しいタイトルだが、今朝のボディバランスの最後の
メディテーション(瞑想)が終わって、
どんどん自分が解放されていくような気になって、
ワクワクしていた。

ルーも来年は5歳になり、プレップ(小学校内でやる年長)に上がるとあって、
来年はかなり自分の時間ができそうなんだな、という事で、
はてさて。と身の振り方を考えている。

赤子のときは、とにかく殺さないように・・・。という
プレッシャーの下、ひやっとする場面も多々あったりしたが、
とにかく今は、もうすぐ夜のおむつも取れようとしていて、
段々子供らしさが出てくるようになってきた。

それと同時に、今迄、デフォでルーと一緒の場面が多かった為、
一般のジム等の倍近い高い料金を払ってでも、一時預かりのクレーシュ(保育所)が
ある運動センターのクラスに在籍していたわけだが、
来年からは仕事の合間の日中には、自分の好きなヨガスタジオに行ったり、
別に高いお金を払ってまで、そこの運動センターに行く必要も
なくなるのか、と考えると、なんだか清々しい気分がしている。

いや、これも今日のボディバランスのクラスで、
キャメル(らくだ)のポーズのあるリリースで、
心♡が開いてそう思えたのか、
はたまた、春で薄い氷を破って出て来る芽吹く植物のように、
自分もそう思うようになってきたのかは、分からない。

子育てをしていると、自分は【お母さん】という役割が
第一前提にくるので、どうしても自分の欲求を殺しがちで、

とりあえず子の優先順位が第一位にきて、自分の環境や境遇が許す範囲内で、動こうとする。
それが今、自分のできるベスト!と満足させようとしているところもあるんだと思う。

そうじゃないと回らないから、そういうことなんだけどね、
子育てをするってことは。

柱に繋がれた象の話知ってる?

小象の時から柱に鎖で繋がれた象がいて、その環境が物心ついたときから
自分の中の当たり前の世界になっているから、大人の象になって、柱と
鎖はもうないけど、そこから逃げようとしない象のこと。

例えれば、なんとなくそれに今迄近かったような、
そんな気もしている。

なので、年々その鎖の輪が一枚ずつなくなってきて、
軽いなーと感じるというか、段々一緒に楽しめる事も増えてきて、
逆に今度は意思疎通ができるようになったこの年で、
メンタル部分でチャレンジ!されることも増えてきて、
はてさて、どうやって接しようか、と別の悩みも出てくるので、
また別の悩みで難しいのかもしれないけど、
とにかく自分解放宣言は今日発令されたようだ。笑

あ、40歳になったから、っつーのもあんのかね?!?!笑

今長いトンネルだ、、、出口はあるのか・・・。と
思って子育てを頑張っている人も、何か悩みがある人も、
いつか必ずその積み重ねは終わる時が来る。

あるいは、終わりは来ないかもしれないけど、
時間はかかってもいつか自分の中で一体化して、
そっくりそのままの自分を受け入れられる時があると信じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください