メルボルンミュージアム・シニアは無料!&クラフトビクトリアが移動してた件

両親滞在の夏休みは延長保育で平日一日だけ、
ルーを保育所に入れられたので、久々に親子3人でcityに出掛けました。

おとんのリクエストで移民博物館に行くことに。

動物園の年間メンバーシップも2年ほど続け、
さすがにちょっと飽きてきたし、色々学べる年頃になってきたので、
去年からメルボルンミュージアムの年間ファミリーメンバーになっています。

  1. メルボルンミュージアム
  2. メルボルン移民博物館
  3. サイエンスワークス

この3つは家族で行き放題なので、消化できてよいよい!!^^

入口でシニア証明としてパスポートを見せるとコンセッションで
入れるので、おとん&おかんは無料でした。

って、まー無料といっても、自分達の払っている税金の一部で
賄われているので、こういうところで無料になるのは、嬉しい限り。
教育の為に使われるお金は大賛成!

前回十年前とかに行って以来、(;・∀・) わいも二回目でしたが、
前回に来た時より、音声ガイド、しかも日本語が選べるようになっていて、
両親共々めっちゃよかった。

全部が全部、音声ガイドがあるわけでもないですけど、
各階ごとの大まかな説明が聞けたので、良かったです。

ないよりは、絶対いいので、ちょっとじっくり移民博物館見たい人は
借りることをオススメします!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

で、他の違う一日はメルボルン博物館へ。
こちらもシニア(コンセッション)は無料!

お金を使わないで遊ぶのが大好きなおとんには特にもってこいの場所です。

これはまた違う日でしたが、今迄オーストラリアンネイティブの
植物がたくさん植わっている裏側付近はほとんど探索したことがなかったのですが、
ひょんなことからそこを見ることになった時がありました。

そして(記憶では)2時過ぎ頃には池に気持ち悪いほど一杯いる、
うなぎの餌やりみたい時間があって、アボリジニーの人達の暮らし等についても
ガイドが聞けてなかなか良かったです。

こんな感じでここはどこだ。と思わせられる植物達。
ここのユーカリの香りを嗅ぐと、あーキャンプ行きたいなーーーーーと
思わずにはいられませんでした。

そして、お昼ごはんは新橋で。

オーストラリア産のそば粉を使って打たれたお蕎麦屋さん。
おとん&おかん共にそば好きなので行きました。
最後は蕎麦湯ももらえるので一応メルボルンでも本格派ですかね。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

「高いなーー。物価がほんまに。」と天ざるの値段に驚いてましたが、
「まー日本でドミノピザ食べる感じの希少価値だと思ってください。」的に
諭しました。笑

外食はでもメルボルン本当高いよね。作ると本当安いこの国で、
外食文化の方が多いタイ、シンガーポール、台湾出身の人達なんて
どうしてるんでしょうね・・・。

パーラメント駅付近の位置にいたので、
前回おかんが来た時にクラフトビクトリアで買って帰ったブローチが好評で、
またああいうのないかなーというので、見に行ったら、
あれ、、、あったところにない!!!!!

と調べてみたら、なんともっと中心付近に移動してました!

ウェスティンホテルの裏側辺りの路地、
スーパーノーマルの近くにひっそりとありました!

で、中に入ったら、えっらい様変わりしました・・・。
ディレクターがまた変わったのかな・・・。
置いてあるものが、高い地位にあるクラフトに。笑

・・・なんていうか、手作り感のあるものは一切なく、
アート/デザインで愛でられるようなクラフトのみの販売でした。

チ~ン・・・。

 

ここ数年のクラフトブームでアーティスト物の
かわいいお土産とか買える感じが良かったんですが、
利益がそんなに出なかったのかな。
また路線変更したみたいですね。

前の場所は木の床があって、れんが作りの場所が凄くよかったのに、
新しい場所は鏡張りとかになって、一気に冷たい感じの場所になりました。
残念だ。。。

でも、打って変わって・・・の一面を表現できないと、
お客さんにもすぐ飽きられるのかな、今の時代。
路面店を持つこと自体が難しいみたいですし、
ベニューも変わって心機一転!という感じなんでしょうか。

中心地に近いのでアクセスもしやすくなったと思うので、
クラフトやアート好きな方は一度覗いてみてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.