2019年最後のフッツクレイファインズマーケットに行ってきました。

フッツクレイイベントが目白押し!

2017年6月28日

2017年に始まったこのイベント。

元々駐車場を利用して開催されていましたが、
やはりメルボルンの【1日の間にも四季がある】という
メルボルン特有の天候には勝てなかったのでしょうか、
今年から新しい屋根付きのベニューになりました。

新しくなってからは行けてなかったんだけど、
やっと行けました!

2009年に開かれていた、This is not a Designers Market
(デザイナーズマーケットではありません)的なマーケットを
思い出すような感じで、個人的には少しエッジーなマーケットの方が好きです。

ぶらーっと見回っていたら、Beezwhisperさん(インスタに飛びます)が
いらっしゃいました。(以下Beezさん)

エコラップを取り扱うお店です。

エコラップは職場でも取り扱ってるオージーブランド等、
他にも2種類ほど違うメーカーの物を使いましたが、
Beezさんのものが一番しっとり度も高く、
ぴっちりと器につく機能性が長く続くところがとても気に入っていて、
それに加えて柄も好み!
なので、是非ともこの感謝と
感想を伝えねば!ということで、ご挨拶をしにいきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

といっても、小心者なので、一度すーっと通って確認だけして、
全部見終わった後によしっ!と気合いを入れてブースに参りました。笑

ご挨拶したら、なんと職場のお客さんでもあって、(ありがとうございまーす!)
(ステキな日本人の名前だーと思いながら事務処理してたやつ。笑)
共通の友人も何人かいて、あーやはり・・・メルボルン。でした。

友人が以前選んでくれてた柄は、柚子と同じく、
黒猫柄だったのですが、今年はなんと、サボテン柄の布があったので、
スーママにいいやん!(スーママサボテン好き)と、
サボテンのLサイズの物を即座に買いました。

Beezさんも「この柄人気です!^^」とのことで、
昨今のインドアプラントや、サボテンブームで女子に
人気なんでしょうかね。

自分もでも欲しかったので、笑 S、M、Lが一つになった
ものを買いました。この赤い柄も可愛いよね。


価格体はこんな感じ。
DYIキットも売られています。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

この日はBeezさんのブースの前も蜜蝋ラップのお店だったので、
運営側もうちょっと考えたれよ。と思いましたが、
Beezさんは「いや、こういう意識啓発に
つながればいいと思うので。」とステキな発言。

見習います!


あら可愛い♡パンもこうしてぴっちりと巻いて
おいておけば、しっとり感も損なわずに長持ちするようです。

ハーブもこれに巻いて置いておけばいいんだろうなー。

クリスマスは包装紙やら梱包やら何やらで、
ゴミがすごく出るし、ちょっとしたプレゼントでも、
これに包んであげる、とかも後で使えていいと思うので、
エコ関連を気をつけている友達にはいいギフトじゃないかなーと
思います!

Etsy(エッツィー)というオンラインショップでも
販売されているので、エコラップに興味がある方は
利用されてみてはいかがでしょうか。^^

実際にわいが使ってみて、密着度が好きだったので、
おすすめです!

があります。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

これからのビジネスの成功の鍵はオーナーの人間性だと思う

日曜の朝はルーがスーママのところに泊まっていたので、
朝はゆっくりと目覚めて、中国のネットショップ、
アリババを築いたジャック・マーと、ソフバンの孫さんの
対談が文字化されていたので、読みました。

note -【孫正義×ジャックマー特別対談】全文訳してみた@Tokyo Forum 2019

このお二方が長い間の友達だとは知らなかったのですが、
これからどんどんAI化されていったり、
テクノロジーの進歩もありますが、
とどのつまり、

【人こそが何よりも重要な要素】ということも仰っていて、
まさにそうだなーと思いました。いかに情熱を持って、
自分のやっていることをやっているか、やっぱりそれを見たら、
人はついてくるものだし、応援したくもなります。

その中に垣間見える、人間らしさ、優しさ、
人を思いやるその気持ち、本当にそういう人が
ものを売って残っていく時代なんだなーと。

ここ最近、人を蹴落としたり、できる事以上のことを鼓舞して、
人をうまく使って出世したりする人や、自分だけが大事な人、
よい人とは一体何なのか?でもそういう人達こそが残ってしまう、
この弱肉強食の世界は一体なんなのか????

と数人の友人との会話を通して、考える事が多々ありました。

Beezさんの「エコラップをみんなにもっと知ってもらいたいし、
拡めたいから、同業者と隣のブースでも構わない。」
言わはったところが、ほんまに格好よくて、
そういう情熱はやっぱり応援したいなーと思いました。

相手を思って、何か自分の情熱で世界をよくしたいと考える、
大事な事かなーと思いました。

そう、結局は自分だけのエゴで動いていると、
いつか終焉が来るのかもしれません。
今の環境問題と全く一緒で、不思議だなーと考えていました。

 

個人的にほしいやつ

話がめっちゃずれてしまいましたが、

後、作り手の方には多分おもんないんやろうなーーーーーーとか思いつつ、
私、シンプルな普っ通〜〜〜〜のキャリコの無地のやつを
ずっと探してるんですよね。

冷蔵庫の中がガチャガチャと目にうるさくなるのが嫌で、
できるだけ極力パッケージとか柄とかをなくしたいタイプ。笑

友達数人にも「色ないとかおもんなー!」とか
よく言われますが、逆にそういう人も数人知ってるので、
わいだけじゃないよなーなんて思ったりしてしまいます。(;´∀`)

クリスマスプレゼントアイデア☆エシカルでウィンウィン! プラスチックフリーの暮らし

2017年12月12日

以前に書いた

のオーダーでも、灰色を頼んだぐらいなので、
その辺の色の趣味がバレますよね。

でもオタク気質満開でもっと細かく自分の好みを言えば、
全部白だとちょっとおもんないので、一つ柄物でちょっとウハ♡度を上げて、
後は白でトーンダウン的な冷蔵庫が理想です。笑 細かっ!!!!!

いや、だってほら、毎日料理する=冷蔵庫絶対開けるもんだし
ちょっとぐらい、自分の好みの冷蔵庫に仕上げたって
バチは当たりません!笑

需要ありそう?w

キャリコの蜜蝋ラップ求む!
と軽くリクエストしてみます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。