余剰食料を考えてみた ケールのサラダ

きゃー。TypoでWastingの綴が間違っていますー。恥ずかしい。

と、そんなだっさい出だしになってしまいましたが、最近のバズワード、

FOOD SURPLUS。余剰食料のことです。オーストラリアでは

年間になんと950万トンが無駄になっています。

 

今現在、ビクトリア産の農作物を集めたオーガニック野菜&果物を

配達するCERES FAIR FOODで仕事をしています。

 

お客さんからオーダーされた分だけを買い付けるというシステムを取っているので、

余剰で無駄になるものは少なく、ビジネスのやり方にもとても共感ができるので、

この仕事が好きなのですが、いくらこういう事に気をつけていても、

それでも傷んでしまっていたり、腐っていたりする野菜や果物が

毎回ダンボールに5箱分ぐらいは一杯になります。

 

この日は折しもABCの#waronwasteを見た次の日で、

一体どれぐらい無駄になる物が出るのかな、と興味本位で

気にかけて仕事することにしてみました。

 

300箱ほどの箱詰めの日、メインの野菜ボックスは

ケールが入る日でした。で、自分でも気をつけながら、

葉が折れないように、と気をつけて箱詰め作業をしていたのですが、

箱の底に折れたものとかも既に入っていたりして、立派な葉っぱばかり。

で、集まったのがこれ。

ケールがボール一杯になり、多分売ってる一束分ぐらいは余裕でありますね。

 

折れたり、傷んでしまった野菜等は売れないのでSTAFF用になるのですが、

こういう葉物の(まだ食べられるやん!!)って取って置いておいても、

誰も持って帰る人がいないので、毎回葉物の日は自分用に詰めることにしました。笑

 

まだ食べられるし勿体無い!!どうしても食べられなさそうなものは、

もう一人のSTAFFの鶏の餌に回しています。オーガニックだし!勿体無い!

 

水を張ったボールにケールを着けておくとまたピンとしてきて、

ビニールに入れて保存すれば結構長持ちするので、冬の貴重な緑黄色野菜です。

 

この間はシドニーで行ってみたいスーパーとしてOZharvestを紹介しましたが、

こういう無駄になる食材を少し安く買いたい!という方にはオススメの

Yumeという夢のような(寒っ!(;・∀・))サイトがありますよ。

 

わいはまだ試してみたことがないのですが、Uber Eatsとか、

deliveroo等でご飯を買う人にはさくっと、

すいすいポチッとなーでお安く買える仕組みなんですかね。

 

わいのように、品物を一度見てから買いたい派で

ウェブショップもあまり利用しない人には、

向いてないのかもしれませんが、(;´∀`)

コンセプト的にはすごい好きです!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください