何やらおしゃれなパッケージで登場した新しい部位のお肉、フランク。

自分の解釈ではフランクはささ肉/外バラ/かいのみと呼ばれる
腹の部位であっさりとしていて焼き肉などで人気の部位。
実はハラミだと思っていたんですが、違うようですね。

ハラミはスカートだ、フランクだといいますが、一体日本の
ハラミのような肉はどの部位なんでしょうか。

オーストラリアの噂ではハラミ=横隔膜は内臓類に分類されるので、食肉として
売ることはできず、ペットフードになる、と聞いたことがあります。
が、ハラミが焼き肉の肉で一番好きなので、もし本当ならとても残念・・・。


フランクは一応一頭の牛につき1kg程度しか取れない部位らしいので、
希少部位とされているようです。

今まで、スーパーで売ってる肉の部位はかなり限られていましたが、
最近はこのフランク、ブリスケット(煮込みに向く)等が出てきました。

他にも王道のステーキ用のポーターハウス、スコッチフィレット等も
ありますが、1kg35ドルとか値段が値段だし、もうちょっと
手頃な肉はないのか・・・と思っていたので、一キロ18ドル程度の肉だと
お得感が一気に出てきます。

この時も9ドルぐらいの大きさで大人二人、
子供一人の晩ご飯は余裕でした!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

photo: Weber 肉の部位について より

BBQに向いている、ということでローストビーフ風にしてみました。

にんにく、玉ねぎ、トマト、醤油、砂糖、塩をFPでガーッとしたものに
マリネすること30分。それを焼きました。

表面をこんがり焼いて、お皿の上で休ませておくだけの
なんちゃってローストビーフ。

↑のサイトで長い繊維があるので噛み切りにくいので、、、
とネットに書いてありましたが、そぎ切りにして薄目にスライスしたら
結構ぺろっと食べられて、あっという間になくなりました。笑

最近は日本のような霜降りより、赤身の多い肉の方が好きになった傾向もあり、
(いや、慣れたというべきなのか・・・悲しいかな)
パサパサした感じもなかったので、フランクはあり!という結果になりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。